MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おと週的料理系YouTubeの世界「谷やん/谷崎鷹人」

おと週的料理系YouTubeの世界「谷やん/谷崎鷹人」

ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えてくれるYouTubeの魅力を紹介する「おと週的料理系YouTubeの世界」。初回は大物YouTuber「谷やん/谷崎鷹人」にフォーカス。大量の料理を作って食べる姿に、菜々山が感動。なぜ!? その魅力を書き尽くします。

perm_media 《画像ギャラリー》おと週的料理系YouTubeの世界「谷やん/谷崎鷹人」の画像をチェック! navigate_next

本誌ヘビー読者(紙のほう)にとってはおなじみの、そうでない方々にとっては初めましてのライター菜々山いく子です。こんにちは。

さて、突然ですが勝手にweb連載を始めたいと思います。

テーマはYouTube。というのも、数年前からYouTubeにドハマりしている。独身&一人暮らしという境遇ゆえ、「いい加減にしなさい!」と怒り出す親もいなければ、「夕飯まだ?」なんて言ってくる旦那や子供もいない。

仕事の無い日には目覚めた瞬間から10時間ノンストップで視聴なんてこともザラ。くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えてくれるYouTubeの魅力を紹介して行こうと思っています。

一度夜を共にした!? 男性YouTuber

さて、このコラムで触れていくのが、スバリ「料理系」。大食いからのレシピ、激辛、ASMR、海外の屋台飯、その他モロモロと実に幅広い。

その第1回目となる本記事で紹介したいのが、谷崎 鷹人さん、通称・谷やん。一時期、大食い番組にも出演していたフードファイターでもある。YouTuberとしてはわりと後発ながら、あれよあれよと言う間にチャンネル登録者数を伸ばし、今では押しも押されぬ大物のひとりとなった。

実はワタクシ、谷やんにお会いしたことがあるばかりでなく、夜景のステキなレストランでひと時を過ごしたことがある。谷やん、あの日のこと覚えている? 私はずっと忘れないよ!!

会場で「カッコよく写っていればアップしてOK」とのアナウンスがあったので、その日撮影した写真、約100枚の中から厳選しました

ファンミーティングイベントに応募したら奇跡の当選を果たしたのだ! 確か、会費はビュッフェ料理と飲み放題、そしてなんと!谷やんの手料理付きで11000円だったと記憶している。

もちろん、会場で販売していたオリジナルTシャツも、もれなく購入し、部屋着として愛用している。

“料理”というより“仕込み”調理工程に感動

これまでの人生、芸能人ってものにとんと興味のないタチで、最後に行ったライブは20年近く前のサザンオールスターズの東京ドーム公演(それもチケットもらったから)という私が、どれだけ谷やん推しかおわかりいただけるでしょうか。

谷やんのチャンネルでは、バグっているとしか思えない量の料理を作り、それを自分で完食するという動画が多くをしめている。その料理がすごいのなんの‼︎

デミグラスソース作りに5日間かけたり、100時間煮込んだビーフカレーがあったりと、かなりの手間暇をかけたものから、キロ単位で仕入れたウニやイクラ、そして黒毛和牛を使った、一般人では決して真似のできない料理を作り出す(※手軽に作れる家庭料理の動画もあります)。

見どころは動画の大半をしめる調理工程。その量の多さと丁寧な仕事ぶりは、もはや“料理”というより“仕込み”。作り方がまさにプロ。どうやら元板前さんらしい。

出来上がりの盛り付けの洗練された美しさから、気軽な居酒屋ってよりは、そこそこ高級な和食店で働いていたんじゃないかと、勝手に推察している。

さらに本人が言うに、“お金がなかった時代があるから”、だそうだけど、野菜の皮は浅漬けに、魚の内臓は湯引きポン酢にと、その他モロモロの手法で、普通ならば捨ててしまう部分も、メインに添える小鉢としてアレンジしている。

さりげなく命の大切さってものを伝えてくれているのだ。

実食前の「いただきます」でわりと長めに手を合わせる姿は、食材に対する感謝の気持ちのあらわれなんだろうな。全国のお父さん、お母さんに言いたい。食育にもぴったりですよ、と。

一般的なYouTube動画は10分前後なのに対し、谷やんの動画は30分前後とかなり長い。それでも見飽きないばかりか、何度もくり返し視聴してしまう魅力がそこかしこに詰まっている。大人がじっくり腰を据えて楽しめるチャンネルなのだ。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
菜々山いく子

「おとなの週末」ライター歴15年。毎月の覆面調査により、これまで食べ歩いた飲食店は都内を中心に3000軒くらい。趣味は海釣りとYouTubeの視聴という陽キャと陰キャを行ったり来たりの生活を送っています。好きな食べ物はTKGと旬の時期限定の生イクラの醤油漬け。

関連するキーワード
関連記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「Genと文庫食堂」。昭和生まれの人、昭和なものが「エモい」と思っている人、どちらも楽しめる動画です。
シュールで過激なのに、眺めていると童心に帰るような懐かしさと親近感があります。「粘土道(ねんどみち)20周年記念 片桐仁創作大百科展」(2021年11月20日~12月19日)は、そんなユニークな中にも観る者の心を和ませる不思議な魅力にあふれた美術展です。お笑い芸人・俳優でありながら、芸術家としての顔も持つ片桐仁さんの集大成。東京都内の会場を訪れると、22年に及ぶ創作の歴史が詰まった圧倒的な光景が広がっていました。
ワインを飲むと具合が悪くなる人がいる。二日酔いの話をしているのでない。「ワイン不耐症」と呼ばれる体質のことだ。その症状は、頭痛、吐き気、発疹、顔面紅潮など。中には赤ワインを飲んだ時に限ってこのような症状が出るという人もいる。人口の7〜8%の人(未成年者を含む)がこの不耐症だと言うのだから、ものすごい数だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から登場するのは、細野晴臣です。1969年に「エイプリル・フール」でデビューしてから半世紀以上、「はっぴいえんど」や「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」などで活躍し、日本のミュージックシーンに大きな足跡を残してきた音楽家が、まだそれほど世間に知られていなかった時代のインタビューで語った印象的な話とは―――。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル