SNSで最新情報をチェック

ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えてくれるYouTubeの魅力を紹介する「おと週的料理系YouTubeの世界」。初回は大物YouTuber「谷やん/谷崎鷹人」にフォーカス。大量の料理を作って食べる姿に、菜々山が感動。なぜ!? その魅力を書き尽くします。

画像ギャラリー

本誌ヘビー読者(紙のほう)にとってはおなじみの、そうでない方々にとっては初めましてのライター菜々山いく子です。こんにちは。

さて、突然ですが勝手にweb連載を始めたいと思います。

テーマはYouTube。というのも、数年前からYouTubeにドハマりしている。独身&一人暮らしという境遇ゆえ、「いい加減にしなさい!」と怒り出す親もいなければ、「夕飯まだ?」なんて言ってくる旦那や子供もいない。

仕事の無い日には目覚めた瞬間から10時間ノンストップで視聴なんてこともザラ。くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えてくれるYouTubeの魅力を紹介して行こうと思っています。

一度夜を共にした!? 男性YouTuber

さて、このコラムで触れていくのが、スバリ「料理系」。大食いからのレシピ、激辛、ASMR、海外の屋台飯、その他モロモロと実に幅広い。

その第1回目となる本記事で紹介したいのが、谷崎 鷹人さん、通称・谷やん。一時期、大食い番組にも出演していたフードファイターでもある。YouTuberとしてはわりと後発ながら、あれよあれよと言う間にチャンネル登録者数を伸ばし、今では押しも押されぬ大物のひとりとなった。

谷やんの動画

実はワタクシ、谷やんにお会いしたことがあるばかりでなく、夜景のステキなレストランでひと時を過ごしたことがある。谷やん、あの日のこと覚えている? 私はずっと忘れないよ!!

ファンミーティングイベントに応募したら奇跡の当選を果たしたのだ! 確か、会費はビュッフェ料理と飲み放題、そしてなんと!谷やんの手料理付きで11000円だったと記憶している。

もちろん、会場で販売していたオリジナルTシャツも、もれなく購入し、部屋着として愛用している。

“料理”というより“仕込み”調理工程に感動

これまでの人生、芸能人ってものにとんと興味のないタチで、最後に行ったライブは20年近く前のサザンオールスターズの東京ドーム公演(それもチケットもらったから)という私が、どれだけ谷やん推しかおわかりいただけるでしょうか。

谷やんのチャンネルでは、バグっているとしか思えない量の料理を作り、それを自分で完食するという動画が多くをしめている。その料理がすごいのなんの‼︎

この量を見よ!

デミグラスソース作りに5日間かけたり、100時間煮込んだビーフカレーがあったりと、かなりの手間暇をかけたものから、キロ単位で仕入れたウニやイクラ、そして黒毛和牛を使った、一般人では決して真似のできない料理を作り出す(※手軽に作れる家庭料理の動画もあります)。

こんなたくさんのウニ、見たことない!

見どころは動画の大半をしめる調理工程。その量の多さと丁寧な仕事ぶりは、もはや“料理”というより“仕込み”。作り方がまさにプロ。どうやら元板前さんらしい。

出来上がりの盛り付けの洗練された美しさから、気軽な居酒屋ってよりは、そこそこ高級な和食店で働いていたんじゃないかと、勝手に推察している。

数もさることながら、その量を仕込む腕にも注目

さらに本人が言うに、“お金がなかった時代があるから”、だそうだけど、野菜の皮は浅漬けに、魚の内臓は湯引きポン酢にと、その他モロモロの手法で、普通ならば捨ててしまう部分も、メインに添える小鉢としてアレンジしている。

さりげなく命の大切さってものを伝えてくれているのだ。

実食前の「いただきます」でわりと長めに手を合わせる姿は、食材に対する感謝の気持ちのあらわれなんだろうな。全国のお父さん、お母さんに言いたい。食育にもぴったりですよ、と。

一般的なYouTube動画は10分前後なのに対し、谷やんの動画は30分前後とかなり長い。それでも見飽きないばかりか、何度もくり返し視聴してしまう魅力がそこかしこに詰まっている。大人がじっくり腰を据えて楽しめるチャンネルなのだ。

文/菜々山いく子

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...