MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
築地 挙母鮨(寿司/築地)旨い鮨を気軽に楽しめるお店☆明朗会計なのも嬉しい♪

築地 挙母鮨(寿司/築地)旨い鮨を気軽に楽しめるお店☆明朗会計なのも嬉しい♪

「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。

perm_media 《画像ギャラリー》築地 挙母鮨(寿司/築地)旨い鮨を気軽に楽しめるお店☆明朗会計なのも嬉しい♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

築地 挙母鮨(最寄駅:築地駅)

たらふく食べるもよし、ちょいと一貫も楽しい築地、江戸っ子の流儀

2018年、市場移転後もにぎわう築地場外に登場した新顔だ。明朗会計のおきまりセットが中心だが、「あちこち食べ歩けるのが築地の醍醐味。屋台さながら、お好み握りを数貫だけ、でも気軽にどうぞ」と江戸っ子スタイル。握りの実力も、江戸前の主役格、小肌を頬張れば一目瞭然。白身の昆布〆も本マグロも、いい魚使って、いい仕事してますねー。「今はさすがに暖簾で手を拭く人はいません(笑)」とのことだが、この店の暖簾も、きっといい感じにくたびれていきそうだ。

特上握り
4200円

大トロ、中トロ、北海道産ウニ、赤貝など贅沢ネタが一堂に。ヤリイカは細かく包丁を入れ、握る前に炙る

本マグロづくし丼
2800円

この日は三重県産の本マグロ。脂も旨みも程よい

小肌
350円

端正な姿に見惚れる小肌の〆。江戸前の看板ネタと称されるのにも納得だ。塩と酢の配合や寝かせる時間は、魚の大きさ、身の締まり方によって加減し、水分の抜け具合にはとくに気を配るそう。生の魚では得られない、熟成された旨みと食感、清々しさが口中に広がる

お店からの一言

店長 星野秀幸さん

「築地場外は市場移転後も年々パワーアップしています!」

築地 挙母鮨の店舗情報

[住所]東京都中央区築地4-11-3 [TEL]03-6264-2626 [営業時間]8時~15時、17時~21時 ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターのみ、全9席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線築地駅1番出口から徒歩5分


電話番号 03-6264-2626

撮影/鵜澤昭彦 取材/林 匠子

2020年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
太巻き、細巻き、軍艦。まさに寿司の名脇役といえる海苔だが、大森が“海苔養殖の発祥地”だったことは意外に知られていない。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル