MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Qkurt(イタリアン/飯田橋)和の食材をプラスした絶品料理をご堪能下さい!

Qkurt(イタリアン/飯田橋)和の食材をプラスした絶品料理をご堪能下さい!

カウンターでコース料理を楽しむ。それは妙にかしこまらず、でもくだけ過ぎないちょっと贅沢な時間。

perm_media 《画像ギャラリー》Qkurt(イタリアン/飯田橋)和の食材をプラスした絶品料理をご堪能下さい!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

Qkurt(最寄駅:飯田橋駅)

広いカウンター空間で想いが詰まったコースをゆっくり味わう幸せ

何かと慌ただしい世の中だからこそ、できれば心に余裕を持ってそんなひと時を過ごしたいもの。「仕事や日常を離れ、食事が特別な時間だと改めて感じる場になれば」。カウンターを流行りの対面キッチンにしなかったのもそれ故。心地よい椅子に座っただけで店主の角田さん夫妻の想いが伝わってくる。後はその想いが詰まった料理をゆっくり味わうのが正解だ。
 とここで朗報。何と角田さん、『おとなの週末』のために期間限定コースを考えてくださった。まあまずはその充実度を見てほしい。通常コースと同様、心掛けるのは食材の質、組み合わせの面白さ、繋がりやストーリー性のある構成という。藁で焼く香りがカツオの定番なら辛いサラミ「ンドゥイヤ」をソースに加えてまた違う味と香りのアプローチを。生ハムを供した後は、同じ端材でダシを取ったスープを。どの皿にもなるべく同じ生産者の野菜を、という風に。「和の素材を使っても着地点はイタリアンでありたい」。志は真っすぐに。その先も楽しみな店だ。

おとなの週末限定コース スパゲッティ ポモドーロ
4500円(前菜5皿+パスタ。内容は仕入れで変わる) ※限定コースの提供は5月15日~1ヶ月程度

トマトソースのシンプルな酸味が爽やかな味わいのスパゲッティ。なんとお腹と相談の上、好みの量で対応してくれる(感涙)!

ブラータチーズとブラッドオレンジ、プロシュート

最初の前菜はウンブリア産の切りたてのプロシュート。ブラータチーズには愛媛のブラッドオレンジと砕いたピスタチオを添えてシチリア風に。フレッシュなフルーツとナッツの食感のアクセントも楽しい

勝浦 初鰹 ンドゥイヤのトマトソース

千葉県勝浦産の初ガツオを香ばしく焼き、辛いサラミ「ンドゥイヤ」を加えたスパイシーなトマトソースで味わう。上には塩漬けのケッパーと和えたルッコラをトッピング。野菜は群馬の若き生産者が取り組むオーガニックのものを主に使用している

北海道江別豚のアグロドルチェ

北海道・江別産の豚肩ロース肉をオーブンで蒸し焼き風に仕上げた料理。玉ネギとレーズン、ビネガーなどが入った甘酸っぱいソースがよく合う。それぞれ料理に合わせた器も昨年12月の開業前に夫妻ふたりで選んだ

白いんげん豆と帆立のスープ

プロシュートの端部分で取ったダシに白インゲン豆のピューレを加えたコクのあるスープ。プリッとしたホタテも入る。クリーミーでまろやかな旨み

ナチュラルワインはイタリア産中心。カウンター前にあるセラーがリスト替わりで、品揃えは約200種。グラスワインも常時10種以上と豊富に用意し、料理に合わせて提案も。ちなみに妻の菜美子さんはパティシエで、通常コースではデザート担当

お店からの一言

店主 角田直也さん、菜美子さん夫妻

「目に見えない食材の繋がりやストーリーも食べて感じてもらえたらうれしいです」

Qkurtの店舗情報

[住所]東京都新宿区下宮比町3-12 [TEL]03-6877-3942 [営業時間]18時~23時(22時半LO、20時まではおまかせコースのみ、20時~はアラカルトも可) [休日]日 [席]カウンターのみ、全12席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄南北線ほか飯田橋駅C1出口から徒歩3分


電話番号 03-6877-3942

撮影/西﨑進也 取材/肥田木奈々

2020年6月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
わりと雑然とした早稲田通りの一角で、そこだけ欧風のモダンなエントランス。中に入るとナチュラルな木調と白を基調に大きな窓やすっきりしたレイアウト。
見た目も味も華やかな料理に心まで明るくなりそうだ。日本の旬の味をイタリアンに落とし込み、確かな腕で楽しませてくれる。
駅からはちょっと距離のある、小石川の閑静な住宅街で10年目。そんな場所を選んだのも、「普段遣いで、ワインを飲みながらゆっくり料理を楽しんでもらいたいから」と中島夫妻。
シェフ・ジョバンニさんが、郷里・フィレンツェで食べ親しんだ味を提供する。ほうれん草を練り込んだ生地を使い、フワッと仕上げたラザニア。
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル