MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ピッツェリア イル スオーノ スコッレ 22(パスタ・ピザ/等々力)釜焼きピッツァが絶品!

ピッツェリア イル スオーノ スコッレ 22(パスタ・ピザ/等々力)釜焼きピッツァが絶品!

ひと言で言えば、ここはピッツァや一品料理、ワインなどを同列にきちんと味わえる店だ。使い勝手も柔軟で、ピッツァを軽くつまむだけでも、前菜からメインまでしっかり食べたい時も、ワイン1杯からでも歓迎してくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》ピッツェリア イル スオーノ スコッレ 22(パスタ・ピザ/等々力)釜焼きピッツァが絶品!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

ピッツェリア イル スオーノ スコッレ 22(最寄駅:等々力駅)

じっくり寝かせた生地で耳まで美味しく食べられる

店主の山田さんはソムリエの資格を持つ料理人で、主役のピッツァは麻布十番の名店『ストラーダ』仕込み。ピッツァの生地は低温でじっくり48時間寝かせ、「サクッ、モチッ、フワッ」という山田さんが目指す理想の食感を追求している。カウンターにはソウルやジャズの心地いい音が響き、大人がゆっくりワインと食事を楽しむにはぴったりの一軒だ。

マルゲリータ
1540円

シンプルなマルゲリータ。耳を波立たせるように持ち上げているのでカリっと焼き上がる

サルシッチャ
2420円

自家製サルシッチャ、揚げナス、青唐辛子、赤玉ネギ、モッツァレラチーズベースのピッツァ

トスカーナ産キアニーナ牛の薪窯焼き(100g)
3300円

ジューシーな赤身は、イタリアの希少なブランド牛、キアニーナ牛。雪下人参とそら豆のピューレ添え。料理には旬の野菜もたっぷり使われている

ソムリエの資格を持つ山田さんがワインも厳選している

お店からの一言

店主 山田拓史さん

「旬の食材をたっぷり使ったピッツァと料理を楽しんでください」

ピッツェリア イル スオーノ スコッレ 22の店舗情報

[住所]東京都世田谷区等々力8-5-7 クラステージ等々力1階 [TEL]03-5760-6922 [営業時間]17時~23時 ※ランチは貸し切りのみ営業 ※ランチタイム有 [休日]日(祝日の場合は営業し翌月休)、不定休 [席] カウンターあり、全17席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代550円別 [交通アクセス]東急大井町線等々力駅から徒歩6分


電話番号 03-5760-6922

撮影/西﨑進也 取材/岡本ジュン

2020年6月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。
もちもちの生パスタが売りで、おひとり様のチョイ飲みにも便利なカジュアルレストラン。自粛営業中に始めたテイクアウトは、遊び心あるブリトーや手の平ほどある大きな秘伝ダレのから揚げが目を引く。
軽やかな色合いのソースながら、口に含むとトマトの酸味と国産牛の旨みが驚くほど弾ける。聞けば、玉ネギやセロリなどを炒めて煮詰めたものをベースに、挽き肉と南イタリア産のトマト、シチリアの塩を加え、さらに煮込み、1日寝かせるのだという。
店名にピッツェリアの文字はない。それはピッツァはもちろん、前菜からパスタ、メインディッシュまで「すべて満喫してほしい」という自負があるからだと店長の野間裕介さん。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル