MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おうち時間を贅沢に ホテルのスイーツボックスを持ち帰る

おうち時間を贅沢に ホテルのスイーツボックスを持ち帰る

スイーツボックスを持ち帰れば、おうちがアフタヌーンティーを愉しむラウンジに!? 紅茶と一緒にぜひ。

perm_media 《画像ギャラリー》おうち時間を贅沢に ホテルのスイーツボックスを持ち帰るの画像をチェック! navigate_next

日常が華やぐ魔法の小箱 ホテルの癒し効果をまるごと持ち帰る!

高級シティホテルのテイクアウトが今アツい。長引くコロナ禍の影響もあり、全国のホテルが持ち帰り商品のラインナップを強化しているためだ。

都心部のホテルを隈なく調べ、選抜して実食を重ねたライター・赤谷。
「ホテルのテイクアウトサービスは、もっともっと知られてほしい!」という結論にたどりついた。

それは味だけでなく、「買うために立ち寄る」という部分にこそホテルならではの楽しみ方があるからだ。

ゆったりとしたエントランスや吹き抜け、美しい調度品で整えられた空間は、たとえ食品を受け取るだけの“超ショートステイ”でも訪れた者の気力を高めてくれる。
そしてフロアに立つスタッフの丁寧な案内や笑顔もまた、ホテルだけの格別な“ご馳走”だ。他業種の追随を許さない「空間」と「接客」という強みが、ホテルにはある。

帰宅後に箱を紐解けば、ホテルの空間を切り取ってきたような瀟酒な料理やお菓子が顔を出す。
予約制ならではの作り立ての味も魅力で、自分へのご褒美や贈り物にもぴったり。少人数でのお花見シーンや、おうち時間にも間違いなく華を添えてくれる。

またテイクアウト時の接客や味が印象に残るホテルは、今後の宿泊やレストラン利用にもおのずと期待が高まる。ホテルテイクアウトは、そのホテルを知る手軽な窓口といっても過言ではなさそうだ。

お持ち帰りの利用で、シティホテルの新しい楽しみ方を試してみては?

ホテル椿山荘東京の「アフタヌーンティー スイーツセレクション」
4180円

右上から時計回りに、バターケーキ・ミックスベリーのシュー・オペラ ・ショートブレット ・カヌレ・ストロベリーマカロン・チョコレートプラリネ・いちごのタルト

左側=右上から時計回りに、スコーン(クルミとブルーベリー)、ブロッコリーとベーコンのキッシュ、スコーン(ミックスベリーとクランブル) ・スコーン(プレーン)
右側=右下:クロテッドクリーム、左下:ストロベリージャム

春の到来を指先で感じる 可憐なティーフーズ

今では様々なシティホテルで楽しめるアフタヌーンティー。実はその先駆けは、ホテル椿山荘東京が有するロビーラウンジ『ル・ジャルダン』だったとか。

1990年代から愛され続けるスコーンと共に2段ボックスに収まるのは、四季の素材を組み合わせた風味豊かなお菓子たちとキッシュ。春らしい桜色が目にも麗しく、見ているだけでも幸せな気持ちに。

ダージリンティーとアールグレイティー、2種の紅茶が付くのもうれしい。

[住所]東京都文京区関口2-10-8
[電話]03-3943-9951(テイクアウト専用)
[交通]地下鉄有楽町線江戸川橋駅1a出口から徒歩10分
[予約方法]受け取り希望日の2日前19時までに電話予約
[予約時間]10時~19時
[当日予約]不可
[受け取り時間]11時半〜20時
[受け取り方法] ホテル棟3階『セレクションズ』に直接来店

セルリアンタワー東急ホテルの「プティフール」(数量限定)
2376円

右上から時計回りに、シューパリジャン、タルトシトロン、サバランルージュ、モンブラン、オペラ、メープルオランジェ、パリブレスト、マドモワゼル「u」、フランボワーズのムース、洋なしのムース

大切な人や自分にも贈りたくなる 幸せの小箱

アイボリー色の箱を開けると、思わず心が躍り出しそうな色とりどりのケーキたちが。

甘さは驚くほど軽やかで、フランスの伝統的なお菓子から旬の素材を使ったお菓子まで、一つひとつがフレッシュで気品のある味わい。10種類入っていても、その心地よい口溶けと風味に思わず夢中になり、すぐに箱が空いてしまうはず。

ささやかな手土産として喜ばれるのはもちろん、がんばった自分へのご褒美にもぴったりの価格帯だ。

[住所]東京都渋谷区桜丘町26-1
[電話]03-3476-3000(ペストリーショップ)
[交通]JR山手線ほか渋谷駅南改札西口から徒歩5分
[予約方法]受け取り希望日の3日前16時までに電話または公式HPからのオンライン予約
[予約時間] 10時〜20時
[当日予約]不可
[受け取り時間]10時〜20時
[受け取り方法] 1階『かるめら』隣接のペストリーショップに直接来店

ホテル インターコンチネンタル東京ベイの「抹茶アフタヌーンティーセット」
3240円

[スイーツ]右上から時計回りに、柚子クリーム、抹茶とバニラのムース、抹茶のわらび餅、抹茶オペラ、きなこスコーン、抹茶マカロン、ごまスコーン、抹茶ホイップパター

[セイボリー]右上から時計回りに、春キャベツ・菜の花・スモークサーモンのシーザーサラダ、厚焼き玉子と照り焼きチキンのトルティーヤロール、筍とミートソースのキッシュ、オマール海老のビスク風クリームコロッケのミニバーガー

[紅茶]ルピシア「アフタヌーンティー」ティーバッグ 2.5g

表情豊かなスイーツが引き出す 抹茶の薫り

『ザ・ショップ NYラウンジブティック』では、抹茶の風味を変幻自在に引き出したアフタヌーンティーセットを販売中(※5月31日まで)。

春野菜を使ったフィンガーフード(セイボリー)が4種も付き、甘味以外も充実している。

特徴はわらび餅やマカロン、オペラなど、食感が違うお菓子を組み合わせて抹茶の多様な味わいを引き出していること。スコーンにもゆずクリームを用意し、英国伝統のお菓子文化に和の魅力を掛け合わせている。

[住所]東京都港区海岸1-16-2
[電話]03-5404-7895(ザ・ショップN.Y.ラウンジブティック)
[交通]ゆりかもめ竹芝駅から直結
[予約方法] 電話または公式HPからのオンライン予約(2日前より電話予約のみ)
[予約時間] 11時〜20時
[当日予約] 電話にて17時まで可能
[受け取り時間] 11時〜20時
[受け取り方法] 1階『ザ・ショップN.Y.ラウンジブティック』に直接来店。ほか、タクシーデリバリーサービス(有料)あり

撮影/小島昇 取材/赤谷まりえ
※店のデータは、2021年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
天空散歩に満足したら、日本最高所のホテル、『ホテル千畳敷』のレストランへ。メニューボードの前に立つと思わず迷ってしまう。
「雲の上の居酒屋」を堪能したら、バスターミナルの上に建つホテル立山の『ティーラウンジりんどう』へ。名物の「黒部ダムシフォン」を注文すると、生クリームが波を打ちながら流れ出た高さ10センチほどの巨大なシフォンが出てきた。
外の緑が美しく、優雅で品のあるラウンジでは、大きなソファが置かれくつろげる。ここでは、ホテル自慢のアフタヌーンティーセットを予約したい。
渋谷駅近くの『セルリアンタワー東急ホテル』にある利便性の高さにプラスして、3種の味が楽しめる前菜、肉か魚から選べるメインディッシュ、パスタとボリュームが魅力のランチを提供。使う素材は旬を意識しているためどれも新鮮で、日本ブランドにもこだわる。
ホテルのクラスを考慮するとコスパ抜群のランチセットは、4種類から選べるメインと小菜から成り、食材の旬に合わせて半月毎に内容が替わる。麻婆豆腐のみ常時提供で、日本における四川料理の父といわれる陳建民氏の愛弟子だった初代料理長から引き継いだ、伝統の味だ。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル