SNSで最新情報をチェック

スイーツボックスを持ち帰れば、おうちがアフタヌーンティーを愉しむラウンジに!? 紅茶と一緒にぜひ。

画像ギャラリー

日常が華やぐ魔法の小箱 ホテルの癒し効果をまるごと持ち帰る!

高級シティホテルのテイクアウトが今アツい。長引くコロナ禍の影響もあり、全国のホテルが持ち帰り商品のラインナップを強化しているためだ。

都心部のホテルを隈なく調べ、選抜して実食を重ねたライター・赤谷。
「ホテルのテイクアウトサービスは、もっともっと知られてほしい!」という結論にたどりついた。

それは味だけでなく、「買うために立ち寄る」という部分にこそホテルならではの楽しみ方があるからだ。

ゆったりとしたエントランスや吹き抜け、美しい調度品で整えられた空間は、たとえ食品を受け取るだけの“超ショートステイ”でも訪れた者の気力を高めてくれる。
そしてフロアに立つスタッフの丁寧な案内や笑顔もまた、ホテルだけの格別な“ご馳走”だ。他業種の追随を許さない「空間」と「接客」という強みが、ホテルにはある。

帰宅後に箱を紐解けば、ホテルの空間を切り取ってきたような瀟酒な料理やお菓子が顔を出す。
予約制ならではの作り立ての味も魅力で、自分へのご褒美や贈り物にもぴったり。少人数でのお花見シーンや、おうち時間にも間違いなく華を添えてくれる。

またテイクアウト時の接客や味が印象に残るホテルは、今後の宿泊やレストラン利用にもおのずと期待が高まる。ホテルテイクアウトは、そのホテルを知る手軽な窓口といっても過言ではなさそうだ。

お持ち帰りの利用で、シティホテルの新しい楽しみ方を試してみては?

ホテル椿山荘東京の「アフタヌーンティー スイーツセレクション」

4180円

左側=右上から時計回りに、スコーン(クルミとブルーベリー)、ブロッコリーとベーコンのキッシュ、スコーン(ミックスベリーとクランブル) ・スコーン(プレーン)
右側=右下:クロテッドクリーム、左下:ストロベリージャム

春の到来を指先で感じる 可憐なティーフーズ

今では様々なシティホテルで楽しめるアフタヌーンティー。実はその先駆けは、ホテル椿山荘東京が有するロビーラウンジ『ル・ジャルダン』だったとか。

1990年代から愛され続けるスコーンと共に2段ボックスに収まるのは、四季の素材を組み合わせた風味豊かなお菓子たちとキッシュ。春らしい桜色が目にも麗しく、見ているだけでも幸せな気持ちに。

ダージリンティーとアールグレイティー、2種の紅茶が付くのもうれしい。

[住所]東京都文京区関口2-10-8
[電話]03-3943-9951(テイクアウト専用)
[交通]地下鉄有楽町線江戸川橋駅1a出口から徒歩10分
[予約方法]受け取り希望日の2日前19時までに電話予約
[予約時間]10時~19時
[当日予約]不可
[受け取り時間]11時半〜20時
[受け取り方法] ホテル棟3階『セレクションズ』に直接来店

セルリアンタワー東急ホテルの「プティフール」(数量限定)

2376円

大切な人や自分にも贈りたくなる 幸せの小箱

アイボリー色の箱を開けると、思わず心が躍り出しそうな色とりどりのケーキたちが。

甘さは驚くほど軽やかで、フランスの伝統的なお菓子から旬の素材を使ったお菓子まで、一つひとつがフレッシュで気品のある味わい。10種類入っていても、その心地よい口溶けと風味に思わず夢中になり、すぐに箱が空いてしまうはず。

ささやかな手土産として喜ばれるのはもちろん、がんばった自分へのご褒美にもぴったりの価格帯だ。

[住所]東京都渋谷区桜丘町26-1
[電話]03-3476-3000(ペストリーショップ)
[交通]JR山手線ほか渋谷駅南改札西口から徒歩5分
[予約方法]受け取り希望日の3日前16時までに電話または公式HPからのオンライン予約
[予約時間] 10時〜20時
[当日予約]不可
[受け取り時間]10時〜20時
[受け取り方法] 1階『かるめら』隣接のペストリーショップに直接来店

ホテル インターコンチネンタル東京ベイの「抹茶アフタヌーンティーセット」

3240円

[セイボリー]右上から時計回りに、春キャベツ・菜の花・スモークサーモンのシーザーサラダ、厚焼き玉子と照り焼きチキンのトルティーヤロール、筍とミートソースのキッシュ、オマール海老のビスク風クリームコロッケのミニバーガー


[紅茶]ルピシア「アフタヌーンティー」ティーバッグ 2.5g

表情豊かなスイーツが引き出す 抹茶の薫り

『ザ・ショップ NYラウンジブティック』では、抹茶の風味を変幻自在に引き出したアフタヌーンティーセットを販売中(※5月31日まで)。

春野菜を使ったフィンガーフード(セイボリー)が4種も付き、甘味以外も充実している。

特徴はわらび餅やマカロン、オペラなど、食感が違うお菓子を組み合わせて抹茶の多様な味わいを引き出していること。スコーンにもゆずクリームを用意し、英国伝統のお菓子文化に和の魅力を掛け合わせている。



[住所]東京都港区海岸1-16-2
[電話]03-5404-7895(ザ・ショップN.Y.ラウンジブティック)
[交通]ゆりかもめ竹芝駅から直結
[予約方法] 電話または公式HPからのオンライン予約(2日前より電話予約のみ)
[予約時間] 11時〜20時
[当日予約] 電話にて17時まで可能
[受け取り時間] 11時〜20時
[受け取り方法] 1階『ザ・ショップN.Y.ラウンジブティック』に直接来店。ほか、タクシーデリバリーサービス(有料)あり

撮影/小島昇 取材/赤谷まりえ
※店のデータは、2021年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...