MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おと週的料理系YouTubeの世界「ブチかまし『立山カロリー』」

おと週的料理系YouTubeの世界「ブチかまし『立山カロリー』」

ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。

perm_media 立山カロリーの衝撃な画像をチェック! navigate_next

何も気にせず食べたい! 食に対する願望を見事に体現

少し前、『おとなの週末』(紙のほう)のライター陣で飲んでいたとき、「昔ほど、量が食べられなくなったよね」ってことに話に及んだ。かくいう私も、駆け出しだった20代の頃は、天丼3杯とかハシゴしていたし、ご飯だって5合くらいいけた。朝まで飲んでからのラーメンはもはやテッパン。とんかつではロース一択だった。

しかし、である。40歳に手が届きそうになった頃から、脂っこい食事の後は、なんとなく胃が重たい。カルビよりハラミ。そして、食べた分だけきっちり脂肪を蓄えるため、仕事以外ではカロリーを気にするようになっていった。

ああ、もっと自由に、大量に食べたい! 多くの人が持っているであろう、そんな食に対する願望を見事に体現してくれているチャンネルが「ブチかまし」なのだ。

現在、3人の男性芸人によるチャンネルで、ご覧の通り、全員巨漢。食専門ではないものの、料理系や大食いなど食関連の動画が圧倒的に多い。

ひとつのものをどれだけ食べられるかに挑戦する「限界食い」や、視聴者から届いたオリジナルレシピを再現し、大食いする「あな飯(あなたのご飯が食べてみたい)」と、様々なシリーズがある中でも、今回おすすめしたいのが「立山(たてやま)カロリー」」である。

ざっと説明すると、ブチかましの立山さんというメンバーの中でもいちばん巨漢な140キロ(現在はもう少し痩せているかも?)の男性がプライベートで、1日にどれくらいのカロリーを摂取しているかを検証する企画。ブチかましの動画の中でもダントツ1位の人気を誇るシリーズだ!

何もかもが規格外の「立山カロリー」

vol.48を迎えた最新版では朝からコンビニ弁当2個に、大量のレジ横スナック。昼はシーチキン2缶にたっぷりのマヨネーズと醤油をかけたツナマヨ丼、おやつがハンバーガーに肉寿司、ビザなど。夜は味噌ホルモン焼きで夜食はカップ麺など、その他モロモロ。

その量にも驚愕するが、塩分よ、塩分!! しかもジャンクフードだらけ。「たくさん野菜食べなくちゃ」なんて、小市民のみみっちい健康意識を場外ホームランのごとくぶっとばしてくれる。このシリーズをずっと追いかけていて、素直に思う。

「人間の身体ってわりと丈夫に出来ているんだなあ」と。

さて、この日のカロリーは……。

成人男性の約8日分のカロリーである。一週間を超えた!! 言っておくが、この回が特別なのではなく、毎回1万カロリーは超えている

立山さんの健康的とは真逆の食生活に慣れっこになったファンの間でも、伝説となっているシーンがこちら。

!!??

丼飯に、なめ茸の大瓶1本丸ごとぶっかけである。何度も言うが、塩分!!
あまりに衝撃的なので動画も貼っておこう(動画開始55秒後あたりから)。

そして、この動画の朝食シーンでも度肝を抜かれた。

立山さんは「最近ね、野菜を摂ることにしてんの」と言った返す刀で、サラダにドレッシング2本をぶっかける(動画開始1分30秒後あたりから)。

ジョン・ウーの映画よろしく2丁拳銃のようにドレッシングを扱う立山氏

健康やダイエットを気にせず、これだけ好きなものを好きなだけ食べられたら、人生はどんなに楽しいだろう。と、そんなことまで考えさせられる神シリーズ。医者が見たら卒倒するだろうけど、なぜか不思議な勇気をもらえること間違いなしだ!

サイフォンの原理を利用したゴロ寝しながらカルピスを飲む方法。天才か!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
菜々山いく子

「おとなの週末」ライター歴15年。毎月の覆面調査により、これまで食べ歩いた飲食店は都内を中心に3000軒くらい。趣味は海釣りとYouTubeの視聴という陽キャと陰キャを行ったり来たりの生活を送っています。好きな食べ物はTKGと旬の時期限定の生イクラの醤油漬け。

関連するキーワード
関連記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
「ロピア」というスーパーをご存知だろうか? 6月6日に結婚したばかりの“カトパン”こと加藤綾子さんのお相手が社長ということで話題になっている。神奈川県を中心に59店舗を展開し、その多くが郊外の大型店。弁当・惣菜に続いては、プライベートブランド商品をご紹介する。
巷に自動販売機は数あれど、大抵が同じ類のものばかり。かつて隆盛を誇ったグルメ系自販機も今は昔、なくなっていたと思いきや……神奈川県相模原市にあったのです!! 全95台が集まる“聖地”へ自販機好きの編集部スタッフが喜び勇んで向かいました。
人気の街「東京・下北沢」に、次世代型の商業ゾーン「reload」(リロード)が誕生しました。線路跡地に建つ低層施設には、飲食店をはじめ個性豊かな店舗が並んでいます。建物の内側には、吹き抜けや通路が配され、まるで路地を歩いているような感覚で楽しめる“空間”です。オープン直前の内覧会に出かけ、各店の人気メニューを味わってみました。
巷に数多ある自動販売機。大抵は飲料ですが、たまに「ん?」と2度見するような自販機があります。明日発売の本誌2021年7月号にて自販機を取り上げていますが、その中の一台、ソースの自動販売機記事の拡大版をひと足先に公開。東京で一番歴史のある「トキハソース」の自販機です。
最新記事
2021年のトレンドグルメ「マリトッツォ」とメロンパンが邂逅! 本日6月22日、ウェンディーズ・ファーストキッチンの一部店舗で販売されたのが「メロトッツォ」。気になったら食べずにいられないってことで、早速食べてきました。
「お待たせしました」と目の前に置かれる、ド迫力の骨付きとんかつに目を奪われる。骨を持ち上げるとズッシリ重い。
町の蕎麦屋にも中華そばがあるって知ってました? しかも自家製麺、独自のスープという渾身の一杯で、これがしみじみと美味しいんです! 東京都内で楽しめる蕎麦屋のラーメンを探してきました。今度は「もり」や「かけ」じゃなく、ラーメンをぜひ!
初めて発売したアルコール缶「檸檬堂」を大ヒットさせたコカ・コーラ社が、待望のセカンドブランドを本日6月21日に発売! その名も「ノメルズ ハードレモネード」。レモネードにアルコールを加えたドリンクだそう。これは美味しそう〜ってことで、早速飲んでみました!
「ラッテリア ベベ カマクラ」は、鎌倉駅近くの路地の奥にある古民家レストラン。チーズ工房を併設し、出来たてチーズとともに、店内の専用窯で焼くナポリピザを味わえる店だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル