MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
2021年後半突入前に「自分メンテナンス」を!|2021年6月の開運メシ

2021年後半突入前に「自分メンテナンス」を!|2021年6月の開運メシ

梅雨の季節と重なり体も気分も凹みがちな6月。今年はさらに「穴」という象意を持つ一白水星の気がコラボするため、運気にも穴があく。しかしこの穴、運気の流れの中では大切なポイントで、そのメッセージは「自分メンテナンス」。サーキットで過酷なレースを走る車が何度もピットインして整備をするように、人間もときどき整備が必要。6月がまさにそれ。「穴」の空いたものが目についたらしっかり自分メンテナンスを!

perm_media 写真で2021年6月の開運メシをチェック!! navigate_next

まず知っておきたい! 2021年6月の全体運

なんとなく不調を感じやすくなる6月。

それは運気の「穴」や「凹み」で、実はとっても大切な時期。

体も心も今ひとつ元気が出ないとか、
人間関係で行き違いやすれ違いが生じるとか、
金銭面でも思わぬ損失に泣かされるといった形で出てきやすい。

でも、これこそ自分をメンテナンスする合図!
不調の原因を探り、しっかりと対処すること
今後の運気を左右することに!

今月の不調はむしろラッキーと捉えて、
「面倒臭い」と思わずにしっかり向き合おう!

6月の不調はウェルカム!

「穴の空いたもの」で運勢の「凹み」を味方につけよう!

人間はワガママなもので、仕事も私生活もいつもスムーズに動き、ノリノリな運勢が続くことを望んでしまう。でも、運勢には大きなうねりや凹凸がある。ただ「凹み」=「悪い」ではない。むしろ、それをきっかけに自分を振り返り、その時期をどう過ごすかで、次の展開が大きく変わってくる重要なチャンスと捉えよう!

6月の気を支配する「一白水星」は、運勢の「穴」や「凹み」を示すと同時に、その苦境を乗り越えるパワーを与えてくれる辛抱強い星。そんな「一白水星」の気を得るには「穴の空いたモノ」を食事に取り入れよう!

たとえば、「マカロニ」「ちくわ」「レンコン」などなど。穴の空いたモノは「先を見通す」と言って縁起が良いというような謂れもあるが、ここは運勢の「穴」や「凹み」を味方に上昇するパワーに変換する意識で食してみよう!

6月に食べるべき、オススメの開運メシをチェック!

ちく玉天ランチ

ちくわの天ぷらを大胆にのせた大阪讃岐うどん。バクッとかぶりついて不調を吹っ飛ばせ!

マカロニサラダ

これぞ、穴あきメニューの王道! 美味しいマカロニサラダで凹んだ気持ちをアップ!!

れんこんと海老のはさみ揚げ

繊維質たっぷりのレンコンで体も心もスッキリ。滞ったものをひと流し!

タイスキ基本セット

こうなったらなんでもあり!? コロナが落ち着いたら、穴が空いている鍋でみんなでワイワイ!

九星別 6月の運勢


「九星気学」とは、世の中に流れる「気」を9つの質や象意に分類し、運勢を読み解いていく学問です。

「運命は自ら切り拓く」という考えのもと、「気」の流れをとらえ、今が「攻め」なのか「待ち」なのか? 「動」なのか「静」なのか?

行動の指針として活用できます。

個人の九星は「生まれた年」により「本命星」として決まっています。

まずは下の本命星一覧表から生まれ年を元に自分の「本命星」を調べ、今月の運勢を見てみましょう。


※九星気学では2月4日〜翌年2月3日を1年としているため、1月1日〜2月3日生まれの人は前年生まれとなります。
例)1966年1月15日生まれ → 1965年生まれ=八白土星



山の上から麓の村や街を見下ろすように、
6月はいろんなことがよく見えるとき。
だからこそ、さまざまなことに気配りや目配りができそう。
逆に、一白水星の言動は周囲から見られているから、
「これくらいなら……」という手抜きや油断は禁物。
ウソやヒミツはもってのほか!
何事にも真摯に向き合おう。
また、思いがけないチャンスの到来も。
決して焦らず、確実にゲットできるようまずは心の準備を!

ミラクルな動きが出てくる予感の6月。
思いも掛けない人からのサポートだったり、
自分の実力以上の仕事が舞い込んだり、
「え、まさか!」という出来事がやってきそう。
それがどんなことでも、自分を過小評価したり、
変な遠慮はせず「感謝」をして受け取ること。
そして、強い決意を持って積極的に臨むことで運気アップに!
また今月は、自分に非がなくても
事故やトラブルに巻き込まれやすいので気をつけて!

月初から運気の停滞感が否めない6月。
予定やプロジェクトなどでストップすることが出てきそう。
でも、ときには「待つ」ことも大切!
本当に必要なことなら必ず動き出すので焦らずに。
また今月は、いつも自分を支えてくれる人との
コミュニケーションを深めよう!
人を悦ばせるために使うお金は「生き金」に。
いずれ返ってくるのでケチることなく使うと◎。
気づくと上から目線になりがち。気をつけて!

今年いちばんの「変化」のときを迎える6月は、
周囲や環境の変化や人生のイベント的な出来事がありそう。
また「トラブル」という形で変化のきっかけがやってくる人も。
「変わる」ということには不安や恐れがつきものだが、
今月は、それがどんなことであっても、
四緑木星の持ち前の前向きさで積極的に乗っていこう!
自ら不要になったものを手放し、
新しモノやコトにアグレッシブにチャレンジを!

明るくなったり落ち込んだり、感情の起伏が激しくなる6月。
もともと影響力がある五黄土星のゴキゲンは、
知らない間に周囲を巻き込むので、
いつどんな場面でも「顔で笑って心で泣いて」を心がけて!
また今月は、自分自身にスポットライトが当たるとき。
あらためて自分の良いところ悪いところを見直す機会に恵まれる。
自分の「穴」を埋めるには「学び」が必要。
強引はNG。謙虚な姿勢を忘れずに!

六白金星の6月は、ツイテない1ヵ月になりそう。
仕事でも私生活でもトラブルが発生しやすい。
体調ダウンに始まり、人間関係には不協和音が生じる。
とにかく思い通りに進まないことばかりの連続に。
さすがに根をあげたくなるところだが、そこはジッとガマンを!
人前で愚痴や弱音は吐かないこと、
投げやりにならないことが最大の開運ポイントに。
不調な時こそ、人へのやさしさと思いやりを忘れずに。

運気は回復、と同時に忙しさが戻ってくる6月。
ぜひアクティブに、前向きに日々を過ごそう!
人のために動く場面も多々ありそう。
どんなことでもにっこり笑顔で快く引き受け、
周囲と協力し合って柔軟に対応することが開運のカギに!
また、次々と新しい情報が入ってくるとき。
自分が得た耳寄り情報は、独り占めせず周囲にもシェアを!
言葉が大切な6月。
発言はポジティブに、余計なひと言にご注意を!

6月、運気の流れが一気に加速していく。
いつもは慎重派でマイペース、じっくり型の八白土星も、
今月はそのスピードに自分を合わせ、積極的に乗っていこう!
また、いつになく直感や閃きが冴えるとき。
あれこれ考えるよりもまずは動いてみること。
その上で不具合や細部の調整をすることが大切!
さらに、人間関係にもうれしい変化がやってくる。
これからの生活や人生に影響を与える出会いがある予感!

6月は、今年イチバンの高運月。
これまでやってきたことが大きく発展・繁栄する。
それに伴い、自分の行動半径やテリトリーを
遠くへと、また大きく広げるチャンスに!
ぜひ、いつもよりも大胆に行動しよう!
ただし、マイナスの種も
同じように成長してしまうことも忘れずに。
もし、うまくいかないことが出てきたら、
原因はすべて自分自身にあると受け止め、
不貞腐れることなく早めに対処すること!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
鈴木彩夏

しゃべること、食べること、飲むこと大好きの七赤金星。 「九星気学」読み解きのおもしろさにハマり、ただいま絶賛開運中!!

関連するキーワード
関連記事
10月を司るのは、2021年の運勢を担っている星でもある六白金星。六白金星を吉方でとると「天が動く」という作用があり、目には見えない大きな力を借りて飛躍することができると言われている。そんな六白金星が中宮に廻座する10月は、すべての人が「実力以上の力を試される」ことになるかも! そんなあなたをサポートするのは、ジューシーで贅沢な秋の味覚たち!
9月は「人生の悦び」というキーワードを持つ七赤金星が司る。人生の楽しみ方は人によって違うが、七赤金星が絡むと必ずそこには「人とのコミュニケーション」がついてくる。「人と会って話す」「いっしょに美味しいものを食べる」など、コロナ禍の現在では難しいが、9月はさまざまな方法でコミュニケーションを楽しみたい。そんなあなたを七赤金星の食材「卵」がバックアップする!
「山」という象意を持つ八白土星が司る8月は、私たちの前に突如「山」が立ちはだかる。「山」は「目標」や「夢」「理想」の象徴だ。山を見上げワクワクする人、ビビる人、登っていくのはあなた自身! 「山登り」パワーをくれるのは、八白土星食材の「牛肉」。夏真っ盛りの8月、「牛肉」を食して目の前の山を越えていこう!
マスク生活にもだいぶ慣れてきたけれど、思わず「暑い〜」という言葉が口をつくこの季節。さらに7月は「太陽」「光」の象意をもつ九紫火星が司るので、天候だけでなく運勢にも強烈な光が降り注ぎ、私たちの頭上を照らすことに。でもこの光は「閃き」や「直感」「気づき」をもたらしてくれる。そんな九紫火星の気をゲットするには、夏にぴったりのあの苦い食材がオススメ!
春に芽吹いた新緑たちが本格的にすくすくと伸びていく5月は、「二黒土星」の運気が地球を包み込む。木々や植物がどんどん繁茂するように、今月は私たち人間も「自分を育てる」チャンスに恵まれる。そのために必要な二黒土星の「気」は? そして今月食べて欲しい「開運めし」とは???
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル