MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
タンメンの殿堂店5選 懐かし美味しい昭和の味

タンメンの殿堂店5選 懐かし美味しい昭和の味

丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。

perm_media 《画像ギャラリー》タンメンの殿堂店5選 懐かし美味しい昭和の味の画像をチェック! navigate_next

『中華 味一』@不動前

タンメン(700円)
2種類の地鶏のガラやモミジを炊いたスープは、コクがありつつも、すっきりとして後をひく。具はモヤシ、キャベツ、ニラなど。

シャキシャキ感のなかにコシのある細麺が存在感を放つ

たっぷりの野菜から スープの旨さがあふれ出す 店主が惚れた懐かしの味

かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。

タンメンは、記憶を辿って独学で修得。たっぷりの野菜を炒めてから、2種類の地鶏で取ったコク深い濃厚スープを注ぐ。溶け出した野菜の甘みが特注麺に絡み、なんともやさしい味わいだ。

ふんわり、パラリの炒飯も食べずには帰れない。街中華の名店ここにあり!

炒飯(680円)
具は刻んだチャーシューやナルト、玉子、ネギといたってシンプルだが、炒めの技で香ばしさを生み、米の旨さまでも引き出している。タンメン+半炒飯セットも(1000円)

餃子(390円)
野菜たっぷりの餡をモチモチとした厚めの皮で包み、かぶりつけばジューシーな肉汁がほとばしる

[住所]東京都目黒区下目黒2-24-7
[電話]03-3490-9531
[営業時間]11時半~15時LO、17時半~23時(22時半LO)
[休日]無休
[交通]東急目黒線不動前駅から徒歩6分

『富白』@御徒町

鶏ぶた塩タンメン(880円)
カツオ節や昆布で旨みを持たせた塩ダレが、スープにさらなる深みと厚みを出している

麺は浅草開化楼製の太い縮れ麺。小麦粉をぎゅっと凝縮したような、力強い香りとコシにあふれている。

剛麺の力強いコシと小気味いい食感の野菜で際立つ白湯スープの旨み

シャキッと小気味いい野菜に、ゴツゴツとパワフルな縮れ麺。両者の相反する食感が、口の中で鮮やかに調和し引き立て合う。

野菜にたっぷり吸わせたスープは、鶏ガラをベースにニンニクや生姜、香味野菜で深みを持たせた濃厚白湯。その骨太な旨みが、具材と麺をたくみにつないでくれるのだ。

唐辛子入りの鶏油をかけた辛タンメンも人気の一杯。

基本的に昼の営業で、その日の仕込み分が売り切れとなってしまうのでご注意を。

鶏塩拉麺(700円)
同じ素材でとった清湯スープに細麺を合わせた、あっさりとした味わい。スープに浮かぶ鶏油が麺に絡みつきコクを増している

[住所]東京都台東区台東3-14-10
[電話]非公開
[営業時間]11時~15時
[休日]日・祝(臨時休はツイッターで告知)
[交通]地下鉄日比谷線仲御徒町駅1番出口から徒歩2分

『タンメンしゃきしゃき 新橋店』@新橋

タンメン(700円)
具はモヤシ、キャベツ、ニンジンなどの国産野菜に豚バラ肉が入る。好みで卓上の自家製ラー油をかけて辛みを足しても

タンメン(700円)

テンコ盛りの野菜でヘルシーかつ満腹! 行列必至の人気店

麺モノはまさしくタンメンのみ。昼時ともなればこの一杯を求め、新橋界隈のビジネスマンが行列を作るのだ。

山と盛られた野菜は1人前でなんと500g以上! 店名に違わぬシャキシャキとした歯触りが、なんとも心地良く響くのだ。

麺は自家製の平打ち中太麺。鶏ガラに昆布や煮干しのダシをあわせたすっきりとしたスープがほどよい縮れに絡み付く。

餃子(5個、450円)
餡にはキャベツやニラなどの野菜がたっぷり入り、あっさりとした味わいだ。厚めのモチモチ皮との相性も抜群

[住所]東京都港区新橋4-6-7
[電話]03-3437-7222
[営業時間]11時~23時半(23時15分LO)、土・日・祝11時~22時(21時45分LO)
[休日]無休
[交通]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩4分

『花家』@日暮里

タンメン(780円)
瑞々しく仕上げたモヤシ・キャベツ・ニラなどの野菜の食感も抜群。

すっきりとしたスープにあわせて特注する麺は細打ちながらもしっかりとしたコシがある

あっさりスープ×細麺 懐かしくも奥深いタンメンに拍手喝采!

戦前に生花店から始まり、戦後は甘味処、そして今では街の人々に愛される食事処となった。

定食や丼物に洋食と幅広いメニューのなかでも、いちばん人気がこのタンメン。豚骨や鶏ガラベースの動物系ながらも、あっさり清湯に仕上げたスープに、スマートな特注の細麺がマッチする。

素朴で実直なその味わいは、毎日でも食べたくなる旨さなのだ。

焼き餃子(550円)
粗く刻んだキャベツの食感や、生姜の爽やかな香り、豚挽き肉のコクがひと口サイズにギュッと詰め込まれている。しっかりした味付けで、ご飯やビールとも相性ピッタリ

[住所]東京都荒川区西日暮里3-2-2
[電話]03-3821-3293
[営業時間]11時~20時(19時半LO)
[休日]火
[交通]JR山手線ほか日暮里駅西口から徒歩1分

『来々軒』@木場

タンメン(750円)
麺は浅草開化楼製の平打ち麺。鶏ガラ、豚ゲンコツ、モミジなどを炊いた上品な清湯スープを受け止める

タンメン(750円)

やさしいタンメンとガッツリ餃子 旨さ膨らむバッテリー

ここへ来たら"タンギョウ"(タンメン+餃子)で注文すべし。

キャベツたっぷりのタンメンは、野菜の甘み際立つライト系。塩ダレは使わず中華鍋で塩や胡椒とあわせた、淡くおだやかな味わいだ。一方むっちり厚い皮に包まれた餃子は豚肉のコクをしっかり感じるどっしり系

交互に食べれば、それぞれの旨さが倍増する、まさに黄金コンビだ。

餃子(510円)
通常の約2倍の餡を包んだ特大サイズ。スープで茹でてから底面をラードで焼き、肉汁からあふれるコクと香ばしさがたっぷり

[住所]東京都江東区東陽3-21-4 ライオンズマンション東陽2
[電話]03-6458-6368
[営業時間]10時半~15時、17時~20時(各10分前LO)※材料がなくなり次第終了
[休日]水、第1•3木 ※祝日の場合は営業し翌休
[交通]地下鉄東西線木場駅1番出口から徒歩4分

撮影/小島 昇(味一)、西﨑進也 取材/菜々山いく子
※店のデータは、2019年2月号発売時点の情報です。


※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
そもそも「焼飯」とは何か、チャーハンと何が違うのかという話がありますが、メニューに「焼飯」と書かれた料理は数少なく……。その上、「ソース焼飯」ときた。この謎のメニューを追跡。実態を調べてみました。
横浜といえば、焼売。多くの店で食べられます。崎陽軒をはじめ、お土産としても名高いです。そんなハマの焼売がいつから愛されてきたのか。そのルーツをもとめて“シウマイ”の店を巡りました。
新幹線が止まるターミナル駅ながら、駅ビルにビックカメラや高島屋があるなど、実は生活に密着し、機能的な新横浜。そこで、横浜土産といえば、やっぱりコレ! なテイクアウトできる全焼売を食べ比べてみた。
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店、「新錦江」は四川と広東の家庭料理が楽しめる。約115種類のメニューが揃うなか、エビのイチオシは「殻つき海老唐揚げ」。[アクセス]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル