MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
愛知のタコは美味しい! 日間賀島でタコ尽くし〜あいち冷やし旅2〜

愛知のタコは美味しい! 日間賀島でタコ尽くし〜あいち冷やし旅2〜

寡聞にして知らなかったんだが、「愛知はタコが旨い!」と耳にした。その聖地はどうやら知多半島の先端に浮かぶ島らしい。実は昔からタコには目のない筆者。これは行かねば〜!

perm_media 日間賀島のタコ料理を写真でチェック! navigate_next

海風、島時間、夕日を感じながら島をぶらり

その島の名前は日間賀島

知多半島の先端に浮かぶ…と聞くと、何やら遠そうだが、何のことはない名古屋からクルマで約1時間と高速船で約10分。なんでも“名古屋から一番近い島”ってキャッチフレーズもあるらしく、気分よく車を走らせればあっという間だ。

たった10分とはいえ、島へ渡る船の上を抜ける潮風は気持ちよく、否が応でも旅感が盛り上がる。

日間賀島へ移動するフェリーで。潮風が気持ちいい〜

本日投宿するのは『大海老』

日間賀島ならではの海の幸を贅沢に使った料理プランが充実した宿だ。そしてもちろん、今夜の狙いはタコ尽くし! 今回、「あいち冷やし旅」なるキャンペーンをめっけて愛知に来てるのだが、その旅行商品限定の「タコの冷しゃぶ」も含まれるという。お〜、いいじゃない。

『大海老』。タコのモニュメントも入れてパチリ

でも、夕食にはまだ早いので、ぐるっと1週、自転車を借りて島を周ってみた。周囲5.5kmの島は、ぶらりと散歩するように巡るのにちょうどいいサイズだ。

穏やかな笑顔で気さくな雰囲気の島の人たち。挨拶を交わしつつ行くと、タコの形の駐在所やタコデザインのマンホールを見つけたり。

大きな松の木にかけられた恋人ブランコなるものも発見。見晴らし最高で、海と空に漕ぎ出すようでお〜、気持ちいい。

恋人ブランコ。のんびりとした時間が流れる

島の東にはサンライズビーチ、西にはサンセットビーチがあるのだが、『大海老』の目の前がサンセットビーチ。凪いだ海に大きな夕日が沈んでいくのをしばしボ〜ッと眺めていると、何だか時間が止まっていくようだ。

目の前の海に夕日が落ちていく

タコ壷で獲る、日間賀島のタコが旨いのにはワケがあるのだ!

さて、いよいよ「タコ尽くし」の宴である。

まずは日間賀島特産のタコを丸ごと茹でた名物「茹でタコ」だ。

塩と醤油でふっくら茹でられたタコは大迫力。そして茹でても固くならず、柔らか。茹でたては香りも素晴らしく、ハサミで豪快に切り分けて食べてみると、甘みと深い旨みがある。

「茹でタコ」。とにかく大きい!

ところで愛知のタコ、中でも日間賀島のタコが旨いのにはちゃんとワケがある。

実は日間賀島、三河湾に浮かぶ島の中でも唯一、栄養分豊富な水生岩(砂岩)で形成されている。さらに潮流の関係で、三河湾に矢作川や豊川から、伊勢湾には木曽三川から、それぞれのミネラル分豊富な山の恵みも流れ込む。

そのため、島周辺の岩場はとても栄養豊かで、タコの好むアサリやカニもたくさん生育。その岩場に仕掛けたタコ壺で獲るのが日間賀島のタコ、というワケなのだ!

「タコのお造り」。表情を変えた生タコがみずみずしく旨い!

タコ尽くしは続く。

お次は「タコのお造り」。吸盤や足の芯のスライス、ぶつ切り……。包丁の入れ方で食感も表情も違うタコを生で堪能する。いやあ、ビールが進むなあ。

冷やし旅旅行商品限定の「タコの冷しゃぶ」。

クラッシュアイスの上にのった「タコの冷しゃぶ」は、霜降りにしたタコを延ばして一度冷凍したものをスライス。

柑橘の香りが爽やかなポン酢でいただくと、肉厚ながらやはりとても柔らか。噛み締めるほどに旨みが口に広がるのがたまらんなあ。

コース料理の一例

焼き魚や貝類、締めの絶品タコ飯まで、いやはや、シアワセな宴はまだまだ続くのであった。

「タコ飯」

■大海老
[住所]愛知県知多郡南知多町日間賀島新井浜40
[電話]0569-68-2144
[料金]1泊2日2食付き1人1万3000円〜
[交通]師崎港から高速船で日間賀島西港から徒歩1分

客室の一例

取材/池田一郎 撮影/西﨑進也

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
池田一郎

ワインと日本酒、ウイスキー、ジンに泡盛……って、あまねくお酒と食べることが好きな本誌ライター。昭和生まれ、海辺育ち。近頃はロングライドで自転車に乗り、山登ったり、焚き火が好きだったりと野にかえりつつある。お茶と汁なし坦々麺も好き。焚き火料理修行中。

関連するキーワード
関連記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「Genと文庫食堂」。昭和生まれの人、昭和なものが「エモい」と思っている人、どちらも楽しめる動画です。
シュールで過激なのに、眺めていると童心に帰るような懐かしさと親近感があります。「粘土道(ねんどみち)20周年記念 片桐仁創作大百科展」(2021年11月20日~12月19日)は、そんなユニークな中にも観る者の心を和ませる不思議な魅力にあふれた美術展です。お笑い芸人・俳優でありながら、芸術家としての顔も持つ片桐仁さんの集大成。東京都内の会場を訪れると、22年に及ぶ創作の歴史が詰まった圧倒的な光景が広がっていました。
ワインを飲むと具合が悪くなる人がいる。二日酔いの話をしているのでない。「ワイン不耐症」と呼ばれる体質のことだ。その症状は、頭痛、吐き気、発疹、顔面紅潮など。中には赤ワインを飲んだ時に限ってこのような症状が出るという人もいる。人口の7〜8%の人(未成年者を含む)がこの不耐症だと言うのだから、ものすごい数だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から登場するのは、細野晴臣です。1969年に「エイプリル・フール」でデビューしてから半世紀以上、「はっぴいえんど」や「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」などで活躍し、日本のミュージックシーンに大きな足跡を残してきた音楽家が、まだそれほど世間に知られていなかった時代のインタビューで語った印象的な話とは―――。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル