MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
田町で「男のひとりめし」|à la 麓屋(そば/田町)

田町で「男のひとりめし」|à la 麓屋(そば/田町)

グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗。ひとりめしの王道、立ち食い蕎麦をすする時、少々料金が上がってもより蕎麦らしい蕎麦を食べたいと思うことはないだろうか?その願いが叶う店が「à la 麓屋 (あら ふもとや)」だ。石挽き蕎麦は香り高く、コシ、のど越し共に秀逸。

à la 麓屋(最寄駅:田町駅)

男心をわしづかみにする孤高の立ち食い蕎麦

天ぷらは食券を渡してから揚げてもらえるから少々時間はかかるが、待つ甲斐のある美味しさだ。 聞けば店主は国内外でフレンチシェフとして活躍した人物。「汁無し坦々そば」(750円)、ラーメン風の「コテリ」(720円)などジャンルを超えた創作蕎麦も豊富で、どれも「お、そうきたか」と唸る旨さ。夜はシェフの日替わりのおつまみで一杯傾けるのも楽しみ。孤高の立ち食い蕎麦、ココにあり。

胡麻辛つけそば
850円

チャーシューや煮玉子など具がたっぷり入った「胡麻辛つけそば」(850円)。

グラスワイン
350円

シェフのおつまみ各350円から、「トマトのカルパッチョ」と「納豆のかき揚げ」。ボリュームたっぷりで、旨い!

à la 麓屋

東京都港区芝5-26-10 ☎03-3451-6882 [営]11時15分〜15時半、17時半〜22時半※早じまい有 [休]土・日・祝 [席]12席(カウンター8席)/カード不可/予約不可/サなし [交]JR山手線・京浜東北線田町駅北口から徒歩3分、都営三田線三田駅A3出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3451-6882
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
 庶民的な小さな商店街の一角。昭和32年創業の店は、町の食堂として親しまれている。
店名に「蕎麦前」と冠するように、ここは酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋だ。玉子焼きやわさび芋といった大定番の他に、手書きメニューの季節の一品にも心惹かれる。
昔ながらの町の蕎麦屋然とした佇まいもいいのだが、蕎麦よりもラーメンの注文が多いというくらいの人気の店がこちら。
 創業は昭和10年、そしてラーメンは戦後すぐに誕生したという。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt