MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
田町で「男のひとりめし」|à la 麓屋(そば/田町)

田町で「男のひとりめし」|à la 麓屋(そば/田町)

グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗。ひとりめしの王道、立ち食い蕎麦をすする時、少々料金が上がってもより蕎麦らしい蕎麦を食べたいと思うことはないだろうか?その願いが叶う店が「à la 麓屋 (あら ふもとや)」だ。石挽き蕎麦は香り高く、コシ、のど越し共に秀逸。

à la 麓屋(最寄駅:田町駅)

男心をわしづかみにする孤高の立ち食い蕎麦

天ぷらは食券を渡してから揚げてもらえるから少々時間はかかるが、待つ甲斐のある美味しさだ。 聞けば店主は国内外でフレンチシェフとして活躍した人物。「汁無し坦々そば」(750円)、ラーメン風の「コテリ」(720円)などジャンルを超えた創作蕎麦も豊富で、どれも「お、そうきたか」と唸る旨さ。夜はシェフの日替わりのおつまみで一杯傾けるのも楽しみ。孤高の立ち食い蕎麦、ココにあり。

胡麻辛つけそば
850円

チャーシューや煮玉子など具がたっぷり入った「胡麻辛つけそば」(850円)。

グラスワイン
350円

シェフのおつまみ各350円から、「トマトのカルパッチョ」と「納豆のかき揚げ」。ボリュームたっぷりで、旨い!

à la 麓屋

東京都港区芝5-26-10 ☎03-3451-6882 [営]11時15分〜15時半、17時半〜22時半※早じまい有 [休]土・日・祝 [席]12席(カウンター8席)/カード不可/予約不可/サなし [交]JR山手線・京浜東北線田町駅北口から徒歩3分、都営三田線三田駅A3出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3451-6882
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
中華料理店として1962年に創業し、2代目の初博さんにより'75年に業態変更。それ以来、蕎麦と中華、オツなつまみが並ぶハイブリット系蕎麦店として愛されている。
『京橋 恵み屋』も、夜は立ち呑み可能な二毛作立ち食い蕎麦。だが店内にはエレキギターが飾られ、モニターではハードロックのライブが流れ、音鳴り響く。
東急多摩川線鵜の木駅にある製麺所「早川製麺所」は、麺を販売する店舗の裏で立ち食い蕎麦『はや川』を営業。蕎麦にうどん、ラーメンからカレー、丼物まで豊富な品書きの中でも、地元大田区民が「抜群すぎる!」と大絶賛するのが焼きそば。
そして立ち食い蕎麦らしい豪快な天ぷら蕎麦の理想系が水道橋『とんがらし』。
 立ち食いにありきたりな揚げ置きではなく、注文受けてからの揚げたて天ぷらを提供するというだけで頭の下がる思いであるが、「もりあわせそば」550円(うどん・ひもかわも可)は、ナス(1個分!)、イカ、そしてエビ×6尾(!!)の天ぷらがトッピング!
築250年の萱葺屋根が目印。酒蔵の母屋を古文書を頼りに復元した雰囲気のある建物では、信州産蕎麦粉を使った手打ちの蕎麦がいただけ、昼夜ともにコースがおすすめ。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。
中華料理店として1962年に創業し、2代目の初博さんにより'75年に業態変更。それ以来、蕎麦と中華、オツなつまみが並ぶハイブリット系蕎麦店として愛されている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル