MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
お酒&パン 夜の”つまみ”にぴったりな組み合わせ4選

お酒&パン 夜の”つまみ”にぴったりな組み合わせ4選

パンの楽しみ方は朝、昼の食事だけにあらず。生地やトッピングの組み合わせの妙で、夜にお酒と楽しみたい“つまみ”になるのです。『おとなの週末』編集・戎とライター・池田による、パンとセットで楽しみたいお酒のご紹介も。

perm_media お酒のお供にぴったりなパンを画像でチェック! navigate_next

『BARTIZAN Bread Factory』@広尾
サワードウ×白ワイン

オリーブ&ローズマリーブレッド(669円、1/2で367円)
素朴で料理と調和するのが、バルティザンのパンのこだわり。『カフェ・ラ・ボエム』などの自社レストランでも提供されている

オリーブごろごろ自然な味わいのパンに白ワインが進む

シグネチャーブレッドのサワードウは、自家製酵母と厳選した小麦、水、少量の塩だけで作り、ほのかな酸味も生きた健康的なパン。

「オリーブ&ローズマリー」は、その生地にさらにローズマリーがしっかり利き、大粒で塩気も酸味もいい塩梅なオリーブがごろごろ。食べ応えも十分だ。

白ワインはもちろん、スパークリングビールでもイケる。

『BARTIZAN Bread Factory』

[住所]東京都港区南青山7-11-4 H.T南青山ビルディングⅢ 1階
[電話]03-6805-0240
[営業時間]8時〜20時※売り切れ次第終了
[休日]無休
[交通]地下鉄日比谷線広尾駅4番出口から徒歩13分
(オンラインショップ有)

『Bricolage bread&co.』@六本木
バトン×黒ビール

いぶりがっこのバトン(280円)
パン生地は旨みも食感もしっかり。がっこのバリボリ感も感じつつ噛み締めると、さらに旨みがジュワッ。黒ビールほか、ほぼオールマイティに呑める

旨みたっぷりの生地 がっことスタウトのスモーキーさが◎

「顔の見える生産者の食材をなるべくありのまま使おう」という思いから国産小麦、可能な限り全粒粉を使うオリジナルの「ブリコラージュブレッド」。

小麦の旨みたっぷりな生地に、このバトンでは、エメンタールチーズ、カシューナッツ、そしていぶりがっこ!を混ぜて焼いている。いぶりがっこの燻香、塩気、食感も◎。黒ビールにも日本酒でも合う。

『Bricolage bread&co.』

[住所]東京都港区六本木6-15-1 けやき坂テラス1階 
[電話]03-6804-1980
[営業時間]7時〜19時※金は〜20時、土・日・祝8時〜20時
[休日]月
[交通]地下鉄日比谷線ほか六本木駅1c出口から徒歩6分
(オンラインショップ有)

『ル・プチメック 日比谷店』@日比谷
バゲット×赤ワイン

山椒ブレッド(440円、1/2で220円)
旨みも食感もしっかりあるザ・バゲットと山椒がいい感じでマッチしている。ボリューム感のある赤ワインは当然、ウイスキーやラム系のカクテルもいい

香る山椒が刺激的 スパイシーな赤ワインなら文句なし

“本格フレンチスタイル”を標榜する京都発のブーランジェリー。そのバゲットは存在感抜群。

しっかりした外皮と中のもちもち感のバランスも秀逸だ。生地にオリーブオイルと挽いた山椒を入れて焼いたこちらは、ふわっと山椒が香り、ほどよくピリリ。正しく大人テイスト。オリーブオイルにつけても◎。

赤ワインやチーズをお供にー!

『ル・プチメック』

[住所]東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ1階
[電話]03-6811-2203
[営業時間]10時〜20時
[休日]施設に準ずる
[交通]地下鉄日比谷線日比谷駅直結徒歩2分

『fumigrafico』@代々木上原
自家製酵母パン×白ビール

スパイスチーズ(400円)
粉は北海道産の小麦と石臼挽き全粒粉を使用。生地には山椒、花椒、七味唐辛子、ブラックペッパーとダイスチェダー。白ビールとほんわり呑みたい

もっちりナチュラル ほんのりスパイス加減がビールと引き立て合う

店主ひとりの小さなパン工房、フミグラフィコ。自家製酵母のみを使ったシンプルでやさしい味わいのパンが自慢だ。

ふんわり丸い「スパイスチーズ」ももっちりナチュラルな食感チェダーチーズと花椒やブラックペッパーなどのスパイスがほんのり香る

この繊細なバランスと、ヒューガルデンの細やかな泡や軽い甘さが何とも引き立て合う。

[住所]東京都渋谷区元代々木町9-6
[電話]080-5029-7278
[営業時間]15時〜20時※売り切れ次第終了
[休日]日・月・木
[交通]小田急小田原線代々木八幡駅北口から徒歩4分
(オンラインショップ有)

『fumigrafico』

大人なパンで相性抜群パン呑み!

「パンてやっぱり朝とか昼、ブランチとかってイメージあるじゃないですか?」

池田(以下池)「いんや全然。レストランのテーブルに美味しいパンとバター、ワインは必須だと思ってるし」

「おお。なので今日は、ガチお酒に合いそうな、大人なパンたちを集めてみました」

「うんうん。パン呑み、大歓迎。相性を探りつつ早速GOしよう」

「まずはこの『いぶりがっこのバトン』どうですか?」

「この細長いやつ、しっかり小麦を感じる噛み応えに、いぶりがっこの燻香と塩気、バリボリ感がいいじゃん」

「生地の旨みもいいですねえ」

「これには大好きなギネススタウトを合わせちゃおう!」

「わお。がっこの燻香とスタウトのスモーキーさが合う〜

「クリーミーな泡と旨みと塩気もいいバランスじゃろ」

「次はサワードウブレッドの『オリーブ&ローズマリー』。白ワインでどうでしょう?」

「ほのかに酸味もある天然酵母のパンにローズマリーが利いてるし、オリーブがゴロゴロ。俺にはもう南仏が見える」

「オリーブの酸味もグッ」

「白ワインもいいけど、ロゼとか、何ならウゾ(リキュール)でもいけちゃうね。満足感高し」

「なんかノッてきましたね〜。ではお次は鉄板系で、赤ワインとバゲット。でも〜……」

「むうう。“本格フレンチスタイル”を謳う店とあって、バリリと焼けた表面で中もちもちのパンの旨さもさることながら、ぬおー、山椒が香る!

「口の中で割としっかり香りが鼻に抜けますね〜」

「赤ワインでもスパイシー系のシラーを選ぶとは気が利いてるじゃん。あ、でもコレ、ウイスキーとかでもきっと合うな」

「で、今度はほんのりスパイシーな『スパイスチーズ』」

「あ、柔らかもっちり、ナチュラルな食感が美味しいね」

後からじんわりくる程度のスパイス感で、チェダーチーズの具合もちょうどいいですね」

「ここは小麦のビール、ヒューガルデンでどうよ?」

「あ、わりと繊細な同士。柔らかな泡や甘さとパンのほのかなスパイス感、引き立て合います。止まりませんね〜〜」

撮影/小島昇 取材/池田一郎
店のデータは、2021年10月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
サンドイッチといえば、食パンで具材を挟むもの。しかし、今はバゲットをはじめ、さまざまなパンで挟んでいます。具材たっぷり、食べ応え抜群のサンドをご紹介!
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
入り口に書かれた「焼きたてパン。昭和25年創業。昔風の作り方です」のコピーに心惹かれるレトロなお店に、懐かしい面持ちのパンが並ぶ。
毎日の朝食や食卓に欠かせない身近なものから、リッチな高級系まで出揃っていて、最近ますます「食パン」が面白くなっています。東京のパン屋さんのなかでもコレ! と、おと週取材班が太鼓判を押す逸品を、厳選してご紹介。おすすめの食べ方も掲載です!
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル