MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ドイツ伝統のクリスマスマーケットを横浜で楽しむ 『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』開催 特別な“思い出”をギフトに 

ドイツ伝統のクリスマスマーケットを横浜で楽しむ 『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』開催 特別な“思い出”をギフトに 

ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。

perm_media 《画像ギャラリー》ドイツ伝統のクリスマスマーケットを横浜で楽しむ 『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』開催 特別な“思い出”をギフトに の画像をチェック! navigate_next

12回目のクリスマスマーケット ドイツの人々にとって1年で最も大切な4週間「アドヴェント」

『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』のメインビジュアル

1911年に2号館が、1913年に1号館が竣工されて以来、長い歴史の中で異文化交流を見守ってきた横浜赤レンガ倉庫。

そんな横浜赤レンガ倉庫で2010年から毎年冬に開催されているのが『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』。近年、日本に定着しつつあるクリスマスマーケットの中でも規模が大きく、本場ドイツの雰囲気が手軽に味わえると人気を博しています

クリスマスマーケットとは、「1393年にドイツ・フランクフルトで始まったと言われている、クリスマスの訪れを待つ“アドヴェント”の期間にクリスマス準備のショッピングを楽しむ催し」(広報資料より)。ドイツ外務省のホームページには、「一年で一番大切な行事、クリスマスとその準備期間アドヴェントは、ドイツでもっとも重要な歳時です」「12月25日のクリスマスのクライマックスに向かう4週間をアドヴェント(待降節)と言い、ドイツの人々にとって一年で一番大切な、喜びにあふれる4週間となります」とあります。

2021年で12回目の開催となる今年は、”ギフト”をテーマに、フード&ドリンクに加え、クリスマスグッズ、イベントなど、”心を込めた贈り物”が集まります。

会場イメージ

日本初上陸のギフトやスノードーム手作り体験で思い出に残るクリスマスを

”ギフト”をテーマとしているだけあって、雑貨やグッズが数多く展開。12店舗の物販店には、ちょっとした贈り物に最適なアソートセットや、自分へのご褒美にもぴったりな、日本初上陸のスキンケアアイテム・バスアイテムが入ったアドベントカレンダーなど、クリスマス気分を盛り上げる素敵なグッズが並びます。

・ウィンターワンダーランド(各1500円)
クリスマス柄があしらわれた、ティーバッグのアソートセット

・ドレスナーエッセンス アドベントカレンダー2021(9900円)
日本交流160周年を記念して、2021年10月に日本初上陸したドレスナーエッセンスのアドベントカレンダー

スノードーム作り体験で、オンリーワンのギフトを

さらに、世界に一つだけのオリジナルスノードーム作りが体験できるワークショップも開催。クリスマスグッズとして定番のスノードームですが、大切な人と手作りすれば、その思い出も合わさって、より大きな思い入れができるのではないでしょうか。

・世界でたったひとつのスノードーム・ワークショップ
開催日:11/26~12/25(※12/17~12/19は除く)

期間中に購入したグッズにはラッピングサービスも。こちらも、オリジナルのラッピング作りが可能。思い思いのギフトアレンジが楽しめます。

・ラッピング体験&ラッピングサービス
開催日:11/26~12/25(※12/17~12/19は除く)

心温まるドイツの家庭料理から高級機内食まで なかなか味わえない特別なグルメも

クリスマス気分を味わえるグルメ&フードも盛りだくさん。本場ドイツでよく飲まれるホットワインや、可愛らしいスノーマンがあしらわれた限定ココアなど、寒い冬にぴったりな、心まで温まるメニューが計16店舗出店。

・王様のホットワイン(700円)
3種のスパイス・フルーツを使った禁断のレシピ

・スノーマンココア(700円)
見た目も可愛いクリスマス限定商品

ガッツリ食べたい人向けに、牛肉がゴロゴロ入ったビーフシチューや、サクサクのパイ生地と熱々のパイ生地の相性がたまらないクリームポットパイなど、本場ドイツの家庭料理も。寒空の下で頬張りながら、ヨーロッパのクリスマスに思いを馳せてみてはいかがでしょう。

・牛肉ゴロゴロビーフシチュー(1200円)
柔らかい牛肉と野菜を煮込んだドイツ家庭の味。

・ゴロッとチキンのクリームポットパイ(1300円)
熱々のクリームシチューとサクサクのパイ生地の相性は抜群!

ファーストクラス機内食の監修・調理を手掛ける『ワールドフレーバー』が出店

カジュアルな料理だけでなく、ワンランク上の料理を求める人のために、ファーストクラス機内食の監修・調理を手掛ける『ワールドフレーバー』も出店。”真空低温調理技術”を用いた肉厚ビーフショートリブなど、高級レストランクオリティの限定メニューも。普段はなかなか体験できないグルメを味わうことができます。

・ザウアーブラーデン(ドイツの牛肉煮込み 1500円)

開催概要

Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫
【期間】2021年11月26日(金)~12月25日(土)※荒天の場合、休業の可能性があります。

【開催時間】2021年11月27日(土)~12月10日(金)11:00~21:00(ライトアップ 16:00~21:00)
      2021年12月11日(土)~12月25日(土)11:00~22:00(ライトアップ 16:00~22:00)
      ※11月26日(金)のみ15:00オープン 
      ※ラストオーダーは営業終了時間の15分前
      ※いずれもツリーのライトアップは23:00まで (12月4日(土)・11 日(土)のみ24:00まで)

【入場料】無料:平日と11月27日(土) ~12月5日(日)の土・日曜日 ※12月23日(木)、24日(金)は除く
     300円:2021年12月11日(土)~12月25日(土)までの土・日曜日、12月23日(木)、24日(金)
     ※有料日のみPeatix(下記URL)にて事前予約・オンライン決済
     ※小学生以下は無料(保護者同伴に限る)

【場所】横浜赤レンガ倉庫イベント広場、赤レンガパーク

【WEB】公式サイト:https://www.yokohama-akarenga.jp/brickjournal/detail/61
    予約:https://yokohamaredbrick.peatix.com/

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
みなさん、宮崎駿監督の劇場長編アニメデビュー作『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)で、ルパンと次元が奪い合うように食べたミートボールスパゲティを覚えているでしょうか? あの食べてみたい憧れのアニメめしNo.1が、東京都内でも珍しいミートボール専門店で、11月末までの期間限定でいただけるんです! さらに『天空の城ラピュタ』(1986年)のメニューも発見!!
街がクリスマスムードになりつつある中、東京・表参道ヒルズで本日11月11日から「OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2021」がスタート(12月25日<パフェは26日>まで)。クリスマスイルミネーションが飾られます。そして、期間限定で「ご褒美パフェ」を8店舗で展開。その中から気になる3品を食べてきました。
なにかと暗いこのご時世こそ、陽気なフィリピンスイーツで乗り切ろう! 南国の明るい気分を味わえるピッタリのキャンペーンが、東京・六本木の『ハードロックカフェ東京』と『トニーローマ 六本木店』で2021年11月6日から始まりました。フィリピン観光省のタイアップによるコラボデザートが年末まで楽しめるのです!
江戸時代後期の画家・鈴木其一(きいつ)は、今もなお多くの人々を惹きつけてやまない異色作『夏秋渓流図屏風』をいかにして描き出したのか。その秘密に迫る特別展「鈴木其一・夏秋渓流図屏風」が、文化の日の11月3日から12月19日まで、東京・南青山の根津美術館で開催されています。江戸琳派の異才と、その唯一無二の代表作の魅力に迫る注目の展覧会です。
2020年に創業190周年を迎えた老舗日本料理店『なだ万』。北海道から九州のホテルや百貨店、海外のホテルにレストランを構えるほか、『なだ万厨房』としてデパ地下にも出店。国内外でその名を轟かせている『なだ万』が、現在「高知フェア」を開催中。その内容とは一体!?
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル