MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「切麦や甚六」の麺は美味しさを主張する透き通るような麺(うどん/新宿)

「切麦や甚六」の麺は美味しさを主張する透き通るような麺(うどん/新宿)

「切麦や甚六」は開店して約1年。冷たいものは、ぶっかけ、冷かけ、ざる、醤油うどん、温かいものはかけ、釜あげ、釜玉とあらゆる種類を揃えたうどん店だ。[交]地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅2番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》「切麦や甚六」の麺は美味しさを主張する透き通るような麺(うどん/新宿)の画像をチェック! navigate_next

切麦や甚六(最寄駅:新宿御苑前駅)

店主の坂本さんの追求するうどんは、コシがあって喉越しのよいもの。そのために、うどんを打つ前の小麦粉、塩水から温度を徹底的に管理。いつでも安定して、のびがあってなめらかな上質な麺を提供してくれる。それを受け止めるダシには、北海道産の昆布や瀬戸内海のイリコ、数種類の魚の節などを使用。昔ながらの製法にこだわった無添加醤油と愛知県産のみりん、東京都で採取されたハチミツなどで旨みを深めている。夜は全国の銘酒と共にうどんを提供。注文を受けてからうどんを打ち始めるため時間がかかるが、打ちたて、切りたて、茹でたての“三たて”をじっくり楽しめる。

親子天ぶっかけうどん
950円

すすると口の中に飛び込んでくるように感じられる、細めでなめらかなうどん。麺の上には鰯節と九条ねぎ、貝のエキスとダシを合わせたジュレをのせている。店自慢のかしわ天は大山どり。麹に漬けこんでいるため、ムネ肉にも関わらずジューシーで柔らかい

釜あげ・釜玉コンビ
1000円

濃厚なつゆと「紅玉子」の生卵がつき、1杯で茹でたての釜あげうどんと釜玉の2種が味わえる、うどんの旨さを満喫できるセット。ネギと刻みのりの他、釜玉のトッピングとして明太子、または生のりととろろが選べるので、最後まで味を変えつつ楽しめる。写真は明太子トッピング

「切麦や甚六」掲載の特集記事

切麦や甚六

東京都新宿区新宿1-17-1 LAND・DENビル1階 ☎03-6273-2646 [営]月〜木、日・祝11時半~16時、17時半~23時半(22時半LO)、金、土11時半~16時、17時半~24時(23時LO) [休]無休 [席]カウンター10席、テーブル2席×3卓、4席×1卓 計20席/全席禁煙(外に喫煙スペースあり)/カード不可/平日は夜のみ予約可、土・日は昼が4名から予約可、夜は1名から予約可/サなし [交]地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅2番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6273-2646
2016年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
店に足を踏み入れると鰹ダシの豊潤な香りに包まれる。加えて名古屋人絶賛の味噌煮込みうどんがいただけると聞けば、自然と期待値も上がるはず。
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
端正で見目麗しく透き通るほどの美しさ。これぞシンプルの極みの関西ダシ文化の賜物!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル