MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】スープの上に麺が立つ! 超濃厚なドロ系味噌(うどん/蒲田)

【閉店】スープの上に麺が立つ! 超濃厚なドロ系味噌(うどん/蒲田)

店前の看板に踊る「ドロ系、超濃厚」の文字。どれだけ濃厚なのか早速調査を開始。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】スープの上に麺が立つ! 超濃厚なドロ系味噌(うどん/蒲田)の画像をチェック! navigate_next

※閉店※麪治(最寄駅:蒲田駅)

出てきたスープに恐る恐るうどんを乗せてみると、見事に沈まない! 鶏ガラ、豚骨をベースとした無化調のスープは、見た目ほど濃くなくて食べやすい。うどんの塩気と合わさると、味噌のまろやかな甘みが感じられる。自家製うどんは麺線のエッジがきいて美しく、コシがしっかり。しかも、つけ麺は400gが基本のため、量が多くお腹にたまる。卓上には一味唐辛子、ミルに入った花椒、カレー粉が並び、最後に昆布ダシの割りスープを提供。味を変えながら、楽しめるのもいい。

超濃厚味噌つけ麺 870円

※閉店※麪治
蒲田

東京都大田区蒲田5-2-8 1F ☎03-5703-8102 [営]11時半~14時半LO、18時~23時LO、日・祝11時半~21時LO [休]不定休

電話番号 03-5703-8102
2016年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
例えば伊吹島産イリコは、頭とはらわたをすべて除き、水出しでじっくり時間をかけるなど、厳選素材を使い丁寧に取ったダシがツユのベース。滋味を感じるほど旨みにあふれたダシを生かすべく、かえしには白醤油を使用。
あったか〜いツユで食べるのもいいけど、夏はやっぱりちょっと濃い目のツユがかかったぶっかけやキーンと冷たい冷やかけうどんでツルツル、ワシワシ食べるのもまた美味。そんなうどんを調査。結果、今食べるべき一杯が見つかりました!
店に足を踏み入れると鰹ダシの豊潤な香りに包まれる。加えて名古屋人絶賛の味噌煮込みうどんがいただけると聞けば、自然と期待値も上がるはず。
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル