MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
人形町の路地で見つけた『美酒味肴いわ瀬』(日本料理/人形町)

人形町の路地で見つけた『美酒味肴いわ瀬』(日本料理/人形町)

路地裏に佇む店は築80年の古民家を改装したもの。元大工の店主と元ジュエリーデザイナーの女将が設計した内装で、親戚の日本画家が描いた襖絵など随所に粋な装飾が施されている。そんな風情ある店内でいただけるのは、静岡の割烹で修業した板長による洗練された和食だ。[住所]東京都中央区日本橋人形町1-5-10 ☎03-3664-3322

美酒味肴いわ瀬(最寄駅:人形町駅)

中でもひと手間加えた刺身はぜひ味わってほしい逸品。例えばある日のカツオは藁で燻して菊の花とポン酢ジュレを掛け、白魚は白醤油にサッとくぐらせる。女将が収集した骨董の器も料理に彩りを添え、内装、料理、器と全てにこだわり抜いた食空間に心まで満たされる。

おまかせ刺身五種盛
1人前980円

写真は2人前。

すべて天然物の「おまかせ刺身」は客のほとんどが注文する定番。写真は梅干しと日本酒にカツオのダシを加えて煮詰めた「煎り酒」に浸したヒラメや、白醤油にサッと漬けた白魚、塩昆布をあしらったスミイカなど技が光る品々。浜名湖産の生海苔も添えてあり、刺身と一緒に味わうと風味が加わる。

こだわり和風コロッケ
800円

〆サバ棒寿司
1500円

その日のサバの脂ののりなど状態を見極め、寝かせる時間などを変えて仕込む。〆で人気の一品だ

美酒味肴いわ瀬

東京都中央区日本橋人形町1-5-10 ☎03-3664-3322 [営]17時半~22時半(22時LO) [休]土・日・祝 [席]テーブル38席 計38席/禁煙席なし/予約可/カード不可/サなし、お通し500円別 [交]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A6出口から徒歩1分

電話番号 03-3664-3322
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ザクッと香ばしい衣の中から現れるのが、とろ~り口どけのいいお肉。人生で幾皿ものトンカツに出合ってきたけど、こんなの初めて! 
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
宮城グルメの代表選手といえば仙台牛タンだが、この店のタンの、霜降り具合とジューシーさたるや……! ぶ厚い熟成タンの炭火焼きをはじめ、茹でても揚げても、しゃぶしゃぶにしても最高。
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt