MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
割烹家一直|創業140年の伝統を堪能できる贅沢ランチ(日本料理/浅草)

割烹家一直|創業140年の伝統を堪能できる贅沢ランチ(日本料理/浅草)

「一直 (いちなお)」は明治11年創業。浅草でも指折りの老舗料亭、高級割烹として歴史を重ねた日本料理を、気負わずに味わえるランチが評判だ。[交]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩10分、つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩6分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》割烹家一直|創業140年の伝統を堪能できる贅沢ランチ(日本料理/浅草)の画像をチェック! navigate_next

割烹家一直(最寄駅:浅草駅)

名物の「鯛茶漬け」は一日10食限定。活締めにした真鯛の刺身を半分は刺身で、残り半分はご飯にのせて熱々のダシ汁を注いでいただく。皮を剥いた白胡麻「みがき胡麻」をすった濃密なタレ、たっぷりの羅臼昆布でとったダシ、鯛の繊細な旨みが茶碗の中で絶妙に溶け合う。完全予約制の夜のコースと同じ厳選素材を、ランチでも惜しみなく使うのが老舗の心意気。昼の接待にも具合がいい。

鯛茶漬け
1944円

小鉢で付く豚の角煮もファンが多い一品。魚沼産コシヒカリのご飯はお代わりできる

銀鱈西京焼
1944円

こちらも昼限定。身の厚い銀鱈を白粒味噌に漬けて3日間寝かせる

割烹家一直

■『割烹家一直』(いちなお)
[住所]東京都台東区浅草3-8-6
[TEL]03-3874-3033
[営業時間]11時半~23時(ランチは13時半L.O.)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター8席、お座敷約10席×1卓、計約18席/昼は全席禁煙/夜は完全予約制/夜のみカード可/昼はサなし、夜はサ15%別
[アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩10分、つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩6分

電話番号 03-3874-3033
2016年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル