MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
鰻 しらゆき|絶品うなぎ串を稀少な日本酒で味わいつくす(うなぎ/八丁堀)

鰻 しらゆき|絶品うなぎ串を稀少な日本酒で味わいつくす(うなぎ/八丁堀)

「鰻 しらゆき」は平日でも予約が殺到する人気店。主に愛知県三河産の大振りのうなぎを使用し、10匹分の肝臓のみを集めた「れば」など他ではお目にかかれない稀少な串も。[交]地下鉄日比谷線ほか八丁堀駅A3出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

鰻 しらゆき(最寄駅:八丁堀駅)

日本酒にも力を入れており、全国各地の銘酒を20種類ほど揃えている。地焼きで仕上げる「ひつまぶし」も自慢の逸品。

鰻串5本コース 
1510円

内容は仕入れによって変わるが、この日は左からかぶと、ひれ、肝、れば、くりから

塩焼
2160円〜(写真は3240円)

大振りのうなぎを丸ごと1匹使用。シンプルな塩味でうなぎのコクや風味がより繊細に感じられる

肝炒め
700円

ほろ苦い肝を甘辛いタレで炒める。キレのある田酒と相性抜群

田酒 特別純米
一合1620円

飛露喜 特別純米
一合1620円

鰻 しらゆき

[住所]東京都中央区新富1-15-3 [TEL]03-6280-4524 [営業時間]11時半〜14時、18時〜23時半(23時LO)、土は18時〜23時半(23時LO) [休日]日・祝 [席]テーブル2席×3卓、カウンター6席 計12席/昼は全席禁煙、夜は禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し代370円別 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか八丁堀駅A3出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6280-4524
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
約220年前、江戸後期・文化文政時代に始まった老舗のうなぎ専門店。『前川』の屋号のとおり、創業時は大川(江戸期の隅田川)に面し、お客も舟で通っていた。
毎年のようにテレビで流れる“ウナギが超高騰!”のニュースはどこ吹く風。なんとワンコインからうな丼が食べられる、新橋ビジネスマン感涙の店。
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt