MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
唸るうどん!東京Best10<後編>都内で食べられる「ご当地うどん」6店(うどん/東京)

唸るうどん!東京Best10<後編>都内で食べられる「ご当地うどん」6店(うどん/東京)

唸るうどん後編!【発掘!】東京都内で食べられる「ご当地うどん」。白く透き通るようなうどんのコシやモッチリした食感にオッと唸り、黄金色に輝く風味豊かなダシにホッとする。そんな極上の一杯を求め、都内を駆け巡りました。エリア:新橋/亀有/武蔵小金井/高円寺/高田馬場 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》唸るうどん!東京Best10<後編>都内で食べられる「ご当地うどん」6店(うどん/東京)の画像をチェック! navigate_next

稲庭うどん七蔵の「稲庭うどん」【新橋】

稲庭うどんとは?
日本三大うどんに数えられる、茹でると半透明になる美しい乾麺。江戸時代初期、稲庭小沢地区(現・湯沢市)の佐藤市兵衛が地元産の小麦粉を使って製造したとされ、のちに将軍家への献上品などにも用いられた高級品。

稲庭うどん 七蔵特製スープつけ麺(中) 900円 昼900円、夜1380円

具材は長ネギと9月まではミョウガ、10〜12月はナメコ、春はフキノトウと時期で変わる

つるりとした喉ごしの稲庭うどんは、コシも楽しめるお店独自の特注品を使用する。大・中・小の3サイズあり、茹で上がり量は小で昼は380g、夜270g。ヤミツキになること間違いなしの特製スープは、丁寧にひかれた昆布と鰹のダシにゴマがしっかり香る。濃厚なコクの正体は、じっくりソテーし、ペースト状にしたフォアグラが入っているから。仕上げにオリーブオイルを使うことで、奥深い味を引き出している。ほかにも、こだわりの一品料理も用意。予約必至の人気店だ。

[住所]東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館2階 ☎03-3571-5012 [営業時間]11時20分~14時10分LO、17時~22時(21時LO) [休]土・日・祝 [席]全72席/禁煙席あり/夜のみカード可/サなし、夜のみお通し代540円 [アクセス]JR山手線など新橋駅汐留口から徒歩1分

自家製麺 うどん五葵ITSUKIの「吉田のうどん」【亀有】

吉田のうどんとは?
「日本一硬い」と称される山梨県富士吉田市の郷土料理。基本の具材は茹でたキャベツとニンジンで、きんぴらゴボウや馬肉などものるが、最近は牛肉や豚肉を出す店も増加。薬味の「すりだね」は各店ごとに個性が異なる。

写真:温かいうどん470円+五葵スペシャルA 450円
「五葵スペシャルA」は、かき揚げ、わかめ、きんぴらゴボウ、煮たまご、馬肉のトッピング

都内で本格的な吉田のうどんが食べられる希少な店。うどんは強力粉をメインに独自でブレンドして熟成。噛み締めるほどに小麦の旨みが広がる。温かいうどんにはキャベツ、油揚げ、ニンジン、ネギがのる。現地感を楽しむなら、きんぴらゴボウや馬肉などのトッピングをぜひ。つゆは、昆布、イリコ、煮干し、干しシイタケとサバなど4つの節でとられたダシ、3種の味噌が香って染み入る旨さ。「富士の雪カレーうどん」(平日限定/900円)など創作メニュー類も豊富だ。

[住所]東京都葛飾区西亀有3-20-14 ☎03-6321-5797 [営業時間]11時半~14時半(14時20分LO)、17時半~21時(20時半LO) [休]第1木、第2・第4日(連休の場合は営業、翌平日休)、第3・第5木夜 [席]全23席/全席禁煙/カード不可/サなし [アクセス]JR常磐線亀有駅南口から徒歩約15分

五島うどんびぜん家の「五島うどん」【武蔵小金井】

五島うどんとは?
手延べのため手間がかかり生産量が少なく、九州以外ではあまり流通していないので、「幻のうどん」とも言われる。細いのにコシのある食感が魅力だ。地元では「地獄炊き」が基本で、アゴダシとその他2種類以上のつけ汁を用意。

写真:地獄炊き【予約制・2人前より】1人前 1280円
「地獄炊き」は五島の“おふくろの味”とも言える家庭料理だそう。風味を増すため、つけ汁に焼きアゴが入る

店主は五島の製麺所などで修業した経験の持ち主。ダシのメインとなるアゴは毎日店で炙って、前日からじっくりと旨みを抽出、本場の味を再現している。うどんのつるりとした喉ごしと豊かなダシの風味、つややかな美しさには、思わず胸が高鳴るだろう。「地獄炊き」はいわゆる釜揚げだが、つけ汁はコクのあるアゴダシと生卵の2種類。薬味がたっぷりつくので、自分流のアレンジでいただける。前日までに予約が必要で、提供は13時半以降のみなので要注意。

[住所]東京都小金井市本町6-9-42 ☎042-382-1833 [営業時間]11時半〜14時半LO、18時~21時(20時45分LO) [休]月※祝の場合営業、翌火休 [席]全23席/全席禁煙/13時半以降予約可/カード不可/サなし [アクセス]JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩5分

肉汁饂飩屋とこ井の「武蔵野うどん」【高円寺】

肉汁うどん 800円

どっしりとした餅のような食感で全粒粉を使った風味豊かなうどん。甘辛いダシに分厚くスライスされた食べ応えのある豚肉と、香ばしく焼かれたお揚げが入り、魅力的だ。ちじれ細麺への変更も可能で、17時以降はひもかわうどんも提供する。

東京都杉並区高円寺南4-7-5 久万乃ビル1階 ☎03-5913-8809 [営]11時半〜21時LO [休]月

大地のうどんの「博多うどん」【高田馬場】

ごぼう天 580円

博多で展開するうどん店の東京1号店。うどんは3日熟成させ、切りたて茹でたてがモットー。柔らかさの中にもコシがあり、半透明で美しく、鰹と昆布の合わせダシとマッチする。ごぼう天は、25cmほどあり、びっくりすること間違いなしの大きさだ。

東京都新宿区高田馬場3-22-14 アビテヒデミ101 ☎03-3369-7190 [営]11時~16時LO、17時~21時LO [休]水

いせ万の「伊勢うどん」【高田馬場】

伊勢おうどん 500円

ふかふかでもちもちとした柔らかな食感が魅力。たまり醤油の甘みがたまらない「伊勢おうどん」や白味噌の甘みがじんわり広がる「肉白みそおうどん」(750円)などメニューが豊富。現在は昼のみの営業で、ビジネスマンで賑わう。

東京都新宿区高田馬場2-6-6 ☎090-1406-4630 [営]11時30分~14時(13時45分LO) [休]土・日・祝

唸るうどん!東京Best10[前編]はこちら!

2016年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル