MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
めしや大磯港(海鮮料理/大磯)のグルメ取材記事

めしや大磯港(海鮮料理/大磯)のグルメ取材記事

海と山に囲まれた大磯は、古くからの漁師町。JR大磯駅から風情ある町並みを10分程歩けば、磯の香り漂う漁港にたどり着く。ここ大磯漁港内に店を構えるのが、『めしや大磯港』。大磯漁協直営で、遠くから、魚好きがひとりでも通ってくる店だ。[交]JR大磯駅から徒歩約10分 東名〜小田原厚木道路〜国道1号線・134号線で約2時間

めしや大磯港(最寄駅:大磯駅)

漁港ならではの抜群の鮮度と気前のいい盛りに歓喜する!

提供するのは、大磯沖の定置網でその日の朝に揚がった地魚だけ。マグロなど、地元で獲れない魚は使わない徹底ぶりだ。固定メニューはなく、毎朝港で厳選した地魚を、刺身や煮付け、塩焼きなどにして、昼は定食、夜は一品料理で楽しませてくれる。とりわけおすすめなのは、「刺身定食」(2000円)。姿造りを含む6種類の豪快な刺身に、地魚フライ、小鉢などが付き、感動さえ覚える迫力と旨さである。ご飯をかきこみ、ふと窓の外に目をやれれば、小さな灯台と防波堤で釣りを楽しむ人々の姿が。のどかな美味空間に、お腹も心も癒されるはず。

刺身定食
2000円

この日の刺身は、トビウオの姿造り、真アジ、赤イカ、〆サバなど6種。フライはスズキ

アジのたたき丼定食
1000円

細かくたたかず、厚みを残して盛り付け。新鮮なプリプリ食感が楽しめる

本カマスの塩焼き定食
1600円

香ばしく焼き上げられた皮に、上品な味わいの身が抜群。刺身やフライも付く。価格は魚のサイズにより変動

めしや大磯港

神奈川県中郡大磯町大磯1398-18 ☎0463-62-1755 [営]11時〜14時(13時半LO)、17時〜21時(20時半LO) [休]水、シケの日 [席]カウンター4席、4席×6卓、テラス3席×3卓 計37席/カード不可/予約不可/サなし [交]JR大磯駅から徒歩約10分 クルマ都内から東名〜小田原厚木道路〜国道1号線・134号線で約2時間

電話番号 0463-62-1755
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カルパッチョが2段のスタンド仕立てで登場するなんて初体験だ。それも濃厚な甘エビからフレッシュオレンジを添えた真鯛まで、味も見栄えも華やかなあれこれに目がランラン&心ウキウキ。
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt