MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
北海ド~全部喰えるド~!!(郷土料理/八重洲)※閉店

北海ド~全部喰えるド~!!(郷土料理/八重洲)※閉店

「北海道チューボー」は食券制の気軽な食堂ながら、西山製麺のラーメンからジンギスカンなど、北海道の味覚満載。豊富なアルコールは立ち呑み並の廉価![交]JR東京駅八重洲南口から徒歩1分 ※ランチタイム有

「羽幌町産エビスープカレー」980円。野菜たっぷりのカレーに、4本の甘エビ! その旨みがスープに溶け込み、さらに殻の香ばしさが鼻腔を刺激する

【閉店】北海道チューボー
八重洲

食券制の気軽な食堂ながら、西山製麺のラーメンからジンギスカンなど、北の味覚満載。豊富なアルコールは立ち呑み並の廉価!

「古平産ホッケ一夜干し」680 円。今まで食べていたホッケって何? と思わせる脂のノリ。美味!

【閉店】北海道チューボー
八重洲

東京都中央区八重洲2-2-1 ダイヤ八重洲口ビル1階 ☎03-3517-8555 [営]11時~23時 土日祝日~20時(LO閉店30分前) [休]年末年始 全57席 禁煙(ただし平日は18時より喫煙可)/カード不可/予約不可/サなし [交]JR東京駅八重洲南口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3517-8555
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
関連記事
炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt