MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
つるかめ食堂は新宿歌舞伎町でおふくろの味を守り続けること60年!(和食/新宿歌舞伎町)

つるかめ食堂は新宿歌舞伎町でおふくろの味を守り続けること60年!(和食/新宿歌舞伎町)

「つるかめ食堂」は繁華街のド真ん中に店を構えて60年。歌舞伎町で働く人はもとより、映画や観劇、買い物に訪れれたのべ100万人以上(小誌推定)の人々の胃袋を満足させ続ける、知らなきゃもぐりとまで言われる名物食堂だ。※ランチタイム有

歌舞伎町 つるかめ食堂(最寄駅:新宿駅)

毎日食べても飽きない味わい。肉に魚に、煮物も焼き物も揚げ物もと豊富なメニュー。そしてボリューム。これぞ、歌舞伎町で堪能すべき日本の定食。なによりホッとするこの空間も◎だ。

豚肉味噌焼定食
850円

女将曰く「味噌ラーメンのような味付け」の豚肉は、ひと切れあれば、ご飯を一膳かき込めそうな、まさにゴハンのベストフレンドテイストなり

肉天(単品)
550円

ドーンと盛られた豚肉の天ぷらの上に大根、キュウリ、ニンジンの千切り。コッテリしつつサッパリもしている絶妙の逸品

歌舞伎町 つるかめ食堂

東京都新宿区歌舞伎町1-15-8 白木ビル1F ☎03-3200-2846 [営]11時半~23時半(23時LO) [休]第1・3水、盆・正月 [席]テーブル4席×3 2×5席 6席(入れ込み)×1 計28席 全席禁煙/予約可/カード不可/サ、お通しなし [交]JR他新宿駅東口から徒歩4分

電話番号 03-3200-2846
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt