MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋エリア限定グルメ情報(3) 土用の丑。通常より1.6倍の大サイズの鰻に驚愕!

名古屋エリア限定グルメ情報(3) 土用の丑。通常より1.6倍の大サイズの鰻に驚愕!

 2016年の土用丑の日、ひつまぶし激戦区にオープンしたのが『ひつまぶし う家 名駅店』。しかも、明治や大正から続く老舗ではなく、新規参入。それゆえに有名店との差別化が必要だった。そこで山本英稔社長が目を付けたのが、大サイズの鰻だった……。

土用の丑。通常より1.6倍の大サイズの鰻に驚愕! /名古屋エリア限定グルメ情報(3)

 2017年の土用丑の日は、7月25日(火)と8月6日(日)の2日間。と、いうことで、またまた鰻ネタを。食傷気味かもしれないが、私としては名古屋の鰻の美味しさを伝えずにはいられないのだ。
 ビジネスや観光で県外から大勢の人が訪れる名古屋駅界隈には、多くの有名鰻店が出店している。どの店も「ひつまぶし」を求める客が行列を作っている。週末ともなれば、1時間以上待つこともざらだ。
 2016年の土用丑の日(7月30日)、そんなひつまぶし激戦区にオープンしたのが『ひつまぶし う家 名駅店』。しかも、明治や大正から続く老舗ではなく、新規参入。それゆえに有名店との差別化が必要だった。そこで山本英稔社長が目を付けたのが、大サイズの鰻だった。

「オープンするにあたって、全国の養鰻場を訪ねました。そこで通常の1.6倍の大サイズの鰻を見つけたんです。1年を通してこれを提供できないかと考えました。だから、あえて産地を限定せず、時季ごとに全国の養鰻場から厳選した鰻を仕入れています」(山本社長)とか。

 看板メニューは、大サイズの鰻2/3尾を使った「大ひつまぶし」(3410円)。初めてこれを見たとき、鰻のあまりの大きさに驚愕した。ここまで肉厚の鰻は焼くとかたくなるのでは?とも思った。
 が、実際に食べてみて、それは杞憂に終わった。身はしっかりと脂がのっていて、フワフワの食感。皮のパリパリ感とのコントラストがすばらしい。鰻のポテンシャルをさらに高めているのがタレ。甘すぎず、辛すぎず、バランスが秀逸。研究を重ねたことが伝わってくる。鰻について一家言ある方もきっと満足するだろう。

『う家』にとって、今年の土用丑の日は、老舗や有名店が建ち並ぶなか、新規参入して1年間やってきた結果が出る日でもある。そこで山本社長は、次の一手を打った。新メニューを投入したのだ。

 それが1日限定5食の「金シャチうな丼」(4500円)。大サイズの鰻を一尾分、それも蒲焼きと白焼きが2切れずつ、どーんとのっている。丼のてっぺんには肝焼きが鎮座し、丼全体に豪華絢爛な金粉がふりかけられている。うん、実に名古屋らしい(笑)。
 ちなみにご飯は700gもあり、通常のうな丼のように丼を片手にご飯を掻き込むのは不可能(笑)。取り皿が付いてくるので、鰻やご飯を取り分けて食べるのが賢明だ。吸い物と香の物のほか、味が単調にならないように、薬味のワサビとショウガ、ネギも付く。これも嬉しい配慮だ。

 鰻屋に限らず、老舗には味と伝統を守り続けるという努力が必要だ。が、世の中にはそれを怠り、看板だけで商売している店がいかに多いことか。伝統や格式に縛られず、愚直に味を追求する店が私は好きだ。

■『ひつまぶし う家 名駅店』
[住所]愛知県名古屋市中村区名駅4-4-16 かに家ビル1階 [TEL]052-581-1111 [営業時間]11時半〜15時(14時L.O.)、17時〜21時半(20時45分L.O.)土、日、祝は11時〜21時半(20時45分L.O.) [休日]年中無休 [アクセス]JR東海道本線ほか名古屋駅桜通口から徒歩5分

永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。 それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった……。 そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。 それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt