MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
雷庵(ライアン)|落ち着いた空間で、ゆったり目と舌を楽しませる(そば/渋谷)

雷庵(ライアン)|落ち着いた空間で、ゆったり目と舌を楽しませる(そば/渋谷)

渋谷でも落ち着いた趣を見せる旧美竹町の一角。大きな窓、ゆったりした空間、広いカウンターで落ち着いて和食を楽しめるのが『雷庵(ライアン)』だ。※ランチタイム有

雷庵|ライアン(最寄駅:渋谷駅)

アラカルトも魅力で用途に合わせられるが、緩急に富む6000円のコース「美竹」が充実している。先付けから、お造り三種、八寸五種、中皿、焼き物、せいろ蕎麦、最後の甘味まで続く料理は、多彩で目も舌も楽しませてくれる。大皿に並ぶ八寸五種に箸を遊ばせるのも楽しみだし、こちらのウリのひとつである、少し粗挽きの手打ちの蕎麦に粋を感じるのもいい。まぜ蕎麦や天せいろなどさまざまに変更も可能だ。

「美竹」
6000円

【お造り三種】

北海道の水ダコ、鹿児島の生本マグロとイサキ。今日のお刺身三種が並ぶ。塩とすだち、お醤油で

【八寸五種】青豆とかぼちゃ・湯葉の和え物、金時草ニシン旨煮ほか

ほかに、活きツブ貝の酢の物、とうもろこしと桜海老のパラパラ揚げ。目にも楽しい八寸だ

【焼き物】妻有ポーク

脂の融点が低いという新潟の妻有ポーク。しっとりして、口の中で脂の旨みが溶けていく

【蕎麦】せいろ蕎麦

北海道と栃木の蕎麦粉を使った二八のやや粗挽き。濃すぎないつゆで蕎麦の風味が生きる

シャンパーニュから自然派のワイン、各地の日本酒までお酒が充実。的確にすすめてくれる

オプション(+900円)で付けられる「高島オイスターの生牡蠣」も人気。本日は富山の岩ガキと岩手の真ガキ

雷庵|ライアン

東京都渋谷区渋谷1-4-13 渋谷董友ビル1F ☎03-5778-3379 [営]11時半〜15時(14時LO)、17時半〜23時(フード22時LO、ドリンク22時半LO) [休]無休 [席]カウンター28席、テーブル19席、個室12席 計59席/禁煙(喫煙ルームあり)/予約可/カード可/サなし [交]JR渋谷駅東口から徒歩6分、地下鉄副都心線13番出口から徒歩2分

電話番号 03-5778-3379
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
端正な姿と瑞々しさが特徴の蕎麦は、低速の特製石臼で毎日挽いて手打ちされたもの。日本一の蕎麦の里として知られる北海道・幌加内産玄蕎麦を雪室で鮮度を保ちつつ熟成させた蕎麦を使用している。
蕎麦は独学。店主の三本菅さんが試行錯誤で追求し、製粉所の社長から粉の挽き方を教わるなどして自分の理想とする味を完成させた。
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt