MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】KOU (居酒屋/池袋)|腕利きの料理人が作るつまみがウマい

【閉店】KOU (居酒屋/池袋)|腕利きの料理人が作るつまみがウマい

池袋駅から離れた住宅街にひっそりと佇むカウンター7席のみのKOU。アトランタの日本総領事館でも腕をふるった経験を持つ、腕利きの料理人、店主・三村さんが作るのは、見た目も味も洗練された正統派の和食。

※閉店※KOU(最寄駅:池袋駅)

それをなんと324円〜という手頃な価格で楽しめるのだ。その時々でラインナップを変える日本酒は常時7〜8種と、数こそ少ないものの、料理を引き立たせる厳選したものを置いている。ウマい肴に酒が進むこと間違いなし!

合鴨のロース煮
432円

表面を炙ってから煮汁で蒸し煮にすることでしっとりと仕上げている。

焼き鱧寿司
432円

骨でダシをとったタレがハモの繊細な風味を引き立てる。

蛸と大根の炊き合わせ・振り柚子
486円

じっくり煮込んだタコは柔らかな口当たり。大根は白醤油で炊いており、上品な味わいだ

白露垂珠 熟成古酒
825円

屋守 純米無調整生
825円

日本酒は常時7〜8種ほど揃う

琥泉純米無濾過生酒原酒
825円

※閉店※KOU

東京都豊島区池袋4-4-5 ☎080-3023-6298 [営]18時~23時頃 [休]不定休 [席]カウンター7席 計7席/禁煙席なし/カード不可/予約可/サなし、お通し代324円別 [交]JR山手線ほか池袋駅北口から徒歩10分

電話番号 080-3023-6298
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt