MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】KOU (居酒屋/池袋)|腕利きの料理人が作るつまみがウマい

【閉店】KOU (居酒屋/池袋)|腕利きの料理人が作るつまみがウマい

池袋駅から離れた住宅街にひっそりと佇むカウンター7席のみのKOU。アトランタの日本総領事館でも腕をふるった経験を持つ、腕利きの料理人、店主・三村さんが作るのは、見た目も味も洗練された正統派の和食。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】KOU (居酒屋/池袋)|腕利きの料理人が作るつまみがウマいの画像をチェック! navigate_next

※閉店※KOU(最寄駅:池袋駅)

それをなんと324円〜という手頃な価格で楽しめるのだ。その時々でラインナップを変える日本酒は常時7〜8種と、数こそ少ないものの、料理を引き立たせる厳選したものを置いている。ウマい肴に酒が進むこと間違いなし!

合鴨のロース煮
432円

表面を炙ってから煮汁で蒸し煮にすることでしっとりと仕上げている。

焼き鱧寿司
432円

骨でダシをとったタレがハモの繊細な風味を引き立てる。

蛸と大根の炊き合わせ・振り柚子
486円

じっくり煮込んだタコは柔らかな口当たり。大根は白醤油で炊いており、上品な味わいだ

白露垂珠 熟成古酒
825円

屋守 純米無調整生
825円

日本酒は常時7〜8種ほど揃う

琥泉純米無濾過生酒原酒
825円

※閉店※KOU

東京都豊島区池袋4-4-5 ☎080-3023-6298 [営]18時~23時頃 [休]不定休 [席]カウンター7席 計7席/禁煙席なし/カード不可/予約可/サなし、お通し代324円別 [交]JR山手線ほか池袋駅北口から徒歩10分

電話番号 080-3023-6298
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
えびせんべい「ゆかり」でおなじみの老舗『坂角総本舖』が、名古屋・栄の商業施設『ラシック』でイベントを実施。エビをふんだんに使ったカレーやパン、プリンが食べられます。そんなエビグルメを実食レポート!!
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
毎日ごはんを作るのがダルい、なんとかして手間なくおいしいものを食べられないか……そんな悩みに答えてくれるのがレシピ本。料理苦手&嫌いのライターが、今人気の料理コラムニスト・山本ゆりさんのレシピ本を使って実際に調理。悩みを解消できるか試してみました。
国民食として長く愛されている「カレーライス」。ここ数年は「スパイスカレー」が台頭し、ますます多様化。そんなカレーの最新店から初登場の老舗までご紹介。さらには、「キーマカレー」に、専門店以外のカレーも登場。スパイスの香りに誘われるが如く、ご覧ください。ほか、最旬インド&ネパール料理に、おとなのコーヒー特集もあります!
厳選された素材と丁寧な焙煎から生まれる健康茶は、お取り寄せも充実。クセがあり飲みにくい? いえ、大丈夫。スタッフが実際に試し、美味しかったものだけをご紹介します
get_app
ダウンロードする
キャンセル