MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】三六・別邸(もつ鍋/赤坂見附)|アゴダシベースの「もつ鍋」醤油味は旨みが口中で爆発

【閉店】三六・別邸(もつ鍋/赤坂見附)|アゴダシベースの「もつ鍋」醤油味は旨みが口中で爆発

白・黒・赤(55)の3種類のホッピーを飲み比べられるのがうれしい!ホッピー誕生の地である赤坂で、白・黒・55の3種の美味しいホッピーを飲ませてくれるのは、2016年2月にオープンした『三六・別邸』。「プロが作る家庭料理」をコンセプトに、手間暇かけたホッとする味わいと温かな接客が魅力の店だ。 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】三六・別邸(もつ鍋/赤坂見附)|アゴダシベースの「もつ鍋」醤油味は旨みが口中で爆発の画像をチェック! navigate_next

【閉店】もつ焼き 煮込み もつ鍋 三六・別邸(最寄駅:赤坂見附駅)

近くに立ち飲みの赤坂店があり連日賑わうが、この別邸は古民家を改装して造られた落ち着いた佇まい。メニューは月替わりのほか、各店舗独自のものもあり、別邸ではいなりなどを供する。

シャリキン70mlで割るからホッピーが美味しく飲める!

キンミヤをシャーベット状にした“シャリキン”を使用する“一凍二冷”で提供。ホッピーが推奨する飲み方は、一気に注ぎ泡を立て、かき混ぜないこと。氷を入れないことで風味が損なわれず、かき混ぜないので雑味も出ないため、ホッピーそのものの味を楽しめる。

白・黒ホッピー
各540円

55ホッピー
648円

蒸し板わさ
486円

イカと白身魚の豊かな食感が楽しめる「蒸し板わさ」は、アツアツを頬張りたい

温かいポテトサラダ
497円

ジャガイモと自家製ベーコンだけのシンプルなポテサラは、イモの甘みと薫香が絶妙。

上たん刺し
626円

旨みたっぷりの「上たん刺し」はとても柔らかく、ずっと噛みしめ続けていたいほど

どて煮込み
745円

看板メニューで一番人気の「どて煮込み」。八丁味噌が決め手の汁は、継ぎ足しで作られるコクがヤミツキになる逸品

もつ鍋(しょうゆ/2人前)
3013円

プリップリの小腸とキャベツなどの野菜がたっぷり入った鍋。アゴダシベースの醤油味は旨みが口中で爆発

もつ焼き 煮込み もつ鍋 三六・別邸

東京都港区赤坂3-7-9 ☎03-6441-3690 [営]11時半~13時半LO、17時~22時45分LO、土・祝17時~22時45分LO [休]日、不定休 [席]1階:カウンター4席、2名×1卓、4名×2卓 2階:2名×1卓、4名×5卓計36席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]地下鉄銀座線など赤坂見附駅10番出口から徒歩4分

電話番号 03-6441-3690
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
ニンニクと唐辛子が利いた醤油味のスープに、山盛りのキャベツとニラ。博多もつ鍋の原点ともいえるストレートな美味しさが幅広い年代に人気だ。
京もつ鍋 亀八はまるごとにっぽん4Fレストラン街の三ツ星店。冬場は予約でいつも満席という京都の人気店が東京に進出。京もつ鍋 亀[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩1分
豚肩ロースは、低温調理で手間をかけて作られているのでとても柔らか。オーダー後に表面をカリッと焼き上げ、熱々の鉄板で出される様には心が躍るはず。※ランチタイム有
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル