MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ばん(もつ焼き/五反田)|「サワー」を命名した伝説の店がルーツ丁寧なもつ焼きの味わいも引き継いだ人気店

ばん(もつ焼き/五反田)|「サワー」を命名した伝説の店がルーツ丁寧なもつ焼きの味わいも引き継いだ人気店

ばんは昭和33年、中目黒で創業。当時「チュウタン」と呼ばれていた焼酎と炭酸で割ったドリンクを、「サワー」と名付けて売り出し、人気を博した伝説を持つ店だ。

もつやき ばん(最寄駅:五反田駅)

平成17年、中目黒駅前の再開発のため閉店。先代の思いを引き継いでオープンした五反田店は、今年10周年。平成26年には中目黒店を復活させた。自分たちで芝浦へ直接足を運んでいるので、朝挽きの新鮮なモツが低価格でいただける。その際、一頭買いをするため、18種以上の希少な部位が食べられるのも自慢だ。

レバカツ
302円

名物「レバカツ」のレバーは、なめらかな舌触りで臭みが一切なく、ザブンとくぐらせたウスターソースの風味にサワーが進む。

激辛とんび豆腐
486円

「激辛とんび豆腐」はトロトロになるまで煮込まれた豚尾と、味わいがしみ出た刺激的なスープがヤミツキになる

ハイッピー
410円(セット)

炭酸、中身、レモン
324円、 216円、 108円

もつ焼き盛り合わせ
540円

鮮度の良さが自慢のもつ焼き。左からきくあぶら、おっぱい、しろ、レバー、なんこつ。なんこつは、先代から受け継いだ、骨を叩くという手間暇かけた仕込みで、独特の食感が楽しめる

もつやき ばん

■『もつ焼き ばん』
[住所]東京都品川区東五反田1-12-9 イルヴィアーレ五反田ビル1階 
[TEL]03-3473-8080 
[営業時間]17時~翌4時(3時半LO)、土曜日・祝日:16時半~翌4時(3時半LO)
[休日]なし
[座席]カウンター20席、4名×6卓 計44席/禁煙席なし/カード不可/予約は18時半までは可/サなし 
[アクセス]都営浅草線など五反田駅 A5出口から徒歩1分

電話番号 03-3473-8080
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
路地裏の名店とは、まさにこの店のこと。『ホルモン焼 柳』は超新鮮な国産ホルモンをウリに、20年間営業を続けてきた。
精肉店で10年働いた経験を持つ店主が厳選するホルモンを、多彩な料理で提供。良いもののみを仕入れるため欠品もあるが、本当に旨いものが並ぶ。
[もつやき ばん]のグルメ記事と写真のページ。レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。[交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分
[焼肉ホルモン龍の巣]のグルメ記事と写真のページ。肉屋直営の強みを生かし、全国から仕入れたホルモンをすぐさま店舗へ直送。丁寧に下処理した鮮度抜群のホルモンをリーズナブルな価格で提供する。[交通アクセス]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分
[炭火家 おだづもっこ]のグルメ記事と写真のページ。気仙沼出身の店主が切り盛りする居酒屋。炭火でふっくら焼き上げた串焼きをはじめ、メニューが充実。[交通アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩5分
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt