SNSで最新情報をチェック

焼きとんを楽しむうえで、安く手軽なチェーン店もまた選択肢のひとつ。ここでは関東で人気の焼きとんチェーン3つを徹底比較。調査の結果、それぞれの色が見えてきました。

画像ギャラリー

『四文屋』

これぞ焼きとんチェーン!串も冷製も豚モツが豊富

メニューの大半を豚モツ関連が占め、小袋、アゴ、ハツモト、チレといった希少部位の焼きとんも提供

豚モツを湯引きした冷製メニューも多種揃えるが、焼きとん含め人気の部位は早々に品切れも。早めの入店がおすすめ。
1人3杯までの25度金宮製の梅割焼酎(350円)もあり。

[種類]カシラ、ハツモト、タンスジなど15部位。タレ、塩。焼きとり串も4種あり
[価格]1本100円
[煮込み]もつ煮込み(350円 モツのみ、味噌味)煮込ライス(300円)煮込豚足(250円)(半)も
[ドリンク]生ビール中(500円)、レモンサワー(350円)など約35種類
[席料]100円
[店舗数]全国に32店舗。ほかに別店名のチェーン店あり

『紅とん』

お酒も料理も多彩!串の味付けにも個性あり

塩・タレ以外にみそモツ焼き(500円 3本セット)や、ねぎまみれ(240円)といった味変的な品もある焼きとんを中心に、焼鳥も9種、炒め物、揚げ物にご飯物など料理が多彩

アルコールの品数も圧倒的に多いが、特筆すべきは、ホッピーを頼むと、卓上にボトルの焼酎が置かれ、最後に計量精算する“呑ませる”システム

[種類]かしら・ハツ・なんこつなど10部位。タレ・塩以外に、ねぎまみれ・みそモツ焼きあり
[価格]1本150円~
[煮込み]もつ煮込み(380円 モツのみ、濃厚味噌味)赤辛もつ煮込み(420円)もあり
[ドリンク]生ビール中(465円)、烏龍ハイ(350円)など約80種類。本格焼酎ボトルあり[席料]なし
[店舗数]日本橋本店、戸越銀座店など都内全29軒
 
 

次のページ
『かぶら屋』...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...