MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
クジラ赤肉をはじめ珠玉のにぎりをご堪能あれ(寿司/銀座)※閉店

クジラ赤肉をはじめ珠玉のにぎりをご堪能あれ(寿司/銀座)※閉店

「銀座一葉」経営母体は築地の仲卸。競りにかけられる前のものを入手できるので、食材のよさには絶対の自信を持つ。なかでも自慢のネタは、国内市場の約7割を取り扱うというクジラだ。[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B3出口から徒歩3分 ※ランチタイム有 

おまかせにぎり鮨1900円

カマスは皮目をサッと炙った焼霜造り。取材時のクジラはミンククジラを使用。にぎり、ちらしともにネタは仕入れにより異なる

銀座一葉
銀座

ランチの「おまかせにぎり鮨」(1900円)はにぎり7貫と巻き物、小鉢、お椀が付く。ツヤツヤ輝く「クジラ赤肉」のにぎりを食べると、ほどよくのった脂とともに、スッキリとした旨みの余韻が残る。この他、コリコリした食感が小気味いい赤貝、芳醇な旨みのウニなど、上質で姿形も美しいにぎりに大満足。 「重ね ばらちらし」(1000円)は、玉子やトビコ、かんぴょうをのせた一段目の上にシャリを重ね、マグロや車エビ、コハダ、カマス、スミイカ、赤貝、イクラなどの魚介を散りばめた技アリの一品。食べ進むうちに、色々な味が楽しめる。

重ね ばらちらし
1000円

限定10食で売り切れ御免

カワハギ
1200円

カワハギの昆布〆に肝をのせている。カワハギなど繊細な味のものは赤酢が薄めのもの、大トロなど脂が強いネタは赤酢が強めのものと、2種類のシャリを使い分ける。

銀座一葉
銀座

東京都中央区銀座5-5-11 塚本不動産ビル5階 ☎03-6274-6706 [営]11時半~14時、17時~22時(21時LO) [休]日・祝 [席]カウンター7席、テーブル2席×1卓、4席×4卓、座敷10席 計35席/全席禁煙(喫煙スペース有)/カード可/予約可/サなし、夜のみ4~5点盛の前菜1000円別 [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B3出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6274-6706
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
三崎のマグロ問屋直営ならではの逸品が、天然物のインドマグロを使った握り「まぐろ三昧」。赤身、中トロ、大トロ、炙り、ネギトロと、まさに三昧。
開業は約35年前というが、『貴乃』の屋号は約10年前から。浅草の前は銀座の名店で修業をした店主が握る寿司は、しっかりと仕事がされた江戸前だ。
料理はつまみと握りを織り交ぜたコースのみ。これが実に楽しい。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
222views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt