MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
東京都内のホットケーキが自慢の喫茶店-グルメ雑誌が選んだ6選

東京都内のホットケーキが自慢の喫茶店-グルメ雑誌が選んだ6選

東京都内でホットケーキが自慢の喫茶店をグルメライターが食べ歩いて見つけた!喫茶店のホットケーキが再び脚光を浴びている(パンケーキ、ホットケーキともに、小麦粉、卵、水が材料だが、ホットケーキには砂糖も入っていること、厚みがあることがパンケーキとの違い)。

はじめに

銅板に流し込んで時間をかけて焼く、厚みのあるホットケーキはなかなか自宅で作ることができません。昔はどこの喫茶店でもメニューにあったホットケーキですが、作り置きができず、焼くのに20分前後かかるため冷凍食品に変わったり、メニューから消えたりと少なくなりました。そんな現代でも、オーダーを受けてから時間をかけて作る基本のスタイルを守っている東京都内のホットケーキの名店をご紹介します。

作り手に嫌われてしまった悲劇のおやつ

 
ホットケーキは家庭でも作れるおやつだが、喫茶店のホットケーキは、厚みといい、香ばしさといい、素人が真似して作れるものではない。

だからこそスペシャル感があり、わざわざ食べに行く価値があるのだ。

ただ、 昔はどこの喫茶店のメニューにも存在していたが、今はメニューから消えているところも多い。何しろホットケーキは “鮮度”が命。ほかのケーキのように、“作りおき”ができないのだ。旨いものを提供しようとしたら、焼きたてを出すしかない。

そのうえ短時間では作れないクセもの。弱火でジワジワと根気良く火を通すしかなく、非常に時間がかかる。とくに厚みのあるものなど、焼き上がりまで20 分要することもあるため、あまりの効率の悪さに冷凍食品に切り替える喫茶店や提供をやめてしまう喫茶店が増えていった。

あれだけ身近だったホットケーキは、いつしか遠い存在になっていく。
 
ここで紹介するのは、その手間があっても、オーダーを受けてから作り始めるというスタイルを崩さない4 店舗だ。

なぜなら、店主や店のスタッフが、「ホットケーキが好き!」で、「だったらいちばん美味しいものを、お客様に食べてもらいたい」という熱い思いを抱いているからにほかならない。
 
スイーツというより“昭和のおやつ”という言葉がぴったりなホットケーキを食べに、ぜひ足を運んでほしい。

ニットのホットケーキ(錦糸町)

“溶ける途中で落ちないように”、とバターを爪楊枝でとめた「ニット」のホットケーキは、純喫茶好きの間では有名だ。創業51年目。週末には家族連れの姿も目につく。 平成生まれの子どもたちにも受け継がれている、まさに昭和の味だ。

写真:高さ8cmほどあるが、大判焼きの皮をふっくらさせたような軽い食べ心地で、実に美味しい! ドリンク付き

写真:ニットの店内

ニット

創業51年になる純喫茶はレトロな外観に惹かれて店内に入ると思った以上に広く、落ち着く明るさの照明、革張りのソファが何時間でもいられそうなくつろぎの空間を作り出しています。看板メニューのホットケーキは銅板に生地を流し込み20分ほどかけて焼いたら完成。外はパリッ、中はふわもち、大判焼きにも似たほのかに甘いホットケーキに、バターとシロップをかけていただきます。2枚で高さ8cmほどもあるのにぺろりと食べられるから不思議です。

[住所]東京都墨田区江東橋4-26-12 小澤ビル1階
[電話番号]03-3631-3884
[営業時間]月〜土8時~20時、日・祝8時〜18時
[休日]指定の日・祝
[アクセス]JR総武線ほか錦糸町駅から徒歩約4分

珈琲家のホットケーキ(東上野店)

茅場町の純喫茶「珈琲家」で修業後、暖簾わけしてできたのがここ。店主自身が大のホットケーキ好きで、研究に研究を重ねてたどりついた究極の味だ。

写真:ホットケーキの香りを際立たせるから、とシロップはザラメを溶いたもの、マーガリンは塩気の強いものを使っている

写真:珈琲家 東上野店の店内

珈琲家 東上野店

茅場町の珈琲屋で修業したのち、暖簾わけしてできたこちらのお店は、ホットケーキ大好きな店主がこだわりぬいて完成させた究極の味です。オーダーを受けてから焼くので少し時間がかかりますが、サクふわな触感がクセになるホットケーキです。シロップは、ホットケーキの味を際立たせるとのことでザラメを溶いたものを、マーガリンは塩気の強いものを使用。1枚ずつ注文できてリーズナブルなので小腹がすいたときにもおすすめですよ。

[住所]東京都台東区東上野2-10-2
[電話番号]03-3836-4860
[営業時間]8時~19時
[休日]土・日・祝
[アクセス]JR山手線御徒町駅から徒歩約5分

オンリーのホットケーキ(南千住)

昭和45年頃オープン。粉の配合もシロップの配合も店オリジナル。「甘いものを食べ続けると口がもたれるでしょ?」と、数年前からサラダが付くようになった。

写真:ナイフを入れると、“ムチッ!”とした手ごたえを感じるくらい、弾力ある焼き上がり。そのため、男性の満足度も高い

写真:オンリーの店内

オンリー

昭和45年にオープンした老舗では、粉の配合もシロップの配合もお店オリジナルのものなので、ここでしか味わえない至極のホットケーキが堪能できるんです。厚みのあるホットケーキはナイフを入れると手ごたえを感じるほどのもっちり弾力のある焼きあがりでボリュームたっぷり。甘いものを食べると口がもたれるからと数年前からお口直しのサラダもついてくるように。淹れたての珈琲と一緒に頬張りたいホットケーキで男性にも人気です。

[住所]東京都荒川区南千住5-21-8
[電話番号]03-3807-5955
[営業時間]9時~19時
[休日]日
[アクセス]JR常磐線ほか南千住駅から徒歩約5分

はまの屋パーラーのホットケーキ(有楽町)

昭和41年にオープン。ここの厚焼き玉子をはさんだサンドゥイッチは、知る人も多いだろう。しかし先代の高齢化により、 平成23年に閉店。その味を惜しむ声があまりにも多く、リ ニューアルオープンした。ホットケーキは、新たに加わったメニューだが、昭和レトロな店内(なんと球体の星占いマシンもある)でいただく味は、このうえなく懐かしいものだ。

写真:秋限定の予定だったが、人気のあまり継続メニューに。生地にもラムレーズンを練りこんであるため、かなりの大人味だ

写真:はまの屋パーラー

はまの屋パーラー

昭和41年にオープン、厚焼き玉子のサンドウィッチが人気だったお店は先代が高齢になり平成23年に一度閉店したものの、その味を惜しむ声が多くリニューアルオープンとなりました。新しく加わったホットケーキは、薄めの生地でワッフルにも似た感じの香りのよい焼き上がり。さらに、季節限定の予定が好評すぎて継続となった「自家製ラムレーズンのホットケーキ」は生地にもレーズンが練り込まれ、上にアイスがトッピングされた大人気メニューです。

[住所]東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1F
[電話番号]03-3212-7447
[営業時間]月〜土9時~18時、日10時~17時
[休日]祝・年末年始
[アクセス]JR有楽町駅から徒歩約1分

喫茶店 ペドラブランカのホットケーキ(戸越)

戸越にある喫茶店 ペドラブランカのホットケーキは厚さ3、4㎝の2段重ねとは何とも幸せ!20分かけて焼く生地は卵の味が濃く、表面はサクッ、中はしっとり。とろけるバターの塩味がもうこれ以上ないぐらいのバランスで寄り添って、その完成度に思わず拍手喝采なのだ。こだわりは国産小麦粉など食材を吟味し、卵をたっぷり使うこと。基本の大切さが伝わる感動の味を、自家焙煎コーヒーと共に頬張って。

写真:注文を受けてからメレンゲを加えてふっくら焼く。とろけたバターの風味も最高。厚い生地は密度も濃くしっとり

写真:喫茶店ぺドラブランカの店内

喫茶店 ペドラブランカ

うっかり通り過ぎてしまいそうな、一見喫茶店とはわからない佇まいのお店の店内はブラウンの家具を基調としたあたたかみのある雰囲気です。ホットケーキは国産の小麦粉などを使用しておりメレンゲを加えてふっくらと、20分かけてじっくりと焼きます。表面はさくっとしていて、中はしっとり、卵の味がしっかりと感じられます。シロップは使わずにバターのみでいただくホットケーキは完成度の高さに思わずうなってしまうほど。

[住所]東京都品川区戸越2-8-18
[電話番号]03-6426-6912
[営業時間]11時~18時(17時LO)※ランチタイム有 
[休日]月・火
[席]カウンター7席、テーブル20席 計27席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]都営浅草線戸越駅A2出口から徒歩8分、東急大井町線戸越公園駅北口から徒歩10分

ミモザのホットケーキ(浅草)

路地裏の魅力たっぷり、おとなの週末「浅草 観音堂裏」特集掲載店。注文後に銅板で焼き上げるホットケーキ5枚を、ドーンと重ねた「ミモザ」の名物メニュー「ビッグホットケーキ」。

写真:注文後に銅板で焼き上げるホットケーキは表面はさっくり、中はふんわりと優しい口どけ。厳選豆を備長炭で煎って淹れるドリップコーヒー(450円~)と供にいただこう。

写真:ミモザの外観

ミモザ

若者から年配の方まで幅広い客層が集う明るい雰囲気の店内。こちらの名物となっている「ビッグホットケーキ」は注文後に銅板で焼き上げるので表面はさくっとしているのに中はふんわりと優しい口どけ感が味わえる自慢の味。五重塔のように重ねられた大小5枚のホットケーキの頂上には幻のバターとも称されるカルピスバターがのっています。カルピスを30本製造する過程で450gしかとれないという高価なバターなのでこちらも楽しみの1つですね。

[住所]東京都台東区浅草4-38-6
[電話番号]03-3874-2933
[営業時間]8時~17時
[休日]月 ※祝の場合、翌火休
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅から徒歩12分、東武鉄道・都営浅草線・東京メトロ銀座線 浅草駅から徒歩13分

おわりに

香ばしく甘い香り、ふんわりした柔らかさとほのかな甘さのホットケーキは食べるたびに懐かしく、私たちを優しい気持ちにさせてくれます。ちょっと疲れたとき、小腹がすいたとき、甘いものが食べたいとき、もちろんがっつり食べたいときでも構いません。ゆったり座れるソファに落ち着くBGM、コーヒーの香りとホットケーキ。些細なことのようで、実は毎日の忙しさで忘れていることをホットケーキと喫茶店は思い出させてくれそうです。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1098views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
20352views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
303views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt