MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「牛の傑作丼」旨い!安い!ボリューム大!三拍子そろった丼、東京都内、大集合!

「牛の傑作丼」旨い!安い!ボリューム大!三拍子そろった丼、東京都内、大集合!

焼肉丼、牛丼、ホルモン丼、 牛トロ丼。様々な調理法で牛の旨さを引き出し、豪快にご飯にのせる。それが安いと来れば、これらはもう感涙必至なのだ。覆面取材を繰り返し、選りすぐりの美味を堪能できる店を紹介する。

バラエティ豊かな「牛の丼」に感動日記 !?

1月○日
 
編集の武内さんから 「牛の丼」の調査の指令が。調べてみるといろんな丼が。これは食べ甲斐がありそうだッ!

1月○日  

仕事の隙を見ながら、 まずは通し営業の『M』(御徒町)へ。銘柄牛「十勝彩美牛カ ルビ丼(並)」950円を注文。 焼き色も美しい大きなカルビが8切れ。お肉はしっかりとした食感で美味しい。タレもすっきりとしており、ご飯とのマッチングも魅力的。

2月○日  

中目黒に住む友人から『びーふてい』はかなり混んでいるという情報を入手。勢い勇んで開店時間に行ったら、なんとランチは火・水・木のみ。

みなさまもお気をつけを!

2月○日

『びーふてい』のリベンジ。

売り切れ必至! 1日限定10食の人気丼を堪能

写真:黒毛和牛のカルビ丼(サラダ、味噌汁、漬物付き) 980円

開店直後からどんどん お客さんが入り、 11 時 40 分にはもう待ちの人がいる人気ぶり!
お肉はもちろん、サラダや漬物も美味しくぜひ取材したいと思う。

2月○日

この日は、『N』(銀座) へ。しっかりと味の染みた厚揚げ、こんにゃく、玉ねぎののる「牛めし」490円。 柔らかな肉が驚くほどたっぷり。 甘めの醤油タレで懐かしい味わい。量が多い理由を聞けば、丼を買い揃えるたびに器が大きくなり、それに伴い量も増えていったのだとか。「どーんと食べて行きなさい!」みたいな気持ちの良い店だ。

2月○日

「石焼牛すじ丼」 750円を食べに『R』(品川) へ。ぷるぷる柔らか、大ぶりな牛すじがたっぷりのったあつあつ石焼き丼は美味しかったが、 残念ながら取材拒否。しょんぼりとしていたらうっかりランチタイムを逃してしまい、夜まで腹ごなしを兼ねてぶらぶら時間を潰し、『H』(大井町)へ。「牛トロ丼」800円は〆とは思えないすごいボリューム。「牛ト ロ丼」がランチでも食べられる貴重なお店。

2月○日

11 時のオープン時間に合わせて『A』(新橋)へ。限定15食のワンコインランチ「宮崎牛のカルビ丼」が目的だ。8種類の定食のうち2種がその日の日替わりランチ。どれも人気のようで、なんとか「カルビ丼」 にありつけてラッキーだったが、 肉の筋が気になって食べにくいったらない。その後、同じ新橋にあるホルモンの名店『D』へ行くも、 12 時半の時点で「牛もつ煮丼」は売り切れで残念無念。

2月○日

『牛の力』(上野)へ行き「東京牛丼」630 円と「牛力丼(白)」 720円を覆面取材。

基本となる味だからこそ個性溢れるようにアレンジ

写真:牛力丼(白)750円

甘辛く味つけされたお肉は柔らかく美味のうえ「白」はバターの香りが醤油ダレと絡まって魅惑的。こんな牛丼があるんだと思わず感動してしまう。




2月○日

『なか指』(赤坂見附) では、おすすめという生卵 60 円をトッピング。

エサや水に薬品を一切使わない「有田牛」のホルモンを使用

写真:ホルモン丼 850円(生卵+60円)

味噌がふんわりと香るホルモンにコクとまろみが加わる。ご飯の大盛は無料なのでグラム数を尋ねると、2 5 0 gにもなるそうで今日はパス。 聞けばおよそ4割のお客さんが大盛を頼むそう。3回来店し、ポ イントが溜まると手作りデザートがいただけるんだとか。この日はパンナコッタで、隣の人がうれしそうに食 べているその笑顔が羨ましい。

2月○日

『あべちゃん』(麻布 十番)の「麻布ライス」は、甘辛い味噌で煮込まれた牛シロ(小 腸)のぷりんぷりん感が楽しめるガッツリ丼。

三代目が切り盛りするいつもにぎわう麻布十番の名店

写真:麻布ライス(お吸い物、小鉢付き) 780円

ご飯がなくなり次第売り切れで、早い日には 16 〜 17 時頃に終わってしまうこともあるそうだ。ホルモン丼を連食するが、奥深い魅力にハマりつつある。

2月○日

ちょうど近隣で仕事 があり、『Y』(護国寺)へ。実はここ、これまで土曜の昼に来たら「出張のため臨時休業」で、 平日の夜 22 時頃に来たら「今日はお客さんが少なかったから」と早仕舞いしていて、この日は3度目の正直。 無事やってました!
 
意気揚々と「黒毛和 牛+アメリ カンビーフカルビミックス丼」に珍しいのでチーズ200円をトッピング。 う〜む…脂っこくてくどいかも。

2月○日
 
夜に『和ビストロえんらく』(三鷹)へ。

わさび醤油で堪能する熱々ご飯でとけた牛肉の旨さ

写真:十勝牧場直送 極上 牛とろ飯 980円

農家直送という有機野菜が、肉ばかり食べている身体に染み渡り あまりの美 味しさに日本酒がつい進む。お待ちかねの 「十勝牧場直送極上牛とろ飯」 は見たことのない、プレート状のもの。聞くとコース(飲み放題 付き5000円〜)ではフレーク状のもので提供されるそう。




2月○日
『浅草今半』(浅草) へ。週末だったため、 11 時半前に行ったらすでに1時間待ち。

オーダーが入ってから作られる“特別感”たっぷりの豪華牛丼

写真:百年牛丼 1620円

他店の取材があるので待つのは断念。でも実は店頭で「百年牛丼弁当」1620円や「すき焼 弁当」2484円を注文すれば20 分ほどで持ち帰れるという裏技も。




これらの中から、「これは必食!」という丼を厳選して今回は紹介します!




このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
親しみやすくシンプルながら、店舗それぞれのこだわりが詰まった「親子丼」。東京都内の本当に美味しい親子丼を、グルメライターが厳選しました!一度は食べたい!そんなプロの技をとことん感じる6店舗をご紹介します!
50253views 東京都 丼特集
東京駅近をはじめ、都内にはたくさんのステーキ有名店がありますが、ここではグルメライターの実食レポをもとに、ホテル内レストランの高級丼から、ランチでしか食べられない安い&稀少なものまで、厳選した情報を、メニューの写真付きでお届けします!
57176views 東京都 丼特集
迫力&魅惑の「天丼」が食べられるお店を9件ご紹介!天ぷらの中でも天丼ってぇやつにはちょっとほかにはない魅力がある。しかも手のひらにズシリとくるような大迫力の丼ものならば気分上々!絶品ばかりを集めた、まさに「コレクション」をお届けします!
46283views 東京都 丼特集
この店でしか食べられないオリジナルの味。かつ丼フリークならずとも、一度足を運んでみてほしい。
11241views 東京都 丼特集
ご飯の上に覆いかぶさるローストビーフ丼。果たしてどうやって食べればよいのか? 『the 肉丼の店』の店長さんに聞いてみました。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt