MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
居酒屋日本シリーズ【福岡vs.広島】博多で呑む!

居酒屋日本シリーズ【福岡vs.広島】博多で呑む!

ご当地の味で一献傾ける!美味しい酒場は関東だけにあらず。全国に目を向ければ、各地に素晴らしいお店があります。なかでも、球界でも盛り上がっているアツいエリア、福岡と広島の絶品居酒屋を探してきました。まずは先攻、福岡・博多のお店から、プレイボール!

安くて旨いは当たり前 打率の高さを実感!

博多を訪れたのは、私、編集の戎誠輝。福岡空港から地下鉄でわずか6分、JR博多駅に到着した。
これだけ近いなら帰りもギリギリまで飲めるとほくそ笑む。そんな私を迎えたのが、福岡グルメに詳しいカメラマンの松隈直樹さん。

彼に連れられ、駅直結の『住吉酒販』へ。

名物イロハニ枡 札3枚 900円

初回から日本酒4種飲み比べの洗礼を受ける。つまみも美味しく酒が進むが、夜は長いので我慢。

博多駅は昨年4月に商業施設「KITTE」と「JRJPビル」がオープン。中洲、天神に次ぐショッピングエリアになったそう。
飲み屋が集合する「駅から二百歩横丁」は、お盆時期もあってか、どこも満席。それも納得。単価が安い。

安いといえば、今回の紹介店以外で驚いたのが『炉端・デ・ニーロ』。大盛りスパーリングワインと前菜盛り合わせ(2人前)でひとり1000円。
や、安い。ここも満席だった。次はココ! と鷹打線の如く店を猛打する松隈ツアー。宿に戻ったら丑三つ時だった。ウプッ。

翌日、うどん好きとして行っておかねばと、ひとり博多駅近くの宿から中洲を目指して歩く。といっても移動時間は約20分。

この街は移動しやすい。目指す店は『かろのうろん』。福岡で現存する最古のお店だそう。
注文した「ごぼ天うどん」は、澄んだダシと絡んだ博多特有の柔らかいうどんがつるっと入る。昆布ベースのダシを吸ったごぼ天の旨いこと旨いこと。安定感にホッとした。


松隈ツアーを再開。氏がイチオシの『橙』で昼から水炊きをいただき、満たされた状態で『二○加屋長介』でうどん〆。

博多 水炊き専門 橙

水炊き 1人前2800円

二◯加屋長介

もつしょうゆつけうどん 950円

急いで、博多空港へ向かう。空港では森伊蔵が一杯700円で飲めるのを見つけたが華麗にスルー。
もう胃と肝臓が限界です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1175views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21026views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt