SNSで最新情報をチェック

ご当地の味で一献傾ける!美味しい酒場は関東だけにあらず。全国に目を向ければ、各地に素晴らしいお店があります。なかでも、球界でも盛り上がっているアツいエリア、福岡と広島の絶品居酒屋を探してきました。まずは先攻、福岡・博多のお店から、プレイボール!

画像ギャラリー

安くて旨いは当たり前 打率の高さを実感!

博多を訪れたのは、私、編集の戎誠輝。福岡空港から地下鉄でわずか6分、JR博多駅に到着した。
これだけ近いなら帰りもギリギリまで飲めるとほくそ笑む。そんな私を迎えたのが、福岡グルメに詳しいカメラマンの松隈直樹さん。
彼に連れられ、駅直結の『住吉酒販』へ。

「九州の酒と食」をテーマに、九州の日本酒をはじめ、焼酎・ワイン・ビールやリキュールなどのお酒と厳選した食品を販売する。酒器や皿も揃えたお店の奥にあるのが、長テーブル。

初回から日本酒4種飲み比べの洗礼を受ける。つまみも美味しく酒が進むが、夜は長いので我慢。
博多駅は昨年4月に商業施設「KITTE」と「JRJPビル」がオープン。中洲、天神に次ぐショッピングエリアになったそう。
飲み屋が集合する「駅から二百歩横丁」は、お盆時期もあってか、どこも満席。それも納得。単価が安い。

安いといえば、今回の紹介店以外で驚いたのが『炉端・デ・ニーロ』。大盛りスパーリングワインと前菜盛り合わせ(2人前)でひとり1000円。
や、安い。ここも満席だった。次はココ! と鷹打線の如く店を猛打する松隈ツアー。宿に戻ったら丑三つ時だった。ウプッ。

翌日、うどん好きとして行っておかねばと、ひとり博多駅近くの宿から中洲を目指して歩く。といっても移動時間は約20分。
この街は移動しやすい。目指す店は『かろのうろん』。福岡で現存する最古のお店だそう。
注文した「ごぼ天うどん」は、澄んだダシと絡んだ博多特有の柔らかいうどんがつるっと入る。昆布ベースのダシを吸ったごぼ天の旨いこと旨いこと。安定感にホッとした。

松隈ツアーを再開。氏がイチオシの『橙』で昼から水炊きをいただき、満たされた状態で『二○加屋長介』でうどん〆。

博多 水炊き専門 橙

昼夜ともに予約がなかなかとれない人気店。福岡県近郊の新鮮な鶏をまるごと仕入れ、店舗で捌いて使用している。※ランチタイム有

二◯加屋長介

多くの客で賑わう人気うどん居酒屋。専門店よりも高いクオリティを誇るうどんは、博多と讃岐の中間をいく、つるもち麺。※ランチタイム有

急いで、博多空港へ向かう。空港では森伊蔵が一杯700円で飲めるのを見つけたが華麗にスルー。
もう胃と肝臓が限界です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...