MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
オヤジのコンビニ食ダイエット(10) ダイエット中に飲む酒を選ぶ! セブンイレブン「ザ・ブリュー」

オヤジのコンビニ食ダイエット(10) ダイエット中に飲む酒を選ぶ! セブンイレブン「ザ・ブリュー」

自分のように酒好きで、ほぼ毎日飲む人は「ダイエット中も酒を飲んで大丈夫なの?」という疑問が出てくる。が、結局は酒をやめるなんて絶対無理!という意志の弱い結論にいたる。じゃあ、どうやって酒を飲み続けながらダイエットするかってことだけど……。

オヤジは、ダイエット中に飲む酒を選ぶ! 第4のビール、セブンイレブン「ザ・ブリュー」

 自分のように酒好きで、ほぼ毎日飲む人は「ダイエット中も酒を飲んで大丈夫なの?」という疑問が出てくる。が、結局は酒をやめるなんて絶対無理!という意志の弱い結論にいたる。

 じゃあ、どうやって酒を飲み続けながらダイエットするかってことだけど、今は無糖とか糖質オフのアルコール飲料が種類豊富にあるから、まったく問題がない。
 その中から自分好みの味とかアルコール度数のものを選べばいいだけだ。

 自分もそうやって酒をやめることも、飲む量を減らすこともなく1年間で10キロ以上減量することができた。

 なかでもよく飲んでいたのがセブンイレブンとサントリーが共同開発した「ザ・ブリュー」の糖質オフタイプ。

 味わいのあるビールより、喉ごし重視の自分としてはテイストも問題がなく、毎日飲むものだから、缶コーヒーやお茶と変わらない価格も魅力的だった。




いつでもコンビニで買えてコスパよし! 糖質70%オフで食物繊維まで入っている

「ザ・ブリュー」はビールっぽいテイストだけど、いわゆる「第四のビール」とか「新ジャンル」と呼ばれるもので、酒税法的には発泡酒より税率が低い「リキュール(発泡性)」に分類される。

 税率が低いことに加え、製造コストもビールより安く、コンビニでも安く売りやすい商品というわけだ。

 なおかつ糖質70%オフで、ダイエットや脱メタボの味方である食物繊維も1缶(350ml)あたり5.3グラム含まれている。
 これは第5回で紹介した同じくセブンイレブンで販売されているレタス1個分の食物繊維が摂れるおにぎりに含まれる3グラムよりも多い数値だ。各メーカーのシェア争いが激しいジャンルだから、同様の商品はほかにもあるが、低価格かつコンビニで手軽に買えるという点で「ザ・ブリュー」はおすすめだ。

 むしろ酒のチョイスより気をつけたいのは“つまみ”のほうで、酒が低糖質だからと、脂質や炭水化物が多いつまみを選ばないように注意しよう!



セブンイレブン「ザ・ブリュー」
税込123円

キリッと喉ごしがよく、夏場はとくにおいしく感じるテイスト。
真のビール党にはおすすめできないが、そもそも製造工程も価格もまったく違うし、新ジャンルでは充分な味わい。

おにぎり1個に30グラム以上の糖質が含まれていることを考えると、いかに糖質が少ないかがわかる。
なおかつ、糖質の倍の食物繊維が含まれているのが素晴らしい。

セブンイレブン「炭酸水プラス」
税込108円

こちらは炭酸水に食物繊維をプラスしたもの。
ハイボールなど、ウイスキーやスピリッツのソーダ割りにはこちらがおすすめ!

いわゆるトクホ商品で「食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする」という表示がある。

炭水化物は「糖質+食物繊維」だけど、食物繊維が豊富な食品は限られているので、ほぼ糖質の量を指していることが多い。
しかし「炭酸水プラス」に含まれる炭水化物は、ほぼ食物繊維であることがわかる。





太田日向(おおたひなた)

食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功。太りにくい体にしようと、調子に乗って筋トレも開始。筋トレに効くコンビニ食も探している。


このグルメ記事のライター
太田日向@まとメシ

食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
6月からグングン気温が上がって、夏だ〜と感じる日が増えてきた!  そろそろコロナウイルスの感染予防に加え、こまめに水分補給をするなど、熱中症の対策も必要になる季節。加えてメタボ対策をするなら、水分補給には“無糖”の飲み物を選んでほしい! 今回は無糖飲料の中でも、健康志向の高まりから近年消費量を伸ばしている無糖炭酸に絞って注目の3品をセレクトした。
1070views 脱メタボ
ダイエット中も意識して摂取したいたんぱく質たっぷりの弁当がセブンイレブンから登場! しかもご飯には雑穀米を使っているので食物繊維もたっぷり! 食事制限で不足しがちなたんぱく質がしっかり摂れ、食物繊維によって糖の吸収を緩やかにしてくれる効果も期待できる、ダイエット中にもおすすめの弁当だ!
5933views 脱メタボ
この連載で何度も紹介してきた高たんぱく商品。 ダイエットや筋トレを頑張る人からのニーズが高まっていることもあり、コンビニで買えるものが続々と登場しているので、今回は高たんぱく商品から乳製品に絞って、3品をセレクトした。
4976views 脱メタボ
食後の糖の吸収を穏やかにしたり、便通を良くしたりとダイエットに良い効果がたくさんあるといわれる食物繊維。 セブンイレブンの「カラダへの想いこの手から」の対象商品には、野菜てんこ盛りで食物繊維たっぷりな商品があるので、今回は2品紹介します!
9957views 脱メタボ
JR東日本の駅を中心に出店し“駅のコンビニ”としておなじみのニューデイズ。 このニューデイズもほかの大手コンビニに負けないほど商品開発に力を入れ、健康志向やダイエットを意識した商品も増えている。そのなかでも私が最近よく買っている、オススメできそうなサンドイッチとおにぎりの2品を紹介します。
5348views 脱メタボ
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt