MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[五代目 花山うどん] うどん天下一決定戦、3連覇!(うどん/東銀座)

[五代目 花山うどん] うどん天下一決定戦、3連覇!(うどん/東銀座)

[五代目 花山うどん] のグルメ記事と写真のページ。数多あるご当地うどん史上、屈指の衝撃だ。10月9日にオープンしたこちらのうどんは、なんと幅が5㎝ある幅広麺。その名も「鬼ひも川」。 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》[五代目 花山うどん] うどん天下一決定戦、3連覇!(うどん/東銀座)の画像をチェック! navigate_next

五代目 花山うどん 銀座(最寄駅:東銀座駅)

讃岐、稲庭、伊勢、博多……
知名度を上げるご当地うどん。
次は、群馬の鬼ひも川がクル!


 館林市にある『花山うどん』の二代目が大正時代に考案し、五代目が復刻。厚みを薄くし、冷やしで食べられるようアレンジ。4年前に「うどん天下一決定戦」で日本一に輝いて以降、3連覇を成しとげた。 そんな「鬼ひも川」は、群馬県産の小麦「つるぴかり」を使用。甘みともちもちの食感が味わえる。ほかの素材も群馬県産を中心に国産のものを厳選。それらに合わせるダシは「鬼釜」がサバ・カツオ・昆布ベースの濃い目、「ぶっかけ」がカツオと昆布のサッパリ系と使い分ける。伝統の幅広麺を美味しく食べるため、こだわり抜いた五代目自信の一杯をぜひ。※ランチタイム有

鬼御膳
1350円

昼限定セット。鬼釜に小丼(3種類あり。写真は小天丼)がつく。まずはそのまま食べ、具材とダシ醤油を絡め、本わさび投入と、3つの食べ方を楽しめる

舞茸天のおろしぶっかけ
1200円

こぶし大の大きな舞茸は、群馬の契約農家から直送。新鮮で水分を多く含み、ジューシー。大根おろし、カツオもたっぷり入って食べ応え十分だ

鬼ボナーラ
1250円

夜限定メニュー。カルボナーラソースはカルピスバター仕立てで、口当たりがまろやか。幅のあるうどんに負けないよう、ベーコンは厚切りにしている

五代目 花山うどん 銀座

[住所]東京都中央区銀座3-14-13 [TEL]03-6264-7336 [営業時間]11時〜15時、17時〜23時(21時LO) [休日]土・日のディナー [交通アクセス]地下鉄浅草線など東銀座駅A5出口から徒歩1分

電話番号 03-6264-7336
2016年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
例えば伊吹島産イリコは、頭とはらわたをすべて除き、水出しでじっくり時間をかけるなど、厳選素材を使い丁寧に取ったダシがツユのベース。滋味を感じるほど旨みにあふれたダシを生かすべく、かえしには白醤油を使用。
あったか〜いツユで食べるのもいいけど、夏はやっぱりちょっと濃い目のツユがかかったぶっかけやキーンと冷たい冷やかけうどんでツルツル、ワシワシ食べるのもまた美味。そんなうどんを調査。結果、今食べるべき一杯が見つかりました!
店に足を踏み入れると鰹ダシの豊潤な香りに包まれる。加えて名古屋人絶賛の味噌煮込みうどんがいただけると聞けば、自然と期待値も上がるはず。
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル