MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鮨なみえ(寿司/赤坂)|愚直なまでに研究を重ね完成させた珠玉の握り

鮨なみえ(寿司/赤坂)|愚直なまでに研究を重ね完成させた珠玉の握り

 7mにも及ぶ檜のカウンターが美しい、実に居心地のいい空間だ。ネタ箱に目をやれば丁寧な仕事が分かる至高の食材が整然と並べられ、これから寿司を食すという高揚感をグッと高めてくれる。 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》鮨なみえ(寿司/赤坂)|愚直なまでに研究を重ね完成させた珠玉の握りの画像をチェック! navigate_next

鮨なみえ(最寄駅:赤坂駅)

 実は、この店のオーナーは福島県浪江町で130年続いた元魚屋。震災を機に東京に移り、満を持して2015年4月に念願の寿司店を出店した。開業にあたり板長を任されたのは、北海道や銀座で修業した熟練の職人・高橋誠司さん。寿司酢の調合や相性のいい米選びなど、研究を重ねて独自のスタイルを確立させたという。

 米は「いろいろ試して巡り合えた」と自信を見せる佐賀県産「さがびより」。通常より粒が大きいのが特徴で、羽釜で風味豊かに炊いている。寿司酢は4種をブレンドし、赤酢の旨みを取り入れつつもシャリの艶やかな白さはそのままに。海苔も吟味し、巻き物には歯切れの良いもの、軍艦には香りがしっかりしたものと使い分けている。確かな目利きのネタはもちろん、一辺倒でないコースの内容にも脱帽。「同じお客様になるべく同じ味を出さないように」との繊細な心遣いも素晴らしい。※ランチタイム有

5400円のコース

仕入れによって内容は変わる。
小鉢、刺身、握り七貫と巻物(平目の昆布締め、ブリ、小肌、甘エビ、ツブ貝、イクラ、穴子、お新香巻)お椀、手作りデザート。

コースの握りと巻き物。これに小鉢、刺身、椀物、デザートが付く。シャリは通常の米より1.2~1.3倍ほど大きい品種を使う。あえてお焦げができるよう羽釜で炊き、わずかに香ばしさを添える

ウニ
時価(写真は1944円)

この日のウニは北海道厚岸の天然もの。素材の味を楽しめるよう普通の軍艦ではなく、シャリにこぼれんばかりに山盛り。海苔は全体を支える程度

コースの小鉢と刺身

取材時のコースの小鉢はアジの南蛮漬け、刺身は大間の本マグロ赤身とヒラメ

イカの三升漬け
540円

「イカの三升漬け」は北海道の郷土料理。唐辛子、糀、醤油などにイカを漬け込んだもの

ぶりの刺身
時価(写真は1944円)

[その他のメニュー]
おまかせちらしセット2500円、おまかせ握りセット4000円 8640円のコース、12960円のコースなど

鮨なみえ

東京都港区赤坂5-4-14 ベルテンポ赤坂2階 ☎03-5797-7397 [営]11時半~14時(13時半LO)、18時~22時半(21時半LO) [休]土・日・祝の月 [席]カウンター8席、テーブル8席、計16席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し648円別 [交]地下鉄千代田線赤坂駅7番出口から徒歩1分

電話番号 03-5797-7397
2016年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
太巻き、細巻き、軍艦。まさに寿司の名脇役といえる海苔だが、大森が“海苔養殖の発祥地”だったことは意外に知られていない。
最新記事
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
魚屋の女将でもあり、オリジナリティあふれるメニュー開発で人気の料理家・栗原 友さん。その栗原さんが築地で営む、鮮魚とお惣菜の店「クリトモ商店」から、今回は厳選お取り寄せメニューをご紹介します!
世界中から厳選されたワインのほか、ワインを楽しむためのおつまみやグッズなどあらゆるものが勢揃いするお店。ワインパーティーに必要なものがここですべて揃うほどの充実ぶりだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル