MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ますます目が離せません!!個性豊かなサンドおすすめ3軒

ますます目が離せません!!個性豊かなサンドおすすめ3軒

近頃、海外で人気のサンドイッチ系グルメの名店が続々と日本に進出しているのをご存じ? 行列ができる高級シーフードの贅沢サンドや老舗ブランドのハムサンドなど、 東京都内で食べられる話題沸騰中のホットな3軒を突撃取材!さまざまなスタイルのサンドが続々登場!

ここ数年、専門店がオープンするなどサンドイッチがブレイクしています。


中でも日本初上陸の海外のサンド系グルメに大注目。
私、ライター肥田木奈々(以下肥)と編集和賀さん(以下和)の女飲んべえコンビが話題の3軒を食べ比べしました。








肥「何といっても『LUKE'S 表参道店』はロブスター好きの私にはたまりません!」


写真:ロブスターロール(US) 1580円

USは贅沢にもロブスター5尾分の爪と拳の身が入る。甘みが濃厚でプリッとした歯ごたえだ。レギュラーは3尾分

肥「パンからあふれる肉厚ロブスターには感涙もの。噛むほどに旨みが押し寄せて、ビールと一緒に流し込めばこれが旨いのなんのって」


和「高級食材をワンハンドで、というコンセプトが良く表現できていますよね。個人的にはバターの味が重い気も…これって年のせい?ロブスター&シュリンプなどコンビメニューの方が味わいの変化を楽しめそう」


肥「表参道店はテイクアウト店ですが、イートイン席もある江の島店が2015年8月上旬にオープンしたそうですよ。こちらも注目」








和「表参道近辺なら『Guzman y Gomez ラフォーレ原宿店』のブリトーが私の好み。

写真:ハニーベイクドハム サンドイッチセット(プレート) 1100円

表面はほんのり甘く中はジューシーなハムをシンプルに味わう日本独自ランチメニュー

和「トルティーヤがしっとりモチモチで美味しかった!具はビーフを選んだけど、柔らかくて噛みやすいのに肉感がしっかり感じられて。ふふ、これ、お酒に合いそう」


肥「同感。ビールやカクテルなどアルコールが意外と充実しているのにも心掴まれました。今度、昼から1杯いきますかっ」


和「でも若者だらけのラフォーレ内の店というのが、中年層にはなかなか入る勇気がない!」








肥「そんなの酒さえ飲んじゃえば問題ナシ!では神谷町に2015年8月6日にオープンした『HONEYBAKED HAM』は?」


写真:ブリトー(チキン・レギュラー) 750円

グリルしたチキン、豆、ジャスミン米などをトルティーヤでギュッと巻いたブリトー。サルサなどで味付け


和「変に洒落っ気がなく(失礼)、オトナも入りやすいし、看板ハムのサンドはシンプルで美味。夜はハム料理やお酒もあるので使い勝手がいいのでは」


肥「芳醇な香りでしっとりしたハムの旨さはさすがのひと言。多くのお客さんが食後に量り売りのハムを購入していました」







和「3軒とも値段は高めだけど、オトナのサンドとしてはアリですね。手土産でも喜ばれそう」


肥「今後もどんな海外上陸系サンドが日本に参入するのか、ますます目が離せません!」

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1079views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
20226views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt