MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋エリア限定グルメ情報(13) 手間をかけた料理がリーズナブルに楽しめる鉄板ビストロ

名古屋エリア限定グルメ情報(13) 手間をかけた料理がリーズナブルに楽しめる鉄板ビストロ

鉄板焼き、それも鉄板ビストロと聞いて、皆さんはどんなイメージを抱くだろうか? 鉄板の上でジュージューと旨そうな音を立てる肉や魚介、そして、シェフの無駄のない仕事ぶり。それらを目の前で眺めながら、でき立ての料理とお酒を堪能……。

手間をかけた料理がリーズナブルに楽しめる鉄板ビストロ

鉄板焼き、それも鉄板ビストロと聞いて、皆さんはどんなイメージを抱くだろうか?

鉄板の上でジュージューと旨そうな音を立てる肉や魚介、そして、シェフの無駄のない仕事ぶり。
それらを目の前で眺めながら、出来立ての料理とお酒を堪能……。

まさにセレブそのものである。

このように、鉄板焼き=高級と思うのは、私だけではあるまい。

しかし、そんな予想を見事に裏切ってくれたのが、今年9月、名古屋・栄三丁目にオープンした『鉄板ビストロ SAM'S(サムズ)』。

居酒屋感覚で楽しめると評判を集めているのだ。


早速、オススメのメニューを作っていただくことに。

まず、出されたのは、人参に豚バラ肉を巻きつけて焼き上げた「とろとろ人参のオーブン焼き」(626円)。

メニュー名の通り、人参はとろとろの食感!
濃厚な甘みが見事なまでに引き出されていて、口の中で豚バラ肉のジューシーな脂と一体になる。

こりゃ、たまらん!

辛口の白ワインかスパークリングワインとのマリアージュは最高だろう。

続いて、「自家製スモークレバー」(518円)。

筋や血などをていねいに処理しているためか、クセや臭みはまったくない。

しっとりとした食感や濃厚な味わいとともにスモークの香りがふわっと広がって、鼻から抜ける。

こんなにも旨いレバーを食べたのは初めてだ。


「高級食材に頼るのではなく、どこにでもある食材をひと手間もふた手間もかけているのが、ビストロの醍醐味だと思うんです。それがウチの特徴でもあります。
とくにこのレバーは、店で出すまでに4日間かかります」と、店主の齊木治さん。

最後は、目の前で焼き上げてくれる「和牛ヒレステーキ」。

140グラムの牛ヒレ肉を鉄板でていねいに火を入れていく。

これ!

私はこれを待っていたのだ(笑)。

肉の両面とサイドを焼き上げて、完成!

カットされた肉の断面を見ると、完璧なミディアムレア。

味付けは塩とコショウ、ワサビのみ。いわば、それだけ肉質に自信があるということだ。

では、実食!

おおっ、むちゃくちゃやわらかい!

その上に噛むごとに赤身ならではのしっかりとした味が広がる。

願わくば、ずっと噛んでいたい(笑)。

この「和牛ヒレステーキ」、いったい値段はいくらなんだろう。



「和牛のメスにこだわっていますので、本当はもっといただきたいところなんですが……
2138円です。
居酒屋感覚で楽しんでいただけるように頑張っています」


そう話す齊木さんは、かつて洋食レストランを手掛ける会社の調理担当として飲食業界に飛び込み、店舗の運営や管理も任されていた。


「もともと自分の店を持つという夢はあったのですが、安定したサラリーマン生活に胡座をかき、いつしか心の片隅に追いやっていました。

2年前に父親が他界して、自分にに残された時間は、あとどれくらいだろうと自問するようになり、夢を忘れていたことに気が付いたんです。

1人でフラッと立ち寄れて、カウンターで隣り合わせたお客さん同士が仲良くなれるような店にしたいと思っています」と、齊木さん。


長年勤めた会社を円満退社し、独立した後も当時の上司や部下たちが店に足繁く通っているという。

まさに齊木さんの人徳だろう。




鉄板ビストロ SAM'S
愛知県名古屋市中区栄3-12-14 プリンセス遠山ビル2階
[TEL]052-217-3131
[営]17:00~24:00
[休]日




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
名古屋・今池に24時間営業の居酒屋チェーンの本店がある。その名も『やぶ屋 今池本店』。 名古屋人にとってはなじみ深すぎて、街にあるのが当たり前の居酒屋なのだが、実は定番の名古屋めしから創作系まで実に幅広いメニューがテイクアウトでき、しかもその再現率120%の逸品ぞろいなのだ!
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
214views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt