MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
東京駅で朝ごはんならココ!一番人気は「鯛胡麻だれ」|築地寿司清(寿司/東京駅)

東京駅で朝ごはんならココ!一番人気は「鯛胡麻だれ」|築地寿司清(寿司/東京駅)

朝メニューで一番人気なのがこの「鯛胡麻だれ」。炊きたてのツヤツヤご飯とともに提供されるのは、濃厚で香り高い胡麻ダレをまとった美しい真鯛。※ランチタイム有

築地寿司清(最寄駅:東京駅)

まずはそのまま味わって、素材の魅力と向き合いたい。全部平らげたい気持ちをぐっとこらえ、丁寧にしっかりと抽出された鰹ダシと三つ葉などの薬味をかければ、二度美味しい贅沢な朝食がいただける。※ランチタイム有

鯛胡麻だれ
700円

ダシをかけたらササッと食べられるので時間がなくても大丈夫。夏期は冷やしも提供。その他、ダシをかけていただく「ハラスいくら」(670円)や「まかない丼」(800円)など、朝メニューは5種類、10時まで

築地寿司清の関連記事

築地寿司清

☎03-5220-6865 [営]7:00~22:00(L.O. カウンター21:30・テーブル22:00)[休]無休 [席]カウンターあり。計21席/全席禁煙 [交]1階八重洲中央改札から徒歩2分

電話番号 03-5220-6865
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
江戸前にこだわりつつも創意溢れる寿司を握り続けている親方。10年近く前に考案したのが、この寿司屋の深川飯だ。
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
三崎のマグロ問屋直営ならではの逸品が、天然物のインドマグロを使った握り「まぐろ三昧」。赤身、中トロ、大トロ、炙り、ネギトロと、まさに三昧。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
駒沢のワインバー『Centro Storico』で評判だった鯛ラーメンが専門店に。修業先であるイタリアの星付きレストランで覚えた“真鯛のパスタ” を基に、イタリアンの技法や発想をちりばめたかつてない鯛ラーメンを完成させた。
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
140views お取り寄せ
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt