SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

Sugahara Phoの「フォー」【渋谷】

牛肉のフォー 昼930円、夜1200円

牛肉のローストはオーストラリア産牛モモ肉を使用。低温でじっくり火を通すので、美しいロゼ色で柔らかな仕上がりだ。麺の下には、軽く茹でたシャキシャキした歯応えのモヤシが隠されている

東京都目黒区大橋2-8-21 ドミシール柿澤1階 ☎03-6407-0562 [営]12時~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時LO)、火17時半~23時(22時LO) [休]月 [席]テーブル24席 計24席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交]京王井の頭線神泉駅から徒歩10分、JR山手線ほか渋谷駅からバスで「松見坂下」下車すぐ ※ランチタイム有

「スガハラ フォー」の自慢のフォーは鶏肉と牛肉の2種類を用意。[交]京王井の頭線神泉駅から徒歩10分、JR山手線ほか渋谷駅からバスで「松見坂下」下車すぐ ※ランチタイム有

タイレストランSmile Thailandの「トムヤムクンヌードル」【浅草橋】

トムヤムクンヌードル 昼980円、夜1080円

具はエビとふくろ茸、モヤシ、ネギ。ナンプラー、粉唐辛子、酢漬けの唐辛子、砂糖の4種類の調味料で味を調整して召し上がれ。昼のセットには生春巻き1本、ミニライス、日替わりのお茶がつく

東京都台東区浅草橋1-22-3 FIVE-I1階 ☎03-5839-2852 [営]11時~15時半(15時LO)、17時~23時(22時半LO) [休]無休 [席]カウンター5席、テーブル2席×5卓、4席×4卓 計31席/全席禁煙/夜のみ予約可/夜のみカード可/サなし [交]JR総武線浅草橋駅西口から徒歩30秒、都営浅草線浅草橋駅A3出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

「タイレストラン スマイルタイランド」は日本在住16年のベテランタイ人コックによる本場の味が評判の店。[交]JR総武線浅草橋駅西口から徒歩30秒、都営浅草線浅草橋駅A3出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

カンボジア料理バイヨンの「スープクイティウ」【神楽坂】

スープクイティウ 昼880円、夜900円

スープはそのままで十分イケるが、唐辛子、ナンプラー、ビネガー、砂糖の4種類の調味料で自分好みに調節を。昼のセットにはサラダ、漬物、デザートがつく。昼は他にカンボジア風チャーハン880円などを用意

東京都新宿区袋町26 森田マンション1階 ☎03-5261-3534 [営]11時半~14時半、17時半~22時半 [休]月 [席]カウンター4席、テーブル4席×2卓、6席×1卓、座敷約10名 計約28席/全席禁煙/予約可/夜のみカード可/サなし [交]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

「カンボジア料理バイヨン」はカンボジア人シェフが作る、日本人の味覚に合わせた穏やかな味の料理が評判の店。[交]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

SINGAPOREHOLIC LAKSAの「ラクサ」【原宿】

ラクサM 700円(ショート麺)トッピング:タマゴ、チーズ、トマト 各100円 計1000円

トッピングは全部で7種類ありイチオシはタマゴ。デフォルトの具はエビ、モヤシ、かまぼこ、油揚げ

東京都渋谷区神宮前1-13-21 ☎03-6804-1833 [営]11時~20時、土・日・祝10時~19時 ※スープがなくなり次第終了 [休]月 [席]テーブル2席×8卓 計16席/禁煙席あり/予約可/カード不可/サなし [交]地下鉄千代田線明治神宮前駅3番出口から徒歩1分、JR山手線原宿駅表参道口から徒歩2分 ※ランチタイム有

台湾麺線の「台湾麺線」【新橋】

台湾麺線 600円

香菜は抜くことも可能。おろしニンニクを入れるのもおすすめ

東京都港区新橋5-22-2 ☎03-6435-6032 [営]11時~14時、17時半~22時(21時半LO)、土・祝11時半~14時半、17時半~21時半(21時LO) [休]日 [席]カウンター5席、テーブル2席×3卓、4席×2卓 計19席/昼は全席禁煙、夜は禁煙席なし/土・祝の昼と夜は予約可/夜のみカード可/サなし [交]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩8分、都営三田線御成門駅A4出口から徒歩4分

2016年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

admin-gurume
admin-gurume

admin-gurume

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…