SNSで最新情報をチェック

買い物大好き主婦・市村と、呑兵衛の夫と巡りました。「十条銀座」では私の買い物に付き合ってもらったので、今度は夫がメイン。東武東上線「大山駅」にやって来ました。充実の商店街が有名ですが、個人経営の飲み屋が多く、ここでちょい呑みを勘能したいんだそうです。

画像ギャラリー

アイドル、プロレスラーも居る ハッピーロード大山!

大山駅の南口を出ると、どっちに向かうかしばし迷うが、川越街道へ向かってみる。
途中でなんとなく気になり、左側をヒョイっと見てみると、店先までお客さんでにぎわう店を発見。
呑兵衛の夫のアンテナに引っかかったのは、提灯に『魚猫』と書かれた店。
口開けとほぼ変わらないタイミングだが、すでに満席。
店員さんに携帯の番号を伝えると、席が空いたら電話をくれるのだとか。

よし、その間に数軒先に見える赤提灯で、ちょい呑みするべし。
ここは『鏑屋』。縁起のいい名前だ。

ここにも行列があるが、聞けばみんな、煮込みの持ち帰りとのこと。
名物の串焼きは3本390円の表示だが、ふたりなので3種類2本ずつ焼いてくれるそう。
いろいろ食べられてありがたい。座ったカウンター席の前には煮込みの大鍋が鎮座。
思わず注文した名物「煮込み」(400円)は、豆腐が1丁入って味がしみてる。
七味をかけたが、別料金で辛さもプラスできる模様。いいねぇ!
その後、無事に『魚猫』にも入店。

おまかせ刺盛り5点盛り 980円
写楽 580円
青のり豆腐 380円

「おまかせ刺盛3点盛」(680円)を頼むが、出てきたら5品のっている。
店員さんに聞いたら、入荷次第のサービスなんだそうだが、これはちょっと得したぞ。
さて、いい思いもしたし、すっかりとご機嫌になった私たち。
では、「大山遊座」のほうへ向かおうと踵を返すが、昭和の風情あふれる怪しげな路地を発見。
その路地を抜け、線路沿いに見えたのは、『キリンとラガーまん』

せっかくなので1杯。ただ置いてある生ビールはラガーじゃないけど。
ちなみに、店名こそラガーマンですが、ご主人はバスケ部だったとか。
人を食ったような面白い店だ。酒もいい。
そして今度こそ「大山遊座」へ。こちらも、脇道にいろいろと店が密集してるが、私も夫も呑みすぎで、酔っ払ってきてしまいました。
残念ですが、今回はこの辺りで、帰路につきたいと思います。

時間が止まった!? 昭和感あふれる大山の隠れ家街

大山駅南口のほど近くに、まるで時代から取り残されたようなディープなスポットがある。思い切って路地を進むと、バーや立ち飲み屋、小料理屋など間口の狭い店が軒を連ねる。にぎやかな話し声が響き、カラオケが聞こえてくる店も。しかしながら、2人とも買い喰い、ちょい呑みで満たされてしまっており、お店に入ることはかなわず。後日のためにとお店を覗くと、どの店も常連さんが多く、一見だと少し入りにくそう。とはいえ、この場所は通り抜けができるので、子供が歩いていたりしてびっくり。あぁ、不思議で楽しい大山の街よ。

今回の記事の店舗情報

もつ焼 鏑屋(最寄駅:大山駅)

「もつ焼 鏑屋」の名物は「串焼き」。モツ類は丁寧に処理されていて美味。

魚猫(最寄駅:大山駅)

魚猫は「毎日来られる店」を目指しているから、驚くほどの高いコスパを誇る。

キリンとラガーまん(最寄駅:大山駅)

キリンとラガーまんは大山駅にある居酒屋。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...