SNSで最新情報をチェック

 飯田橋に店を構えて81年。気取らず旨い寿司が味わえる雰囲気はそのままに、3代目が継いでさらに評判を高めている店がこちら。 ※ランチタイム有

画像ギャラリー

なかや寿司(最寄駅:飯田橋駅)

高級店などで修業した3代目が地元密着の家業で心掛けるのは「手間を掛けてリーズナブルに」。その言葉通り、コースの充実ぶりには目を見張る。 米は初代の実家の農家が店専用に少量生産する魚沼産コシヒカリ。手刈りの稲を天日乾燥させる昔ながらのハザ掛け米で、豊かな風味が特徴だ。ネタは天然もの、器は特製の九谷焼。すべてにおいて〝本物〟をさりげなく楽しめる贅沢に、足繁く通う常連客が多いのも納得だ。※ランチタイム有

会席献立「華」

5400円

仕入れによって内容は変わる。
先付2品 、旬の一品(鰹のたたき)おまかせ握り(トロ、平目、ホタテ、小肌、イクラ、ウニ、水タコ、玉子)茶碗蒸し、お椀、デザート

旬のつまみも付く握りメインのコース。これでも十分な内容だが、一番人気は焼き物など品数が増える7560円のコース。シャリに使う魚沼産コシヒカリは18代続く初代の実家の米農家が生産。寿司酢と合わせる時は粘りが出ないよう米を切るように混ぜる

カワハギ

648円

くじらユッケ

1296円

金目鯛煮つけ

1080円

なかや寿司

電話番号 03-3264-1740

2016年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...