SNSで最新情報をチェック

寒い冬の〆そばは、一杯の“カキ”そばに限ります。カレー仕上げにあんかけ系、旨み凝縮濃厚スープ系までバラエティあふれる味わいです!

画像ギャラリー

佐市の牡蠣・拉麺(東京・錦糸町)

原価率ギリ
独特のスープを
味わいに
来てください

カキから抽出した
渾身のスープ!

何と言っても無化調で、カキをたっぷり使い旨みを凝縮して抽出したというスープがスゴイ。一杯換算で8個くらいは使ってる、という贅沢。とろとろ濃厚でクリーミー、旨み絶大。惜しみなくのせられた刻み海苔との相性も◎。軽くソテーされたトッピングのカキもぷっくら素敵。

新世界菜館の大黒神島産かきラーメン(東京・神保町)

瀬戸内海で
最もきれいな
海域の自慢の
カキです!

バランスが絶妙!
沁み入るカキの旨さ

このカキなくしては!という大黒神島産のカキの旨みを最大限に生かすべく、カキの火入れは寸止め。フルフルと食感も残ったままあんかけとスープにほどよくエキスも出て、沁みる美味しさ。しめじやしいたけ、たけのこ、品のいい醤油味のスープとのハーモニーも味わいたい。

長生庵のかき天カレーそば(東京・築地)

毎日新鮮!
築地のカキを
サクッと
揚げています

特大サイズのかき天に
カレーって絶妙!

とろとろ熱々のカレーはしっかりダシが効いてスパイシー。ここに三陸廣田産の特大のカキの天ぷらが2つのっかっている。サクッッと揚がった衣にカレーが染みてくのがまた…! 噛み締めればぎゅうっと濃厚な旨みが後を追う。細切りのそばの旨さも相まって、たまりません!

中国料理 小花の生牡蠣のスープそば(東京・有楽町)

ジューシーで
その時季最高の
カキを選んでます

閉じ込められた
カキの旨みが濃厚!

さっと油通ししたジューシーな生ガキをたれと一緒に、タアサイ、エリンギ、ネギとざくっと炒めて醤油味のスープの上へ。片栗粉にコーティングされたカキは旨みがぎゅっと閉じ込められていて、味が濃く、噛みしめるほどにウマウマ。たっぷりカキを堪能できる一杯!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...