SNSで最新情報をチェック

「海苔と蕎麦、それだけでシンプルですし、何でもありの時代とは真逆なところがいいですよね」とは、ご主人・松田裕次郎さんが語るところの「花巻」の魅力だ。

画像ギャラリー

つきじ 文化人(最寄駅:築地駅、東銀座駅)

蓋を開けて味わう
その瞬間の景色と香りをぜひ

今は少なくなった浅草海苔に変わって、現在は荒び海苔という品種が多く使われるというが、中でも香りがあるものにこだわっている。パリッとした海苔がつゆにしっとり染みていく風情がいい。〝新しい老舗〟を目指すというお店の花巻。あと味までしみじみ旨い。

花巻そば

1030円

蓋を開ければ、ぱあっと磯の香り。三つ葉の香りも相まって、粋な香りに包まれる。薄削りのダシでさらっといけるつゆに、しっとりと海苔が馴染んでいく。わさびもちょんと乗せ、細打ちの十割蕎麦をすすれば、旨ぇなあとしみじみ。

粗挽きそばがき

720円

焼き味噌

510円

[その他のメニュー]
焼き海苔わさび添え510円、大山鷄焼き610円、もり820円、磯雪920円、かき玉920円

つきじ 文化人

電話番号 03-6228-4293

2017年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...