SNSで最新情報をチェック

 とある週末、編集・武内とライター・菜々山が向かったのは、東白楽にある『わんこそば たち花』。ここは東京近郊でおそらく唯一、わんこそば体験ができる店なのだ。

画像ギャラリー

わんこそば たち花(最寄駅:東白楽駅)

席に通されると目の前に置かれるのは、薬味皿とおかずの重箱。おかず食べたら、蕎麦食べられなくなっちゃうじゃん。最初はそう思っていた。これが後に重要な鍵となってくるとはつゆとも知らずに……。

そうして、わんこタイムスタート。係りのお兄さんが「はい、じゃんじゃん。はい、どんどん」というかけ声と共にテンポよく器に蕎麦を投入してくる。
わんこそばは15杯で通常の約1人前の量らしい。20杯を過ぎても余裕シャクシャク。
ただ、40杯を過ぎた頃から急にツラくなる。胃袋がじゃない、舌がだ!
トコトン同じ味の連続なので、違う味を求めるようになる。おかずの天ぷらが心の支え、玉子焼きは励みだ。

なんとか杯数をのばすことに腐心し、女性の平均という60杯が目前に迫った頃、突如目の前で終わりを告げる行為、器の蓋が閉じられたのだ。
武「ボク、もう無理」
アンタ、58杯って、そんなデカい腹して女子以下!?これで私の心もポッキリ折れました。61杯でフィニッシュ。かなり情けない結果に呆然。最高記録は女性で561杯(!)なのだとか。

わんこそば たち花

神奈川県横浜市神奈川区白楽5-13 [TEL]045-431-9445 [営業時間]11時半〜21時LO ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]東急東横線東白楽駅から徒歩2分 わんこそばの食べ放題は2750円(小学生未満は1375円)

電話番号 045-431-9445

2017年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...