SNSで最新情報をチェック

東京都内の「居酒屋激戦区」の1つとして知られる上野。実際にグルメライターが調査したところ、確かにガード下や駅の周辺に、見逃せない安ウマ店をたくさん発見!その中でも特におすすめしたいお店の情報を、厳選してご紹介します!

icon-gallery

はじめに

上野というと、上野動物園や美術館、アメ横のイメージが最初に思いつくでしょうか。常に賑やかで、観光客もたくさんいる街です。
そしてガード下にたくさんの飲食店が並び、独特の古き良き時代の雰囲気をも引き継いだ、魅力的な街でもあります。
安い穴場や、隠れ家のようなお店も多く、お酒好きには誘惑の多い場所!そんな上野でおすすめしたい「居酒屋」にスポットを当て、ピックアップしてみました!

上野の居酒屋マップ

まずはお店の場所を分かりやすく地図でご案内します!

旨いもつとレモンサワー!『もつ焼き 大統領 支店』

▲大統領特製煮込み 420円、レモンサワー 350円

近くに本店があり、この界隈ではとても有名なお店!なんと10時開店なので朝呑みも可能で、お昼ごろには満席になっていることもしばしば。一人でも気軽に入りやすい雰囲気なのもいいですね。
美味しい料理代表は、もちろん「もつ」。写真の煮込みはあっさりめの味で、こんにゃくや豆腐も入ってなかなかのボリュームがあり、お腹も満足♪
串焼きは2本で180円などコスパが高いのも魅力!甘めの濃いタレで香ばしく焼いてあり、お酒によく合います。

■『もつ焼き 大統領 支店』
[住所]東京都台東区上野6-13-2
[TEL]03-3834-2655
[営業時間]10時~24時(23時半LO)
[休日]無休
[アクセス]上野駅正面出口から徒歩5分

新鮮な魚を立ち呑みで!『呑める魚屋 魚草』

▲上から刺身4点盛り、モウカの星、特大生かき3P盛り、月の輪
▲日本酒は日替わりで一律500円!

アメ横で昼飲みするなら、ぜひこちらの立ち飲みのお店へ!とにかく新鮮な海鮮が安い、旨いといいことづくめです!
漁師さんから直接仕入れることで、高級な魚介類も安く食べることができます。一年を通して食べられる生牡蠣、モウカの星と呼ばれる珍しいモウカザメのハツ、新鮮な魚を使った刺し盛など。一度行ったらファンになること間違いなしです!

▲隣の人との距離感・触れ合いも楽しい

■『呑める魚屋 魚草』
[住所]東京都台東区上野6-10-7 アメ横プラザA棟29号
[TEL]090-2436-4855
[営業時間]11時~20時半(20時15分LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時~19時半(19時15分LO)※ランチタイム有
[休日]第2水曜日
[座席]立ち飲み最大23人ほど/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]JR山手線ほか上野駅不忍口から徒歩4分

れんこん料理をアテに呑む!『れんこん』

▲れんこんと海老のはさみ揚げ880円、れんこんのふろふき風そぼろあん掛け780円

れんこん好き集まれ!!150年前の古材を使った3階建ての建物は趣きがあり、きれいで、ゆっくりと料理に舌鼓を打てます。
前菜からデザートまでれんこんを使ったヘルシーなコースも人気。ホクホクと芋のような食感が楽しめるふろふき風など、多数のメニューがテレビでも紹介されています。
個室があるのもいいですね!

▲『れんこん』店内の様子

■『れんこん』
[住所]東京都台東区上野4-9-1
[営業時間]17時~23時、金曜日:17時~23時半、土曜日:16時~23時半、日曜日・祝日:16時~22時半
[休日]年末年始
[アクセス]JRほか上野駅不忍口から徒歩4分、JR上野駅不忍口徒歩3分、京成線上野駅徒歩2分、地下鉄千代田線湯島駅徒歩6分、地下鉄銀座線上野広小路駅徒歩2分

新鮮もつ焼きとホッピー!『やきとん 豚坊(とんぼう)』

▲かしら、れば、あぶら 各220円※オーダーは2本から。2本の価格

昭和レトロなまさに大衆酒場といった感じのお店は、賑やかなのが逆に落ち着きます。1人で行っても他のお客さんと楽しく話せるような気さくな雰囲気。
もつ焼きは新鮮で、脾臓や肺など珍しいものも食べられます。ホッピーとの相性も抜群!
ほかにも日替わりの刺身、とろっと柔らかいもつ煮込みなど、お酒が進むメニューが並んでいます。

▲『やきとん 豚坊(とんぼう)』外観

■『やきとん 豚坊』
[住所]東京都台東区上野6-11-6
[TEL]03-3832-5710
[営業時間]16時~23時(22時半LO)、土曜日・日曜日:14時~23時(22時半LO)
[休日]第3月曜日
[アクセス]JR山手線ほか上野駅不忍口から徒歩2分

ハムカツで呑む!『立飲みカドクラ』

▲カドクラ名物ハムカツ(ポテサラ入り) 350円

明るい店内は初めての人や女性でも入りやすく、海外からの観光客も来店します。
焼肉店直営のため、肉料理など安価で楽しめるのも嬉しいポイント。シンプルなのに絶大な人気を誇る、おすすめの「ハムカツ」は、赤ハム4枚を重ねており、ポテサラ入りやチーズ入りもあります。
昼から満員になるほど活気があるので行けば元気をもらえそう!

▲『立飲みカドクラ』外観

■『立飲みカドクラ』
[住所]東京都台東区上野6-13-1 フォーラム味ビル1階
[TEL]03-3832-5335
[営業時間]10時~23時半(23時LO)、日曜日・祝日:10時~22時
[休日]無休
[アクセス]JR上野駅広小路口から徒歩2分

ガード下のタイ料理屋台!『空 KOO Soi Ameyoko』

▲特製煮込み 650円

夜になると現れるタイ料理の屋台は、雰囲気抜群の穴場的お店です!
一番人気は牛スジとハチノス、大根などがゴロゴロと入った特製煮込み。ピリ辛で酸味の効いたトムヤムスープで味付けしてあり、体が温まります。
タイのイサーン地方名物のソーセージはお酒のおつまみにぴったり。フードは23時半まで、バータイムは深夜3時までです。

▲お店の様子

■『空 KOO Soi Ameyoko』
[住所]東京都台東区上野6-10-2
[TEL]03-3839-9393
[営業時間]20時~翌3時(フード23時半LO)
[休日]日曜日・祝日
[アクセス]都営大江戸線上野御徒町駅A5出口から徒歩3分

オリジナルコラム~昼飲みできる店多しさすが上野のガード下

編集・戎とライターの市村が、J R上野駅から御徒町駅のガード下を調査しました。

戎「山手線と京浜東北線の高架があるぶん、お店の数も多かったですね」
市村(以下市)「さすが上野だと思ったのは、明るいうちから開いているお店が多かったことです。どこも活気があって、堂々と昼飲みできました!」
戎「いろいろなお店で隣り合わせたお客さんと仲良くなっていましたよね」
市「これだけお店があるので、情報を得るには最適です! 実際にフレンドリーなお客さんが多くて楽しかったです」
戎「『やきとり文楽』のような、昔ながらといった風情のお店がある一方、『呑める魚屋 魚草』のあたりは、アジア系の店が多かったですね」
市「むしろ『魚草』だけ日本的で、かえって目立つくらい」
戎「確かに、ケバブ屋さんの呼び込みがすごかった印象です」
市「アジア系だと、タイ料理『空』の階上にある『新東洋』も魅力的な台湾料理店でした」
戎「僕は海産物やスポーツ用品店なども覗いちゃいました」
市「戎さんはあちこちでひっかかっていましたね。私も海苔やナッツ類、餃子などを買ってお土産にしましたが」
戎「飲む・買うが揃っているのが、上野の醍醐味ですよ!」
市「『立ち呑み ふぶき』は、どの時間帯でも並んでる人がいたので、様子を探りながら混んでいる間はショッピングしたり」
戎「今、上野で一番の行列店と言っても過言ではないですね」
市「おつまみが190円からと安く、惹かれる気持ちはわかりますし、みんな幸せそうに飲んでいたのが印象的でした」
戎「僕は『魚草』の『モウカの星』のコク旨な味が印象深い」
市「同感です。お刺身や牡蠣も美味しいし、日本酒が豊富で500円。セットだと1000円で飲めて『本当にいいの?』って安さに感動しましたね」

おわりに

ここまで上野の居酒屋をご紹介してきましたが、いかがでしたか?大衆的な雰囲気で、安ウマなお店がとにかく多いエリア!最初は入りずらいかもしれませんが、一歩店内に入ると、温かく迎えてくれる店主さんも多いはず。1軒だけとは言わず、はしご酒するのもおすすめですよ。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

admin-gurume
admin-gurume

admin-gurume

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…