SNSで最新情報をチェック

最近の吉祥寺の喫茶店&カフェは、長居禁止、PC禁止、勉強禁止など禁止フルスロットルの店が多く、正直がっくり……。 ただ、わが吉祥寺には、「禁止」がその店&店主の哲学にすら思えてしまい、おっさん女子がファンになってしまう店もある。今回、ご紹介する『セイナカフェ』は、そんなお店である……。

画像ギャラリー

喫茶店とカフェが好きだ。外出すると必要以上にフラフラしてしまい、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまう、おっさん女子である。
吉祥寺以外の街でもそんな感じ(苦笑)。
いつも、フラフラ&喫茶店やカフェでぼんやり。
最近の吉祥寺の喫茶店&カフェは、長居禁止、PC禁止、勉強禁止など禁止フルスロットルの店が多く、正直がっくり……、という店も多い(連載23回参照)。
でも、店側が提示する禁止がすべて嫌なのか? というと、実はそうでもない。
連載11回で紹介した長男堂のお願い&禁止は、もっとやれ!と思う(苦笑)。
さらに「禁止」がその店&店主の哲学にすら思えてしまい、ファンになってしまう店もある。
今回、ご紹介する『セイナカフェ』は、そんなお店である。

イラスト/スタジヲワンツー

地下の店に入る前&到達する階段の途中に、まず注意書きがたくさんある。
ざっくり要約すると……。
「喫煙可能」なので、妊婦の方、お子さんは注意。
「3人以上のお客さまはカウンターのみのご案内になります」とあり、時間帯によっては「2名様以上お断り」のボードが出ている。
しかし店に入るとわかるのだが、テーブル席は椅子が三脚ある。
3人座れなくもないけどね……。
ちなみに「おひとり様」であっても、空いていれば好きな席に座っていいので、おっさん女子的には何の文句も不都合もない。
むしろ集団客の傍若無人的な迷惑に遭遇することもなく、店内がすこぶる快適。
さらに「地下で声が響くので、いつもより小さな声で」という内容が明記。
そしてお店のメニューには「キーボードのついたPC禁止。タブレットはOK」。
「携帯電話の受信・発信・通話NG。メールはOK」
「ほかのお客さんが待っているときは、2時間以上の長居は遠慮してください」などなど。
細かいけど、なんか気持ちはわかる、またそれは一般常識だろう! という禁止事項の数々……(笑)。
セイナカフェの禁止事項を読んでいるだけで、こんなに楽しい気分になるのは私だけでしょうか?

セイナカフェの内観は、
こんな感じ。
写真の女の子は、
店主の娘さんだそう。
オープンが2004年冬なので、
娘さんもさぞかし
大きくなっているにちがいない。

セイナカフェは、男性店主ひとりで店を切り盛りしているのであるが、フード、ドリンク、スイーツなどのメニューが超盛りだくさんである。
これは誇張じゃなくてMAX盛りだくさん。
実際に行ってみればわかる。
お昼をくいっぱぐれた人にも優しい、16時30分までやっているランチは、種類&組み合わせ方が非常に多いので、注文がけっこう煩雑。
さらに「全部決まってからお声かけください」という注意書きがある(苦笑)。
わりとぼんやりしている人(私です)は、考えすぎてしまって、メニューを決めるのに時間がかかるのであった。
でも、正直、オーダーで悩むのが楽しい(笑)。
さらに自分の注文を過不足なく伝えたか不安になることがしばしば……(苦笑)。
でもオーダーするのも大変だが、注文を間違わず、順序よく作って出すのも、けっこう大変だと思うんだけど……。

しかし、フード、スイーツ、ドリンクの出てくるタイミングが、恐ろしくスマート&ナイスタイミング。
そしてフードの味付けは、どれもかなり凝っている、
そして美味しい。
ちなみに私は米が好きなので、ここのリゾットが大好きなのであった。
でも、パスタやパン、カレーもあるので、どんな局面でも食欲は満たされます。
あとランチ時に、オーダーしたけどセットのドリンクを飲んでいる時間がなくなっちゃった人は、テイクアウトもできるんだよ。
とっても親切!

これが、
奇跡のレシピ、
ショコラチーズケーキ。
N.Y.チーズケーキというのもあって、
ショコラとN.Y.の
ハーフ&ハーフセットもできるよ。

ちなみにスイーツは自家製で、チーズケーキは4時間じっくり焼いているらしい……。
本当に美味しいです。
プリンも美味しい。
たぶん吉祥寺でいちばん美味しいプリンだと思う(正式メニュー名は「プディング」です)。
だが、素人目にもわかるほど、すっごい手間暇かかりすぎている……(苦笑)。
店主はコストパフォーマンスとか、客単価とか、お客さんを効率よく回転させるとか、そういう動機で動いてはいない気がする。
ここすごく重要!

これぞ、ザ・絶品!
クリームチーズのプディング

正直、何かの修行のようである。
自分に課した崇高なミッションっていうか……。
さらに【自分のやりたいこと、できることを最大限に全部やって、さらに来たお客さんに喜んでもらう】、そんな哲学を感じるわけですよ。
なんだか、尊敬……。

おっさん女子の琴線にふれた禁止項目が、これ!

セイナカフェでは、主にぼんやりしてしまうおっさん女子である。
しかし、長い時間いても放っておいてくれるところも好きだ。
ぼんやりついでに、店主の動きをたまに眺めてしまうのであるが、動線がキレイで動きにムダがない。
まあ、動きや動線、手順にムダがあったら、正直、破綻しそうなメニュー構成だと思うワケですが……(笑)。
あとお店のBGMは、矢野顕子オンリー。
ほかの音楽は一切流れません(笑)。
空間は矢野顕子で満たされている。
なんか、すごい。
大きい愛♪
そして、個人的に私の心に超刺さったのは「別れ話厳禁」の禁止項目である(笑)。
過去に非常に困ったことがあったのかもしれない(苦笑)。
さらに私の妄想だけど、あの空間で別れ話をすると店中がその雰囲気で充満しちゃってほかのお客さん全員がとっても気まずい。
ときおり吉祥寺の他の店で、ケンカしているカップルに遭遇するけど、周囲のお客さんの心境としては、本当にいたたまれないよ。
特に女子の感情の爆発は、周囲に飛び火してきて怖い!
あと、男子の他人の目を気にした必死のとりなし感もツラい……。
さらに言わせてもらえば、矢野顕子をBGMに別れ話をするカップルは、何かのバチが当たるぞ! おい! と思う。

ふわふわ泡のカプチーノ。
オートママシーンの
フォームミルクの
軽い泡の部分だけを使っているという、
超こだわり!

ちょっと禁止事項を必要以上に書きすぎた感があるけど、このお店はエスプレッソが自慢のお店である。
私はエスプレッソに関しては猿同然なので、好きな人や詳しい人は、お店に行ってぜひ確認&楽しんでください。
でも、豊富なドリンク類はどれも、猿でもわかる美味しさです。
正直、チェーンのコーヒー店やファストフード系、雰囲気だけの流行りのカフェで埋め尽くされている吉祥寺に、こんな店があるっていうのが、もはや奇跡(笑)。

Seina cafe セイナカフェ
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-25-10 KSビルB1
[営業時間]11:30~24:00(ラストオーダー23:00)、ランチは11:30~16:30まで。
[定休日]不定休
http://www.seina-cafe.net/

天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...