SNSで最新情報をチェック

東京都内の「カルボナーラ」をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ5選!スパゲッティにも、シンプルに卵の美味しさを実感できるメニュー、あります! それがこれ〈カルボナーラ〉。本場仕込みのものから元祖系、アレンジ系まで名店を揃えました。撮影/貝塚 隆、西﨑進也 取材/岡本ジュン

画像ギャラリー

卵の美味しさを実感。カルボナーラの名店!

1軒目は京橋のイタリア料理 フィオレンツァの大人のカルボナーラ!

ディナーだけの密かなお楽しみシェフ入魂のパスタ

イタリア料理 フィオレンツァ[京橋]

「クラシックなイタリア郷土料理を作りたい」。橋本シェフの思いが詰まったこの店は、まるでイタリアの街角にあるレストラン。手打ちがメインのパスタをはじめ、前菜からセコンドまでメニューに並ぶ料理はあえてオーソドックスひと筋。ほぼ全員がオーダーするという名物のカルボナーラは、全卵とチーズのローマスタイル。そこにパンチのある自家製パンチェッタを使うことで、この店にしかないひと皿に。

モチモチした食べ応えのある太麺と濃厚なソース、
旨みたっぷりのペコリーノチーズが絡み合う大人のカ
ルボナーラ。ワインがすすむ。茹で時間16分の太いスパゲッティ
「スパゲットーニ」を使うのも現地風。

[酒]ビ756円 焼なし ワグラス856円~ ボトル4104円~ 日なし [その他のメニュー]ランチ1080円~、夜のコース4320円~など

[住所]東京都中央区京橋3-3-11 Vort京橋1階 [TEL]03-6425-7208 [営業時間]11時半~14時半(売り切れ終了、ランチコース13時半LO、パスタランチ14時LO)、18時~23時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]計26席/全席禁煙/昼のコースと夜は予約可/カード可(ランチ不可)/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線京橋駅3番出口から徒歩3分

2軒目は外苑前のセントベーネの王道カルボナーラ

王道レシピを塩分バランスで軽やかに優しく

セントベーネ[外苑前]

カルボナーラのためにわざわざ卵を探し求めたという加藤シェフ。その卵とは、相模原の農場から届く「昔の味たまご」。上質な餌と地下水を飲んだ鶏が生む卵は、コクがあるのに臭みやクセが一切ないと料理人の間でも評判。カルボナーラは生クリームを使わない本場レシピ。濃厚過ぎない滑らかなソースはスパゲッティとのバランスが抜群で、ランチでもディナーでも一番人気というのも納得の美味しさ。

素材にこだわり、その味を生かす加藤シェフは、ソースを伸ばす時もパスタの茹で汁ではなく水を使うことで塩気を抑え、素材の味を殺さない。

[酒]ビ734円 焼なし ワグラス756円、ボトル3780円〜 日なし [その他のメニュー]ランチ1000円~、ディナーコース4000円~など

[住所]東京都渋谷区神宮前3-1-28 ベルタウン青山2階 [TEL]03-5775-5911 [営業時間]11時半~15時、18時~22時半 ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]計26席/全席禁煙/予約可(ランチは2000円以上のコースのみ)/夜はカード可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線外苑前駅3番出口から徒歩5分

3軒目は日本橋、アルポルトカフ。有名シェフ思い出のカルボナーラ

有名シェフ、思い出の「カルボナーラ」の味!

アルポルトカフェ日本橋髙島屋店[日本橋]

『アルポルト』の片岡護シェフといえばイタリア料理界の重鎮。その片岡シェフが少年時代に食べて大感激、イタリア料理の道に進むきっかけとなったのが、カルボナーラだ。ここではそんな思い出のひと皿が食べられる。またシェフの末松さんは「卵だけが目立つのではなくチーズと調和すること」を重視。料理全体をまとめてくれる卵を選んだ。生クリームを少し加えるので食べやすく、いくらでも入ってしまう。

生クリームを使ったレシピは日本人に馴染みのあるカルボナーラ。万人に愛される味だ。

[酒]ビ小554円~ 焼なし ワグラス756円~、ボトル3240円~ 日なし [その他のメニュー]ランチセット1512円~、ディナーコース3240円~、片岡護のトマトソース1404円など

[住所]東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋髙島屋地下2階 [TEL]03-3211-4111(代表) [営業時間]11時~21時半(21時LO、コースは20時半LO)※ランチタイム有 [休日]日本橋髙島屋に準じる [席]計58席/全席禁煙/予約応相談/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線日本橋駅B2出口直結

4軒目は石神井公園の「カルボナーラ」

卵好きのためのカルボナーラ!

ピッツェリア ジターリア  ダ フィリッポ [石神井公園]

「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。その美味しさはやみつきで「カルボナーラよりおすすめ」という野間シェフも大好物だとか。食材に強いこだわりを持つ本格ナポリピッツァが自慢の同店のパスタは、歴史ある武蔵野饂飩小麦と北海道のガラス小麦を使った遺伝子組み換えなしの純国産パスタ。その美味しさをイチ早く体験したい。

[酒]ビ648円~ ワ540円~ 焼なし 日なし [その他のメニュー]ランチ1080円~、ピッツァ1080円~、ピッツァ窯で焼いた自家製サルシッチャ(二本)648円など

[住所]東京都練馬区石神井町2-13-5 グリーンハイム1階 [TEL]03-5923-9783 [営業時間]12時~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]木、不定休 [席]計50席/全席禁煙/予約可/カードランチ不可/サ夜のみ5%(現金の場合はなし) [交通アクセス]西武池袋線石神井公園駅北口から徒歩3分

5軒目は浅草のの人気ロメスパ!

麺の香ばしさがたまらない焼きスパの芸術品

スパゲッティストア カルボ[浅草]

浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。もっちり弾力のある麺を強火でしっかり炒めるスタイルは、本格イタリアンとも日本のカルボナーラともベクトルの違う美味しさだ。食べ進みながらタバスコや胡椒、粉チーズ代わりのチーズパン粉などをかけて味変するのも楽しい。トッピングの一番人気という炙り塩ロースと味玉もトライしてみたい。

卵、チーズ、牛乳、生クリームが入ったまろやかなカルボナーラ。たっぷりのバターが香る。中サイズでも麺400gのボリューム。

[酒]ビ小400円~ 焼なし ワグラス350円、ボトル1500円 日なし [その他のメニュー]ナポリ・ミカド各950円(大)、650円(小)、ポテトサラダ100円、サラミチーズ400円、おつまみ盛り500円など

[住所]東京都台東区浅草3-42-6 大島ビル1階 [TEL]03-5603-0203 [営業時間]11時半~14時半LO、17時半~22時LO ※ランチタイム有 [休日]なし [席]計22席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩7分 ※雷門通りに姉妹店もあり

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...