SNSで最新情報をチェック

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。

画像ギャラリー

ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は、常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ、電化されていないローカル線です。
この鉄道は、もともと茨城交通の路線でしたが、現在は第3セクター鉄道として営業しています。
まずは、ちょっとだけマニアックな話にお付き合いください。
この鉄道の魅力のひとつは多彩な列車が走っていることです。
現在の主力車両はグリーンとアイボリーのキハ3710形、きれいなデザインの車両です。
ちなみにこの形式は、那珂湊(なかみなと)から“みなと“=3710だそうです。

[主力の車両はキハ3710形(2012年撮影)]

JR東海で走っていた小さなディーゼルカーも3両走っています。
色合いは、JR東海で走っていたままのオレンジとグリーンのラインです。
現在では、元のJR東海にはなくなってしまった車両なので貴重です。

[JR東海から来たキハ11(2016年撮影)]

少し前までは、鉄道ファンに人気のある国鉄型車両も4両走っていました。
4両とも色が違っていて好きな車両だったのですが、特に好きだったのがキハ2004とキハ2005。
ともに床が板でできていて、懐かしさにあふれた旅のできる車両でした。
残念ながら2015年に引退。
キハ2005は、終点の阿字ヶ浦駅に飾られています。

[昔の準急色と呼ばれる色合いのキハ2004:現在運転終了(2012年撮影)]

[急行色のキハ2005:現在運転終了(2012年撮影)]

[キハ2004の車内。板張りの床とブルーのシートがレトロ(2012年撮影)]

4両のうち3両は引退してしまったのですが、1両だけ現存しています。
ただし、普段の列車には使われず、イベントなどのときに走るそうです。
乗ってみたい方は、ひたちなか海浜鉄道のホームページなどでご確認ください。

[現存している旧型ディーゼルカー(2012年撮影)]

『ネコの駅』那珂湊駅は、鉄マニアもネコマニアもチェックすべし!

ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。
駅猫の名前はオスの“おさむ”とメスの“ミニさむ”。
“おさむ”の名前の由来は、「黒猫のタンゴ」の歌手皆川おさむさんからいただいたとのことです。

[那珂湊駅のホームには、こんな掲示も(2016年撮影)]

[黒いほうか“おさむ”、トラが“ミニさむ”。とにかく仲がいい(2012年撮影)]

[気が向くと「駅の巡回」に出発(2015年撮影)]

この駅の駅名板もネコデザインです。

[駅名板もネコデザイン(2016年撮影)]

[もちろん普通の駅名板もある(2012年撮影)]

そして、旅のメインテーマ。那珂湊の新鮮な魚に舌鼓!

さて、那珂湊といえば“おさかな市場”。
那珂湊駅から歩いて10分ほどの海沿いにあります。
食事の店が7軒と海産物販売のお店が5軒と店数は少なめなのですが、それぞれ規模も大きくて広い市場です。

[那珂湊の“おさかな市場”(2012年撮影)]

[城内には、新鮮な魚が並んでいる(2012年撮影)]

年末に行ったときには、すごい混雑でした。
だいたい那珂湊駅前も市場に向かう車で渋滞。
確実歩いたほうが早く着きます。
広い市場も活気づいていました。
お店に入ると、もちろん冬の名物、あんこうが並んでいます。

[市場に並ぶあんこう(2016年撮影)]

なかなかの怖い顔です……。
よく見ると、頭の上にはちょうちんも。
そして今回の旅の目的、あんこう鍋のお店に入ります。
まずはあん肝、濃厚でたまりません。
1杯目のビールをさっさと切り上げて日本酒です。
日本酒といっしょにすると最高、今回ばかりは電車で来てホントによかった。

[まずは、あん肝から(2016年撮影)]

そして、お待ちかねのあんこう鍋。
くつくつと煮えたところで食べ始めます。
あん肝を溶いた濃厚なスープに、淡白でぷるんとした上品なあんこうの身。
締めの雑炊まで一気にいただきました。
あんこうの漁期は夏以外とけっこう長いのですが、市場の食堂でのあんこう鍋は11月~3月です。
やはり寒い時期がおいしいのですね。

[おさかな市場で食べたあんこう鍋(2016年撮影)]

今回の那珂湊は友人と出かけたので、家でも食べたいと思い、あんこうのぶつ切りを買ってきました。

翌日家で調理です。
あんこうをぶつ切りにして、塩を振ってお湯に通して……。
あん肝バターで炒めて、出汁をとり、調味料を入れて……。

[家では、みそ仕立てを作ってみました(2016年撮影)]

あん肝のコクと、バターの隠し味で濃厚なスープになりました。
ただし、鍋としてはちょっと手間がかかって、年末向けの料理ではないかもしれません。
忙しい年末のあんこう鍋は、やっぱりあんこう鍋はお店で食べるのがおススメです……。

佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...